然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20120123]

    仙台市博物館で開催されていた特別展
    仏のかたち 人のすがた」を拝観し
    日も沈みかけている中、拝観できる仏像を探し
    東北道を南下した


    宮城県柴田郡柴田町入間田寺 円龍寺



    境内の外にある薬師堂の中に宮城県指定の薬師如来立像。
    肉髻に量感表現が伺え、よくある清涼寺式の薬師像に見られる
    丸みを見ることができる。素朴さがある。親しみはあまりない。







    住職がとても良い人で普段は見せていない仏像があると
    本堂の裏に案内してくれて、隠れキリシタンにまつわる
    仏像をいくつか見せてくれた












    宮城県刈田郡蔵王町平沢諏訪舘 保昌寺



    完全に日が落ちきっていたが本堂の明かりは
    煌々と灯っていた。本堂にいた住職を尋ねると
    とても忙しそうに仕事をされていて
    話を伺うになんと明日、ご住職ご自身の結婚式の
    準備をしているのだという

    そんな忙しいご住職に先導されて阿弥陀堂にある
    県重要文化財に指定されている阿弥陀如来像を拝した



    ケヤキ材 総高379cmの丈六の阿弥陀像で
    平安時代らしいおっとりとした顔つきをしている



    先の震災の影響で身体の一部が壊れてしまったが
    文化庁や運送業者の尽力によりなんとか元の
    姿を取り戻すことができたと、住職は大変感謝している
    お話を伺った




    仙台に戻った自分は“太助”で牛タンを食べて
    カプセルホテルで一夜を過ごした



    明くる日、仙台に住む友人と宮城県北部にある
    仏像を訪ねる


    宮城県登米市津山町横山本町 大徳寺(横山不動尊)



    震災により身体の多くが傷んでしてまった為
    京都美術院に修理にお出かけになってしまうところを
    奥様のご好意により拝させていただいた







    カツラ材寄木造、像高:275.Ocm
    平安時代の素朴な丈六の不動明王であり
    荒々しさと愛らしさが入り交じった造形をしている
    震災影響による応急処置が随所に見られ
    少々痛々しかった



    ※2012年01月20日金曜日  328年ぶりの修復へ向かわれる様子※


    お堂の隣の売店でいただいたお茶が凍えた身体に染み渡った




    宮城県登米市登米町寺池道場 本覚寺



    北上川と言えば岩手の毘沙門信仰が有名ではあるが
    宮城の北上川の辺りにある曹洞宗寺院・本覚寺には
    阿弥陀三尊があった


    荘厳で極楽浄土を反映した三尊ではあるが
    本尊が若干キツイ顔つきであった







    本覚寺のすぐとなりにある[清川]で
    うなぎを食べて午後の活力を得た




     
    宮城県登米市中田町浅水長谷山 長谷寺



    「ハッセさん」と呼ばれる臨済宗寺院。
    本堂の奥にある十一面観音菩薩立像は
    三十三年に一度の開帳ということであるが
    奥様のご好意により間近で拝観することができた





    自分には笑みを浮かべているように思えた十一面。
    表情や特に髪型の表現が牡鹿半島後山観音堂十一面観音に似ていると感じた。

    後山観音堂十一面観音※


    周囲には老け顔の聖徳太子、
    その他三宝荒神、山の神、二代目十一面観音、青面金剛像、鉄製の懸仏など
    バラエティに富んだ仏像が祀られている



















    前日の仙台市博物館でも長谷寺所蔵の
    観音立像を拝し、その像も木目が現れ仏像というよりも
    樹木の精霊を見るかのような不思議な気持ちになってた


    宮城県大崎市古川柏崎安国寺 安国寺



    近年になって茅葺きの屋根から改修したとされる
    本堂には南北朝時代の阿弥陀三尊は宮城県指定の文化財になっている

    かつての本堂の中身をそのままにしたとされる
    公民館のような佇まいの本堂であるが阿弥陀像はとても立派である
    運慶末流の者の作であるとされている










    本当は旧花山寺の不動三尊、奥福寺/毘沙門天
    法隆寺から移設されたと伝わる個人所有の十一面観音など
    もっともっと宮城県の仏像を訪問したかったのだけれど
    時間がなかったため断念してしまった


    友人を仙台まで送って、都内に向かい一気に東北道を南下した












    スポンサーサイト

    [20091124]

