然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20110521]

    同じく東京に住みながら同郷。そして同じタイミングで
    故郷に帰っていたことから余暇を利用して
    熊野へ行こう誘い、三重県の久居という片田舎で
    仏像部キッシーと合流した


    キッシーを車に乗せ紀世大内山まで伸びた
    伊勢高速道路を南下した



    高速道路を降りたあとも熊野街道を深い緑を
    分入りながら進んでいくのだが
    目的地の熊野までなかなか到着しない。。



    高速道路をおりたあとも
    熊野までの距離は約1時間半もかかる



    このアクセスしづらさも
    熊野を神格化させてきたひとつの理由かもしれない




    熊野速玉大社へ向かう途中
    熊野に差し掛かったころ友人が
    “ここらへんに有名な神社がある”ということを漏らし
    花窟神社への標識が見えたものに対して
    “よってみよっか”と話をして半ば強引に神社寄った理由は
    自分の興味だけではなかったと、ここで白状する



    イザナミがカグツチノミコトを産み落とした際の
    火傷で命を落としその後、葬られた御陵となっている



    日本を生み出したその神が葬られた場所にも関わらず
    寂しさを感じチンケな場所だな、なんて思っていた


    しかしながら、神殿に向かったところで
    熊野灘に面した巨岩が現れ、巨岩を御神体にしている
    自然信仰のスケールの大きさに驚いた







    熊野速玉大社へは花窟神社から約30分



    熊野川の海へ流れでようとする河口の橋の袂に
    本殿が建てられ熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)と
    熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)を主祭神としている


    熊野速玉大神はイザナギ

    熊野夫須美大神はイザナミ としている説もあるようだ


    朱色の神殿が初夏の太陽のもと
    鮮やかに輝いていた


    “パンパン!”と二拍手をし
    眼を閉じてこの日の旅の成功を祈願した


    参道には先日の大震災を祈願する巫女が
    大声で復興への募金を求めていた



    その姿を見たときに今回の震災の大きさを
    改めて感じる瞬間だった




    日本国の創造神に復興を祈ろうとも思ったのだけれど
    あまりの被害の大きさから、
    “これは創造神からの試練”なんてことも
    浮かび、ちょっと複雑な気持ちになった


    昼食は“鮪”



    那智勝浦漁港
    日本第三位の漁獲高を誇る漁港



    漁港から駅へと続く商店街の中にある“竹原”で
    鮪三昧を愉しんだ




    鮪三昧はあまり期待をしていなかった自分に
    予想以上の驚きを与え、鮪が飛び跳ねるような
    満足を腹の底に蓄え
    補陀洛山寺を訪問した




    漁港からわずか数百m、海岸沿いの那智駅の
    目の前という距離にある


    “補陀洛山”という名前から山深いところにある、
    というように勝手に想像をしていたのだが、その予想は
    見事に裏切られたのだ



    境内にはこの寺を
    日本中、世界中に知らしめた
    補陀落渡海の船が置かれていた


    思っていたよりも小さな船だった


    出口は外側から打ち付けられ
    暗闇の中で補陀落浄土を目指し旅立つ




    希望と恐怖が入り混じる中
    旅立つ僧侶の気持ちは福島の原発に向かう作業員にも
    似ているのかな



    この補陀洛山寺で幸運にも
    重文の本尊 千手観音を拝ませてもらうことができた




    管理の人 瀬川伸一郎さんの話しによると本尊は三面千手
    学者によって平安中期~後期の作として鑑定されている





    軽妙な語り部は千手観音そしてこの地に伝わる文化を
    ありありと思い浮かべさせ、心は瀬川さんの話に
    どんどん引きこまれていった





    瀬川さんの話によると補陀落山寺の隣にある
    熊野三所大神社には門外不出の神像が祀られており
    いつかその像も瀬川さんの語り部とともに
    拝ませていただきたいものである




