然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20100721]

    山から
    源泉をそのまま引き

    須川高原温泉
    名物の露天風呂へ
    源泉を導く





    朝食は
    これまた秋田グルメである
    稲庭うどんを茹でて、
    昨日のきりたんぽ鍋の残り汁に
    つけながら食べる



    これはヤバい旨かった★

    そして栗駒山をあとにして
    岩手県から宮城県へ南下する

    そして角田市にある
    高蔵寺 阿弥陀堂



    茅葺き屋根の重要文化財である阿弥陀堂の中にある
    阿弥陀如来 坐像 270cm




    平安後期の作でお堂一杯に伸びた像
    鎌倉時代への過渡期の仏像であり、漆黒の男子らしい阿弥陀さま

    大きな阿弥陀さまの隣には
    破損の激しいもののこちらも大きな 阿弥陀如来像



    宮城県からすぐさま山形県へと移動
    そして山形市内にある松尾山観音堂


    しかしながらこちらの仏像は
    秘仏だったことが訪問して初めて分かり
    見れることなく、なくなく移動した

    ※秘仏の二尊


    山形市内 吉祥院に到着。本尊の千手さま。
    両脇は薬師と阿弥陀。通常は秘仏とのことで、
    ちょうど8/10に開帳予定だそうです。




    本尊の手が欠けてしまった千手観音、両脇の薬師さま、
    阿弥陀さま同様に全て一木★
    両サイドの阿弥陀、薬師が中央に向かって並んでるという変わったポジション





    祥院の住職、頻繁に東京に来ていて、贔屓の居酒屋が自分の家近くにあると。
    さらになんだか自分が気に入ってもらえたようで、奢るから一緒に飲もうぜ!
    とお誘いうけ番号を交換しました。

    山形市の隠れグルメ、冷やしラーメン





    冷やしラーメンの発祥の地である
    栄屋分店にて冷やしワンタンラーメン

    フツーに蕎麦が並ぶなか
    入ってくるお客さんのほとんどが
    ラーメンを頼むという変わった光景を見た


    帰りは東北道46kmの渋滞にはまりつつも
    東京最終電車の前に帰ってくることができました

    いやー、結構食ったなー





    スポンサーサイト

    [20090830]

    ホテルをあとにして二日目は山形の日本海側を目指す

    その過程にある慈恩寺
    前回友達と山形来た際に初めて訪問し
    その仏像のレパートリーにびっくりした


    今回もその彼らに会いたくて
    急いでいたんだけど、寒河江に寄っちゃいました



    桃山時代の本堂、時代は新しいんだけど
    大きさと吹き抜け加減がgood★



    そして仏達、それを説明してくれるお坊さんが
    説明はうまくないんだけどがんばってなんとか説明しようと
    してくれる姿勢は心にジーーンと来るもの


    十羅刹女とセットの普賢菩薩
    釈迦・地蔵・弥勒のタイムトラベラーセット
    腕がなくなっている菩薩坐像もなかなか良かったなー




    本堂の厨子の中の仏達は計33体


    でも秘仏


    会えないんです。。


    いつ会えるかなー




    それはサザンなのかX Japanかのような・・・


    三重塔もよいです






    寒河江から途中山道をずっと抜けて
    鶴岡へ辿り着く


    鶴岡市立加茂水族館







    ここはクラゲを専門的に研究している水族館となり
    淡水魚、海水魚らとは別にクラゲの専門的フロアが独立している
    くらいクラゲに対して熱の入れっぷり!