    松島
    嗚呼松島や

    松島だーー

    自分にとって意外なことに初の松島訪問
    快晴でした




    瑞岸寺を散策
    今まさに旬である西国33箇所の石仏が
    洞窟の前に立ち並んでおりました



    そんな松島で見つけた至高の一品
    自分はこのために生きているんだなーと実感できる瞬間

    山形で出会ったものと
    ほぼ同等かそれ以上と思われる
    牡蠣をいただく



    醤油などはいらず
    塩水の塩加減がちょうどいい塩梅


    松島を散策し終わり
    次なる目的地へ・・・と思い
    車を走らせた途端!道路脇に美味そうな
    マーケットを見つけて途中下車の旅



    ここでも牡蠣に出会う
    まさに牡蠣入れ時であった

    なんと11個の牡蠣で500円★
    青さの味噌汁もサービスでいただきましたが
    それもめっちゃ美味かった



    松島でお腹いっぱいにした後
    南下し、亘理町というところへ


    この亘理町にある郷土料理 【はらこめし
    10月~12月の間だけしか食べることができない一品



    宝石のようなイクラと塩鮭を一緒に炊いたご飯が
    先ほどお腹いっぱいになったばかりなのに?の疑問を与えるのでした

    その後、宮城から移動

    この日の夜は
    会津若松市内で
    郷土料理を提供する【籠太】へ



    ここでも牡蠣(笑)



    郷土料理・芋田楽



    にらまんじゅう
    ⇒これマネできそうでとても美味かった



    こづゆ】という名の郷土料理


    郷土料理のお店ながら
    ここの名物は〆のカレー

    この日のカレーはキーマカレーでした


    会津の冬は
    歩く人もまばらで少し寂しい城下町でしたが
    籠太はとても繁盛

    笑い声が溢れ
    自分も会津の地酒とともに
    その雰囲気にほろ酔いの世界へ誘われてしまった




    [20091124]

    季節はもう冬

    寒がりの自分はさっそく布団の中に入れる小型のホットカーペットを
    出して暖を採る。そしてなかなか布団から出ることができないわけで・・・

    そんな季節の折、冷えた体を温めるとっておきといえば
    これからの季節、どんどん美味しくなっていく食べものであり
    一足早く冬が訪れつつある東北へ
    うまい冬を探しにいくのでありました。



    東北道を北上し
    仙台を通り過ぎ栗原市へ
    インターを降りてそう遠くない場所にある
    ラーメンみよし




    とても小さな町の小さなラーメン屋ながら
    行列ができていた。チャーシューメン700円を注文。
    やさしいスープ。白河ラーメンや喜多方ラーメンのような味わい。



    ぽかぽかに温まった後、
    寒い季節には温泉だよね。ってことで
    宮城県にある名湯、鳴子温泉へ向かう

    鳴子温泉に向かう途中に
    伊達の道の駅『あ・ら伊達な道の駅』へ立ち寄る

    この道の駅はロイズと提携しており
    東北にいながら北海道のロイズ限定の食品を
    購入することができて、自分はソフトクリームを注文。




    プシュー!っという激しい蒸気?!の中できあがった
    ソフトクリーム。 すげー濃厚★
    ポテトチップスにチョコレートがかかったポテトチョコも購入。

    たっぷりお腹がいっぱいになったのち
    鳴子温泉

    鳴子温泉のドマンナカにある共同浴場【滝の湯


    滝のように流れる白濁した湯
    濃度はさほど濃くないものの
    木造の建物は雰囲気たっぷり

    これで入湯料150円はかなり安い!


    体がぽかぽかした後
    東北道を南下し仙台市内へ

    仙台市内では小学校・中学校の友人と合流
    彼はとても元気そうだった


    市内にある牛タン料理屋で仙台ならではの
    牛タンを食す




    特に和牛の牛タンたたきが絶品!
    思い出しただけで自分のタンから
    肉汁?!が(笑)

    結局1日目は
    季節とあまり関係ないものを
    食べてしまった1日でした。

    明日はうんまいものを食うぞ







    [20070507]


    ここ数日はびゅーーっと飛んで東北へ。


    我が故郷は東北の玄関と言われているので
    東北地方とは比較的近いイメージがあったのですが
    いざ行ってみるとかなり遠い。


    Googleで確認をすると栃木から青森は
    栃木から岡山くらいの距離があると判明し驚愕


    非常に大変な旅だったのですが
    様々な出会いやすばらしい光景を目にすることができて
    とても良かったです。

    徐々にですがUpしていこうと思います。

    ------------------------------------------------

    渋滞のわずらわしさを抜けて岩手県一関インターで降りる
    そこから車で2時間ほどで、宮城県気仙沼市へ到着






    まずは兼ねてから訪れてみたかった
    『リアス・アーク美術館』




    ⇒ 続きを読む

    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。