    補陀落山寺の脇道から那智大社へと向かう道では
    徒歩で大社に向かうであろう人が列を成しており
    巡礼の地であることを確かめた




    石塁のような階段を何度か折れ曲がりながら登って
    西国三十三箇所巡礼の第一番札所である
    青岸渡寺へ到着した



    青岸渡寺で手を合わせたいという人が
    絶えず絶えず列を成しており
    それに伴う線香の香りが堂の中に
    包んでいた



    那智大社如意輪堂の名残を
    那智大社とともに感じた



    青岸渡寺の脇道から三重塔へと抜ける途中で
    那智滝が綺麗に見えた



    この景色をみた瞬間

    “日本”という国を象徴する景色

    と思った



    階段をどんどん降り
    そこですれ違う人と“こんにちは”と挨拶を交わすのは
    ここが観光地ではなく巡礼地、もしくは登山
    その表れであるようにも感じた




    那智滝の真下に降りて
    鳥居のその先にある本殿であり神体である
    直瀑を対峙したときにはココロの口は
    あんぐりあいていた




    滝のように力の塊は
    古来から神と同一化されてきたのかな。




    滝から流れでた水で
    田畑が潤う



    一方 雷、炎、波、地震
    これらは自分たちの制御ができないから
    信仰というよりも
    鎮める対象だったのかもしれない




    ここから4時間かけて戻る道のりは
    かなりキツかったけど




    荒ぶる神 と 恵みの神



    人間が制御できない力に神が宿る
    というのは日本人の血の中に刻まれている
    記憶があるのではということを認識することができた





    スポンサーサイト

    [20101106]

    貝塚から南方に高速道路を走り和歌山県へ入る。
    みかんの産地である有田市のICを降り
    有田川町岩野河にある法音寺に辿り着いた。

    法音寺
    和歌山県有田郡有田川町岩野河364
    0737-32-4306

    国道には気づくか気づかないか分からない程の
    小さな看板があり、ハザードかけて止まっていると
    丁度、総代の熊ノ郷さんがバイクで駆けつけてくれ
    “そこのJAに停めていいよ”と案内してくれた。

    蜘蛛の巣が張りめぐった路地裏の坂道を登って行くと
    茅葺き屋根のなんとも趣きのある本堂がお目見えする。



    本尊は阿弥陀三尊、そして本堂の右には某書にも
    登場する釈迦如来、本堂の左脇には十一面観音が鎮座するが
    どれもこれも地方色豊かな、今までみたこともない
    穏やかな、なんともほのぼのした表情の佛像達








    みな一斉に“かわいい~”と思わず声をあげてしまうほど。

    茅葺き屋根の本堂に降り注ぐ太陽の光をいっぱいに浴び
    ゆったりとした山里の時間を楽しみました。


    熊ノ郷さんとお別れをして
    そこからほど近くにある歓喜寺へ移動

    歓喜寺
    和歌山県有田郡有田川町大字歓喜寺159
    0737-32-3425


    本堂についたところで住職に電話をかけ、すぐに駆けつけてくださいました。
    収蔵庫をあけたときにはGにお出迎えを受けました。Gを外に解き放たいて収蔵
    庫の中に入る。
    平安初期の地蔵と阿弥陀如来。
    阿弥陀如来はなんと一度盗難にあったものの奇跡的に発見された如来さま。
    発見されたときの価格は二億五千万円。
    でもある日門前に如来さまが置いてあったという凄いエピソード。
    盗難に遭ったものの戻ってくるというのはもの凄い稀なコト。
    強靭な念がこの像を元の場所に戻したんですかね。
    そんなコトもあり、他のお寺の申請を跳ね除け、収蔵庫の建設費が
    いち早く承認がおりたそうですw
    住職は盗難のコトから、博物館のコト、佛像にまつわる色んな話を
    してくださいました。



    浄教寺
    和歌山県有田郡有田川町大字長田542
    0737-52-2469


    電話の奥様がいらっしゃらないということで
    お嫁さんのかよちゃんにお願いして案内いただきました。
    収蔵庫には慶派仏師による大日如来像。収蔵庫に入り口に大して
    右を向いて鎮座します。鎌倉期金箔の剥がれた具合も進行しているけど、
    体のラインは真如苑の大日如来に似ている、ふっくりした大日如来の
    印象を受けました。大きな涅槃図がかかっておりましたが、こちらは
    レプリカで大きな行事があるときに掛替えられるのだそうです。




    ここでお腹が空いたので有田川町の名物?!の
    生シラス丼をいただきました★うまいのでペロリ!


