FC2ブログ


然るを訊く
[20100426]

月曜日から会社の引越しにつき
金曜日の夕方は荷物の梱包&オフィスお別れ会をし
バタバタの中、実家行きの電車に乗り込む

社内で幾許かの睡眠を享受し

実家に到着するや否や、本格的な睡眠に入る

目が覚めたのは5時

母親も旅行があったらしく
すでに目覚めのコーヒーを
用意してくれていた


朝日がのぼりはじめた中、向かうのは

取手という自分にとっては未開の地
4号線をもの凄いスピードで車を飛ばし、わずか一時間半で
新取手の商店街の友達の家に到着

それとほぼ同じくして家からお母さんが出てきて

おどおどしながらもごあいさつすることができた

徹夜で集合時間ギリギリまでイラスト頑張っていた友人を

車の後ろに寝かせ、再度宇都宮へとんぼ返り



“行き”よりもさらに早いスピードで到着予定時刻を30分も縮め

地元宇都宮にほぼ始発→終着地にて来てもらった友人と合流
ようやく4人揃い、向かうは東北福島県の寺院仏像

途中の東北道で事故渋滞に飲み込まれながらも

予定時間を若干回る形で一箇寺目の陽泉寺に到着

城山という桜の名所近くの高台に構え

本堂の脇に釈迦堂があり、住職に扉をあけていただき
釈迦如来と対峙する



元々陽泉寺近く、城山の麓にある

湖山寺の本尊であったと伝えられる釈迦如来



南北朝時代の南朝時代の仏像ということで

形はとても綺麗だったのですが像内からの銘文より
製作時期、仏師、仏師の師匠の名前がすべて出てきたという意味で
珍しい仏像であるという話

住職の子供が隣でふらふら遊びだし

重文の仏像が家にもあるにも関わらず
そのありがたさを彼はきっと知らない(笑)

同じ福島市内、夫婦桜が地方紙に取り上げられたことで

一気に有名になったという大蔵寺



法事で忙しい中急いで千手堂まで登ってきてくれた老婆

老婆に、重い鉄の扉をギギーッとあけてもらうと
約4mの優れた重量感のある千手観音立像が堂の中央に祀られ
その千手観音立像を囲うように破損仏が綺麗に並べられていた





ちょうど今月30日に般若の行事があるということで

“また来てね”って送り出された、
30日は茅葺屋根の観音堂の秘仏も開帳されるようです

階段を降り、再び本堂へ戻ってくるとそこには

先程まで自分たちを案内してくれていた老婆の姿が・・!
・・・と、思ったら別の老婆でした、老婆が多いこのお寺。
そしてその皆様、すごい人当たりのいい人たち

本堂の軒先で御朱印をもらう間

お茶と飴を振舞ってくれた



桜のトンネルの山を下り

再び山を目指す、土湯温泉の外れにある“びっき沼”の前にある
前回11月に訪問した空cafe



ビッキ沼には今回ミズバショウの白い花が咲いていました


古屋を改築し、薪の香、漂う

珪藻土を使った、土間の中で
薄焼きのピザと挽きたてのコーヒーでひと休み









安達太良山を車で下ったところにある

本日最後の寺院である龍泉寺

怪訝そうな住職

だけど女子がいるということで
一気に顔がほころんだ


強面住職は若い女子に弱いという

通説が立証された瞬間だった


観音堂に祀られている聖観音像は

修復のあとが痛々しく、だけどスレンダーな女子
隣の仁王は両方ともに毘沙門天と思しきヘンナ構成
まるで小雪とおぎやはぎ






夕暮れの磐越道を車で会津若松

会津若松での名店、籠太にて
田楽芋、サメの味噌煮などの会津郷土料理を
味わいつつ、これまた会津の地酒で
舌上の快楽を楽しみました




みんな仏像が大好きという面々で

最後はこの日発売したばかりの“見仏記”を見よう!、、と
ホテルのフロントまでいってDVDセットを借りたものの、、、
気づいたら夢の中zzz



ザクリッチ、桃屋のラー油への儚い期待とともに

仏像旅行は次の日へ続く・・・・



[20100104]

会津の土産売り場にて

[赤べこ] 会津地方の一種のだるまのような存在でしょうか、、
頭フリフリしててなかなかかわいい






ちなみに福岡で[あかべこ]というとふんどし
という意味らしいです


こちらは“逆ごま






普通のコマのように廻すと
いつの間にかコマが逆立ちして廻り出すという
摩訶不思議なシロモノ


気づいたら逆立ちに・・・全く関係ない話ですが、今日朝目覚めると
Tシャツを裏前 反対に着ていることを発見

10時間ほど反対に着ていて違和感を感じなかった
自分がなさけない・・・




[20091228]

雪の積もった雪道を緊張感を覚えつつ
スタッドレスタイヤの性能に関心しながら
雪道を走る



今年初のスノボへいってきました
スノボは一昨年に会社の人といって以来2年ぶりのボード


場所は猪苗代湖を見渡す最高のロケーション


自分が最初のリフトを登りきった時には
雲の切れ間から湖に光が神々しく差し込んでいた。





気持ちは昂り最高のスノボになるはず
・・・だったんだけど、12月末はまだ雪は少なく
ガリガリのコンディションに
追討ちをかけてきたのが、完治してない腰のヘルニア、、



最初は快調に滑れていたものの
だんだん腰が痛み出し、、
左足にボードをつけたままリフトに乗るってことが
自分のヘルニアにダイレクトにダメージを与えていきました


そしてとうとう
途中棄権。。


一緒にいった人にホント申し訳なかったな
来シーズンこそは完全に治療して
臨みたいものです。



宿は会社の福利厚生を利用して休暇村
-4,000円で利用できてお財布にも優しい、、
案の定今年のボーナスは
雀の涙ならぬ雀の目クソぐらいだったので。


夜はベランダに積もった雪でキンキンに冷やした
会津の地酒日本酒コンテストグランプリ受賞したっていう
『純米酒 冷美月弓』を




かなりスッキリしてて
ミネラルウォーターみたいな冷酒でした


ほのかに感じる甘さが
ドンマイって自分の腰をさすってくれた





[20091228]



雪の会津若松城へ



お城の松も冬支度

今年も本日で最終出社だ
整理整頓だ



[20091028]

喜多方の坂内食堂

夜までやっている喜多方市内では珍しい店

30分ほど寒空のもと
並んでようやく暖簾の前まで行き着く



で、中に入ってからもまた行列


その先にありついた

肉そば


・・・麺が見えません



BACK HOME NEXT
copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,

[mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
迦楼馬 (03/27)
こんばんわ、お疲れ様でした。
いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

村石太い&しなもんてぃー (02/16)
孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
宗教研

こばりん (01/13)
輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

yoshiki (12/23)
不空さん

神像もたせてもらえるんですかw
安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
ことし一年お世話になりました。

不空 (12/17)
正覚院 → 正覚寺

不空 (12/17)
安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

株取引の流れ (11/20)
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

ブログ内検索
月別アーカイブ