    綺麗なクラゲ。。
    でも綺麗な薔薇には棘がある。


    女性も一緒ですね



    すっごい痛い毒針をお持ちなのですね


    自分、すでに経験済み

    自分、小5の時にクラゲに刺された
    ありゃ痛かったなー
    その時もそういや山形の海だった




    でも棘がなくても美人なクラゲはいるようで
    七色に光るクラゲは無毒が多い模様




    よし、小林幸子みたいな女性を探そー



    こんなところで草間弥生を発見★



    ・・・とおもったらクラゲだった



    クラゲみて癒されました
    力抜いていこーよーとか誘ってくれたクラゲくん達

    でも、今は力を抜くことができないんだよー
    と一人つぶやき。



    おなかが減ったので奇跡のレストラン、奥田シェフで有名な庄内の至宝
    その舞台である『アル・ケッチャーノ』というレストランへ





    前日、いしやまの大将に

    『明日アルケッチャーノにいこうと思ってるんですよー』

    と、相談したところ

    『予約しないとあそこはダメだよー』と
    アドバイスを受け、

    ダメかなーとおもいつつ電話したら
    なんと1席だけ今空いているということが判明し、すかさず予約


    庄内でとれる野菜、肉、魚をふんだんに使ったコース料理を堪能









    カルパッチョ、河豚のリゾット、パスタ・・・などなど
    うまかったーー★



    おなかがいっぱいになったところで
    酒田へ移動



    酒田にあり、ずっと楽しみにしていた
    土門拳記念館




    おおきな公園の中にあります。



    土門拳の『室生寺』『古寺巡礼』などの作品ももちろん良かったのだけれど
    子供たちの活き活きとした表情を捉えた作品がものすごい良かった






    みんな坊主&おかっぱ姿、着物は全部ボロボロ
    顔も泥だらけ、でもピッカピカに光る笑顔  素敵だったなぁぁ



    そして酒田を北上しおまちかねの岩牡蠣time!
    鳥海山の麓にある、道の駅ふらっとに立ち寄り
    まさに今がシーズンの岩牡蠣!




    3個600円という激安っぷりに加えて
    自分で選んで、その場でさばいていただきます




    牡蠣はてっきりシーズンは冬だとおもっていたんだけど
    夏がシーズンの牡蠣もあるんだね


    得した気分でございやす



    牡蠣で心を満たして、酒田の町へ再びもどり
    山居倉庫』をぶらぶら










    ちょうど日が落ち始め、2日目の終わりを実感

    でもまだ終わらなかった、
    2日目の宿へ移動
    そしてそこから、予約をしていた地魚を提供してくれる料亭『すが』へ




    海の近くにある、小さな村にある小さな料理屋。
    店の中に入ると近所のひとびとが祭りのあとなのか
    集まってワイワイしている


    東京で『牡蠣が食べたいんですー』ってことを相談していたところ
    でてきた牡蠣    めっちゃでかい!でかすぎて感動!


    写真じゃ伝わりにくいのが残念だけど、こんなでかい牡蠣があるものかと
    びっくり、そして感動


    口に入れて悶絶。。
    そして地酒でキュっとしめ、昇天。。


    自分達の希望を叶えてくれるべく
    極上の牡蠣を探してくれた女将さんに感謝





    小さな村の小さな店で出会えた奇跡の味
    日本海の夜に感謝











    [20090829]

    東北道をのぼりのぼり山形へ

    山形へいくのはこれで5回目くらいになるんかな、
    山形が好きです。

    今回は自分の好きな『いしやま寿司』とその大将から教わった
    山形の人も知る人ぞ知る焼肉屋にいくことが目的。


    まずは運転の疲れを癒すために蔵王の山を登り
    頂上付近にある『源七露天の湯
    露天という名前がつきつつもこちらも良いところは内風呂
    (・・・露天は虫らしき浮遊物が。。




    汗を流し、ちょっとお腹が減ったところで
    まってました『いしやま寿司』へ



    なんと大将は11kgのダイエットをされて顔がほっそりしておら
    れました。
    うーんダイエット方法聞くの忘れた。。。

    仕事の疲れで・・・なんて冗談を言っていたけれど、
    テキトーに仕事をやっています、
    なんてことも言ったり、、でも仕事はさすがです。

    金目

    大とろ


    雲丹&伊倉


    帆立


    山葵について尋ねると『山形の山葵はありますが、
    シゴトとしてまだまだです』と
    地場のものをあえて使わないこだわりなど、
    山形なのにも関わらず、上質の寿司が
    次々と出てくる。

    ホントは安いコースだったはずか、
    大将との話しと寿司の旨さに
    お寿司のボリュームを増やし、
    高いコースをオーダーしてしまった、、、
    そしてホスピタリティ全開にて

    山形名物とは?と大将と話していると
    冷やしラーメン』と。
    自分は知りゃぁせん、と言ったところ
    『となり定食屋だから出前しておきますか?ここならゆっくり食べれるから』
    大将、優しいなぁ~

    ってことで冷やしラーメンが運ばれてくる。
    ラーメンとは正反対に大将の心はあたたかく
    こういう『気づき』と『気転』
    自分もみならわなくちゃな。。と反省です。



    おなかいっぱいになったところで
    山形県立博物館へ。。。

    山寺こと立石寺の展示




    平常展の慈恩寺の阿弥陀
    シャープな顔をしていて東北の仏ながら中央っぽい
    慈恩寺ならではの阿弥陀仏って感じでかなり良型の阿弥陀ですね



    こちらは展覧会に出展されていた薬師。

    眼力の強い薬師
    新薬師寺的な、目の大きな薬師如来。




    智賢印の大日如来は傷みがあったけど
    バランスがよかった、結構ミニサイズだったんだけど印象的な仏でした。


    んで、その足で山寺へ向かい登った。
    汗かいた。。
    帰りは気持ち悪くなって
    ありえないくらい唾が溢れてくる
    体験したことない気持ちわるくなって
    境内で休み休みしながら降りるという失態。。