    この日の夜から仕事だという田中さんとはここでお別れ次なる
    目的地へ目指す。。。の前に、次は市が管理をしているので
    有田市文化福祉センターに立ち寄って職員の西岡さんに先導され
    有田市箕島へ。

    正善寺
    〒649-0304
    和歌山県有田市箕島27
    0737-82-3221



    現在は廃寺となってしまい、大日如来が崇められているお堂があるのみ。

    [引用]
    胎内背面に「康平五年?月十日 仏師僧兵?」の墨書銘があり、
    平安時代、康平5年(1062)に制作されたことがわかる。
    智拳印を結ぶ桧の一木造り。11世紀中頃の地方造像の一面を示す好作例といえる。
    像高:79.0cm、膝巾:65.0cm



    西岡さんは考古学専門ということでしたが佛像にも精通しており
    的確な説明をしてくださいました。

    戦後の引揚民が大日様の前で寝泊まりしたらしい。
    そして隣の本堂ではそれに関わっていた近所のおばあちゃん達が
    観音講を開いておりました。その本堂には大日如来と正反対の
    地方色豊かな佛像達が置かれておりました。
    最後におばあちゃん達から“これを持って行ってください”と
    小さなタオルをいただき、西岡さんとともにお別れをした。








    神光寺(じんこうじ)
    和歌山県有田市星尾700
    0737-88-6305



    星尾というみかん畑の極細の農道を進んでいった先にある
    巨大寺院。手厚い信仰を受けている様子が伺えた。

    最初に行った塗香(ずこう)の作法などはとてもタメになり
    住職の奥様に巨大寺院を一つ一つ丁寧に案内していただいた。

    そんな案内の折、護摩堂にて奥様が倶利迦羅龍王剣を取り出して
    一行の頭、背中を触れだした、すると“あんたここが悪いね”と
    指摘したのだけど、その指摘事項が諸般の体調事情と
    ぴったり合致していた。神通力を間近に体感することになった

    最後に案内された観音堂にて聖観音とようやく出逢うことができました。
    今まで見てきた現代的な仏像とは対照的な古様な聖観音。
    おそらく都に精通した仏師による作風であると感じました。


    聖観音の隣のお堂にてお茶をいただきましたが
    そのお茶のお皿も江戸時代?!の茶器を使っていて
    大変貴重なものだったのだけれど、なんの気なしに
    使っているという。。すごい。
    奥様には大変お世話になりました。
    とにかく色んな意味でお腹いっぱいになり次なるお寺へ




    施無畏寺
    和歌山県有田郡湯浅町大字栖原1465
    0737-62-2353

    太平洋に陽が沈んでいくなんとも神秘的な光景の中
    海を望む高台にある真言宗御室派の施無畏寺に到着すると
    老夫婦が大層ご丁寧にお待ちくださっていた。



    お堂の中で簡単な説明をいただき、ほの暗い闇の中で
    大日如来にライトを照らす。ぽっと現れたのが智拳印を結んだ
    金剛界の大日如来。小さな体躯ながら柔らかさをもっていて
    固く結んだ智拳印が特徴的でした。





    他の諸仏も特徴的な仏像が多く、光の中で是非次回は
    じっくり拝観したいと思う。


    有田市とはここでお別れ。すでに約束の時間を1時間過ぎた状態にて
    急いで和歌山市へと向かいます。高速道路に乗って早々、いきなりの渋滞に
    巻き込まれてしまったがために、どうしよう。。と思ったのですが
    お寺の方に電話をしても“ぜんぜんいいですよ、ゆっくりきてください”という
    優しいコトバをもらって、ドライバーさんには頑張ってもらって
    なんとか、和歌山市に到着した。

    慈光円福院
    和歌山県和歌山市北新金屋丁31
    073-423-3589



    到着した時には完全に夜になっており、暗闇の中仏像を拝する。
    本尊はかろうじてライトアップされていたのが救い。
    旧 慈光寺の本尊十一面観音。妖艶な古風を感じたのは
    観心寺のあの人のよう。衣のヒダをうねるように繰り返す。




    結果として夜間拝観になりライトアップされた観音は
    さらに妖艶さを増して、迫力のある観音を見ることができました。



    このお寺を最後に観佛は終了。
    貞観に始まり貞観に終わる。


    木津川流域~三重佛そして延長しての阪南~有田・和歌山という仏像巡り。
    たくさんの参加・協力がありHappyな気分にて終了することができた。




    さて次の旅はどこにいこうか。




    PS:Special THANKS to tanakasan kaicho rabisan


    [20100212]

