然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20130204]

    滋賀県長浜市にある川道観音千手院で秘仏の千手観音を拝観しその後、
    栗東市 正楽寺 阿弥陀三尊、橘堂で異形の観音像、京都 六波羅蜜寺
    本尊十一面観世音など近畿圏の仏像を見て回り、大阪高槻市にある安岡寺に到着した時はすでに日が落ち、
    電灯の灯りが参道を寂しく照らすくらい。

    安岡寺は天台宗寺院で兼ねてから訪問したいと考えていた。

    それというのも香川県 屋島で出会った屋島寺 千手観音、兵庫県赤穂で出会った、
    普門寺の千手観音に通じる、平安期の重厚感のある千手観音坐像が安岡寺にも伝わると知ったからだ。

    ※屋島寺 千手観音


    ※普門寺の千手観音


    予定の時刻よりもかなり遅れての到着となったのだが、「ようこそ、いらっしゃいました。」
    とご住職が笑顔で迎えてくださった。
    ちょうど和歌山から訪問予定の団体が渋滞で到着が遅れているということで問題はなかったようだ。

    蛍光灯に照らされ、夜になっても問題なく拝観することができた。


    とても大きな千手観音。収蔵庫が小さく思えるほどだ。
    写真で見ていたよりも重量感があり、腕も大変太い。




    ご住職に聞くと収蔵庫の少し上にある観音堂にかつては安置され、
    ご住職が小さい時にはそこで護摩供養が頻繁に行われていたそうだ。
    そんな観音堂も歴史の変遷でボロボロになり、
    見兼ねて現在の収蔵庫を建てて低い位置ではあるが良い環境で拝むことができる。


    古文書によると安正寺廃寺の本尊であり
    現在安正寺廃寺の本堂前には年中、青い梅を付ける樹が
    立っているのだという。なぜだろうか。


    「本堂にも仏像がありますよ」と
    素敵な言葉をいただきご住職に案内され本堂の中へ。(続く)

    スポンサーサイト

    [20110329]

    川西市の中心地からほど近く
    相当な傾斜の愛宕山の中腹にある
    高野山真言宗の古刹 神秀山満願寺
    本尊千手観音が御開帳になっているということで
    篠山からの帰り道に訪問した。



    ご住職にはご都合があるということで
    かなり無理なお願いをして訪問し
    予定よりも30分程早く到着することができた。


    駐車場に車を停めて
    近代的な山門を急いでくぐって
    本坊でご住職に挨拶をして
    観音堂へご案内いただいた。


    観音堂の厨子の中央には等身大の大きな
    千手観音立像が光に浮かび上がった。



    複雑に絡み合った腕、目は力強く閉じ、
    衣紋はなだらかならが裾元付近には翻波式を
    残している。





    強張った表情と飛び出してくるような
    頭上の化仏からはどことなく
    三重県、観菩提寺の十一面観音像を姿を
    感じていた。



    帰ろうとする自分達を住職は呼び止め
    “少しの時間であれば金堂も見ていきますか?!”と
    すでに閉まってしまった金堂の鍵をとって
    ご案内いただいた。


    金堂の中にも密教佛が整然と並べられており
    厨子の中には阿弥陀像を置き、そのまわりを四天王が
    囲っている。その四天王達は近くの寺院から
    身を寄せてきたという伝承があるようだが
    確かに顔を見てみると、前列の持国天、増長天と
    後列の広目天、多聞天との表情に2パターンの表情の違いを
    伺うことができた。




    前列の二体は持国天、増長天ながら
    異国風の甲冑や表情は兜跋毘沙門天ではないだろうか。
    その証拠に増長天には兜跋毘沙門天と
    ツイになっている地天女が確認できた。


    お堂の左側には厳しい顔の弘法大師像
    まさに今日本が抱えている危機と対峙しているような
    逼迫の表情をしていた。



    その隣りには長身のスマートな十一面観音像
    衣紋のなだらかさからは平安時代の時代は
    そこまで下らないと思うが、直線的な像は
    古い時代の流れを組んでいるように感じた。



    中央厨子の右サイドにも2体の古像が存在する。

    一体は薬師如来、もう一体は聖観音像である。


    この二体ともかなり個性的な像であり
    薬師如来は吐出して彫られた
    大きな鼻と小さな目は七福神のような
    ふくよかさを放っている。



    しかしながら衣紋は平安の前期程度まで
    もしかしたら遡ることができるかもしれない
    古い木彫となっている。


    聖観音像は一木らしい重厚感に溢れる像であり
    大きな像ということも相まって相当な存在感を
    放っていた。






    あたりは日が堕ちて
    この日出会った丹波摂津が育んだ豊かな仏教文化を
    感じながら大阪へと車を発進させた。


    [20110325]

    堺市から八尾市へ

    真言宗高野山派天川山 感応院へ訪問した。



    春日大社の源流を汲み
    『元春日』と言われている恩智神社の神宮寺として
    かつて六坊あったうちのひとつが今に残る

    2年前に完成したばかりの本堂からは
    八尾市が一望できる

    大変親切な奥様に案内していただき
    八尾市の重要文化財に指定されている
    十一面観音を拝ませていただいた





    神武天皇が身を隠した母木があるということから
    母木観音(おものぎかんのん)と呼ばれている

    頭頂部の化仏は小ぶりで
    放射線状に並ぶ



    小さな口に丸顔からは少年のような
    若々しさが感じるコトができた
    衣紋はなだらかで若々しさの中に気品が漂っている


    奥様には大変良くしていただき
    十一面観音の拝観のあと、庫裏で
    大変美しい焼き物で抹茶をいただいた



    ほっと一息ついて野中寺の近くにある
    温泉でこの日の汗を流し1時間ちかく
    半身浴をしていた

    夜は梅田の街を歩いて食べた揚子江のラーメン
    ほっとする味





    [20110324]

    二上山をくぐって
    羽曳野、美原とインターチェンジを抜ける。
    美原南インターチェンジを降りて
    堺市石原町(もと河内国丹比郡石原村)の
    中仙寺を訪ねた


    この石原という地名は
    石原布施屋という布施屋(運脚や役民に食料を給付するところ)
    つまりは現代で言うところの吉野家や松屋など、
    手軽に食事ができる場所のようなところに由来するのだろうか

    中仙寺は大念佛寺(大阪平野区)を総本山する
    融通念佛宗の寺院である。


    ご住職に本堂を案内していただき
    重要文化財に指定されている牛頭天王像
    拝ませていただいた。



    憤怒相をしており頭頂部には名前の由来となった
    牛を置く。そして写真ではわかりにくいのが残念だけれども
    背部に二面を置いている。

    ※興福寺の阿修羅像などをイメージしていただければ有り難い。


    かつては疫病や怨霊信仰を平定させるための
    恐ろしいパワーを秘めた像として信仰され
    ヤマタノオロチを退治したスサノオの本地とされた
    とても荒々しい存在なのだけれども
    この牛頭天王像はどことなく温かみを感じるのは
    藤原期に製作されたことも一因だろう。


    ちなみに牛頭天王は婆利采女とのあいだに
    七男一女の八王子を設ける。

    この子たちも牛頭天王信仰が広まった中で
    全国に信仰されるようになり八王子神社が祀られるようになったそうだ。

    カンのイイ方であればお気づきだろうが
    八王子市の由来はこの牛頭天王と八王子に由来する。

    牛頭天王の像は少ないながら
    まさかこんな身近に牛頭天王とかかわりがあるとは。。



    [20101024]

    この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
    パスワード入力


    2010-10-24(Sun) 08:36 旅綴【大阪】
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    HOME NEXT
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。