    もう体がついていけてない模様でござーす。







    再びの

    蔵王へ~


    チャララ ラララ ラッラァララァ~♪

    待ってましたの蔵王山頂にある大露天風呂
    ここ大好きなんです

    プールのような温泉で
    硫黄臭につつまれつつ

    誰もいなかったから
    怒られないよう
    泳ぎました 温泉で。



    熱くて、もの凄い湯量

    まさに温泉が湧き出している真上に
    温泉があるような、、そんな温泉


    あがって一度ホテルに行き
    荷物を置き、いしやま寿司の大将が教えてくれた
    焼肉屋へ


    住宅街の中をどんどん進んで行くと店があるんだけど
    これは山形の人も知っている人は相当少なそうな場所にあった


    店???
    ってよりもここは家!


    おじゃましまーす!ってな感じのお店でした

    店の中はこんな感じ



    まずはビール&キムチでおつかれ乾杯★



    そして出てくるわ、出てくるわ
    極上のおにく!


    山形のおにくといえば米沢牛ですが
    こちらは山形牛という肉をつかっているらしいのですが
    ブランドなんてカンケーない!



    やっばい 旨し!

    コテコテのホルモンも、トロトロのカルビも、
    フワフワのヒレも、、どれ食べても旨かった



    牛サシのにぎり



    テールの煮込み


    どれ食べても旨かったなぁ、、
    店主の方も、あまり積極的に喋ってくるような人ではなかったけど
    オレが旨そうに食べている姿をみて嬉しそうに、密かに笑っていた


    彼なりの『してやったり感
    そして僕は『してやられた感



    共通して言えることは
    両者どっちもHappyなのです











    [20070918]

    3連休は東北へ
    今ニュースで話題になってる豪雨ですが
    そんな逆風吹き荒れる中、強行突破


    本当ならばこの糞豪華な
    イベントに行く予定だったのですが。。。。諸事情により断念(無念




    代わりになっているかどうかわからずヤケクソ交じりに東北自動車道を
    ひたすら北へ北へ。。。


    まずは腹ごしらえ

    いつものごとく会津若松“喜多方ラーメン” まこと
    行列は必死。。でも秋だから比較的待つのもつらくない


    やっぱうまいっす★
    でも今回はいつもにもましてうまかった。


    そして更に北へ
    初の山形・米沢へ


    米沢は車を止めて葡萄直売所にて巨峰を購入。
    それ食べながら蔵王

    そして蔵王の山頂にある秘湯
    蔵王温泉大露天風呂


    一応混浴じゃないんだけど
    入ったらこんな感じの景色が広がります

    ※ちなみに手前は男風呂 女性注意★


    お湯はサイコーだったな!

    となりに川みたいに温泉が流れていて
    川に流れながら夜空見上げて、星と風と温泉に浸ってた




    硫黄泉 酸性のお湯
    独特の風味があります


    飯は山形市内のとある噂の焼肉屋
    うっすらとした暗い山道を登ったところにあって
    あたりにはなーーーーんもなく


    ちょうちん一つポツンと立っているだけ


    ここのオヤジさんがなんとも言えないイイ感じの人
    仙人みたいな顔してますw

    お店の中には

    【焼きすぎ禁止】

    【煙が立っているようなら最悪!】

    【自分の肉は人に構うことなく自分の為に焼きなさい】


    こんなこだわりの張り紙がw


    おっしゃる通り、丁寧に一枚ずつ
    七輪で焼いてみました

    肉への気合が伝わりめっちゃウマイ肉

    ◆塩カルビ (これって米沢牛なんだろか?!めちゃウマ!)



    ◆牛刺し (わさび醤油との相性バッチシ!)


    ◆牛タン (仙台よりもウマイんじゃなかろか?!)


    ◆冷麺 やっぱシメはこれですね★


    このほかにもサラダやらご飯やら。。。。
    これで一人2500円!! 
    山形の焼肉アツイっすね

    飯食って21時
    さて夜中の高速を走らせようかと思ったけど途中で山形市内を通ることが分かり
    山形と言えば 僕の同期の “ノムケン” の実家があるということを思い出しました。

    ノムケンの家は 山形市役所の近くにある呉服屋ということを事前に知っていたので
    よってみることにしました。



    ノムケン実家で記念撮影★




    でも市内には同じ野村呉服店って店が3件あるらしく
    どこの野村呉服店にいけばいいのかわかりませんでしたがなんとなく入った店が見事にあたってた
    らしく、写真見せたノムケンが“ここオレんちじゃーーん”ってことでびっくりしてました


    “勝手に実家訪問!”これ、これからのマイブームになりそうです。。w


    通りがかった山形市役所。。
    結構お洒落な建物でした


















    Powered by ScribeFire.


    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。