    高野山へ

    ここも4年ぶりくらいになるのかな




    孔雀明王は
    国宝館で見ることができず
    なくなく孔雀堂なるところで見ました





    雪を被った屋根

    静かな高野山で心を鎮めて








    [20100211]

    和歌山来たからにゃ
    和歌山ラーメンだ

    中華そば[正善]


    2代目の店主と思しき
    若い店長がつくるラーメン

    魚介系のスープが流行る中
    醤油ベースの豚骨醤油味




    テーブルのうえにはお決まりのはや寿司
    1個だけ頼んで最後におばちゃんに自己申告



    形式的なラーメンやが増えている昨今ですが
    こういうラーメン文化は地方でずっと残っていってもらいたいです





    [20081022]

    東北道⇒北関東道路⇒上信越道⇒長野自動車道⇒中央道⇒名神道

    片道9時間の道を 走りつづけ また逆も然り
    終わったころには足がぴくぴく言っていた

    とうとう始まりました仏像界の2008年~
    2010年の一大フェス!

    初陣は今年大阪へ飛ばされ現在、金融機関の混乱の最中
    某クライアントとのトラブルに四苦八苦している我が会社同期と共

    西日本をかけめぐりました。
    彼は先週、京都八坂神社へいきお払いをしてもらったので
    今度はシャカに身に降りかかる災難を払拭してもらうべく
    二つ返事でこの旅に参加することになりました。


    ・・・とその前に本フェスに参加する事前訓練ということで
    自分は名古屋市博物館で行われている
    [特別展 西国三十三所 観音霊場の祈りと美 ] へ




    高速の出口を間違え、閉館時間を過ぎていたのですが
    「東京から来たので~」「この展覧会のために来たんで~」
    みたいなことを懇願し、なんとか中に入れてもらえた

    主役は重い入り口を入ってすぐのところに鎮座していました。




    やはり主役、煌びやかさが圧倒的!

    実は・・自分、前回の清水寺の開帳の時には
    さほど仏像に対して惹かれるものがなくって。

    清水寺の本尊が2003年3月に243年ぶりに開帳されるって
    ニュースはR25でピックアップされていて存在はしっていたのだ
    けど
    行動へ駆り立てる衝動はそこまで沸いてはきませんでしたね

    だけどもだっけぇど、仏像に本格的に興味を持ってからは
    後悔しっぱなしの毎日をすごしていました。
    横浜の清水寺展でも会えず、やっと念願叶って彼に会うことが
    できました。2002年に重文に指定されたみたいだけどたぶん
    そのうち国宝になるんじゃないかな。

    清水寺で開帳になった時はどうだったのかわからないけど
    たぶん暗くて人も多くて、たぶんなかなか見にくかったと思うけど
    名古屋市博物館でのこの人はまわり誰もいなくてマンツーマン

    なんかもうすごい近くて・・・綺麗すぎて。

    最近、
    地方まわっていたのでこういう像はなかなかお目にかかっていなかった
    んだけど、ため息でちゃいました。。

    すっかりミーハー気分で図録を買って
    名古屋市内うろついたら[うな富士]
    に行列できていなくすかさず駐車。

    地元の人が認めるひつまぶし。終わった時には行列できてた。
    昔は苦手だったのですが最近うなぎが食べれるようになってきまし
    た。
    むしろ好きかも。



    同期の家につくと、同期が興味をもっていた
    うつぼ公園近くのたこ焼 居酒屋へ


    椎名林檎、室井佑月似の美人女性がつくるタコ焼。
    ネギたこ焼き、めんたいマヨたこ焼き、チューハイ。
    安くて、遅くまでやってて、味もまぁまぁ
    9時間運転した体にアルコールが染み渡ります。


    AM 9:00

    彼の家で寝て次の日、とうとう霊場巡り。
    ドMな我ら、朝一でいきなり施福寺

    途中道に迷ったら藤岡弘ばりのジャングルロードを走り、
    抜けたとおもったら心霊番組でクローズアップされそうなトンネル

    本当の意味でも霊場巡りのような体験をするハメに。

    片道30分の山を登ります。

    同期はなぜか寺の人にあえてまちがわれようとして
    すれ違う人々に合掌したり、「ありがとうございます」
    とか言ったり
    本気で恥ずかしかった。。本堂の弥勒はなぜか写真取り放題。
    みんな「え?とっていいの?」って、はてなマークをつけながらも
    体は正直でバシバシ撮影していた。




    モッチリとした体格にちょっとだけよ、な配置。
    千手もいい感じでした。本堂裏の馬頭観音は厩舎付き。
    ダビスタまたやりたひ。サンデーサイレンス 馬鹿高い。




    PM 13:00

    朝一で施福寺へ訪問したせいで
    次なる粉河寺は楽勝すぎた。。。



    ここも217年ぶりの千手観音の開帳でとっても賑わっていたけど
    ちっちゃいうえに、あっさり見れちゃったので、
    元気はありあまります。




    PM 14:00

    和歌山市内で和歌山ラーメン。餃子が拍子抜けだったけど
    ラーメンはしっかりウマイ。
    そして店のおばちゃんめっちゃいい人。
    早寿司もしっかりいただきます。腹ごしらえをし、紀三井寺
    こちらは50年に一度の開帳の千手観音&十一面観音。



    千手観音はくつベラが沢山ついているのでくつベラ観音と改名した
    方が
    いいと思う。いい顔してます。
    一刀三札で彫った十一面はポテっとしててありがたみってゆーか
    親しみが湧く観音さんでした。梵天・
    帝釈天も日本女性らしい感じがいい。
    J○Bが企画する西国巡業の一行とこの寺まで一緒だったんだけど
    添乗員さんは率先してお経を唱えたり、
    やっぱ見仏の需要はあるんだなと認識


    PM 16:40


    ここから一気に北上し、興福寺南円堂



    ここでもなんと
    閉門時間を過ぎていたけど同期と自分との営業2人の懇願で
    南円堂だけ入ることができた。
    しかもディスカウントされた300円。
    ここで発覚しましたが、
    北円堂だとおもっていた建物が南円堂でした。






    風の通りが気持ちよく同期は舞台の上で四方八方に睨みを効かす
    四天王と不空羂索観音をポーーっと眺めていた。
    もう時間すぎているのに・・



    ちなみに南円堂の案内人をやっていた自分と同世代のお兄ちゃんと
    ダベったのですがこの仕事は日雇い派遣なんだそう。だから仏像は全く興味がなく
    渡された資料を堂内で声をあげて読むだけ。まー、
    フェスともなれば派遣も
    しょうがないのかな。。
    自分は興福寺と東大寺の二重派遣でもいいからやってみたいw


    PM 17:00

    ここでTime Upとなって仏像Fesは一旦終了~。
    でも見仏はまだまだ終わらず、夜の楽しみは食事と温泉そして
    この日はショッピングも。
    で、奈良から和歌山へReturn


    PM 19:00

    今回旅行の第二の目的。
    自分が贔屓にしていたアパレルショップが和歌山の24号線沿いに
    あることが判明し、和歌山でスーツをしっかり2着購入

    PM 20:30

    ここでGUEST登場。中目黒のスポーツジムに通っていた時に
    知り合った現在、粉河寺の近くに住んでいるくんが登場。



    半年ぶりに和歌山で再開。前日、京都・
    嵐山で好きなアーティストと
    一緒に電車でまわるツアーに参加してきたそうで終始ゴキゲン!

    共に岩出駅の近くにある紀州鶏・鳥吉



    焼鳥はタレが絶品。
    鳥料理屋なのに茄子のおひたしがメチャ旨だった。
    ヤマのメニューが多くて残念。

    紀州鶏をつまみに
    話はWくんの最近の事情や
    男ならではの下ネタでワイワイ

    PM 22:00



    そして日本一好きな温泉、和歌山市内にある
    花山温泉で今日一日の疲れを癒す。
    なんかもーねたくさん辛いこととか
    あるけどココの温泉入って夜の星空を眺めるだけで
    生きててよかった~って思えるんだ




    PM 24:00

    和歌山から大阪もどって同期の家で眠りにつきます。
    この日は同期もさすがに疲れがたまったのか
    すぐ寝てました。


    つぎの日の京都編は
    長くなってきたのでまた気が向いたら書きます。

    HOME NEXT
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。