然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20070327]

    ホテルを出たのは9時半。ホテルのバスを利用して
    新下関の駅へ。

    そこから新幹線で広島県の三原という駅へ。

    行きはさすがに鈍行でいけたのだけれど、
    もー無理だ。と決心して新幹線を使ってしまいました。。。

    三原の駅から海岸線ギリギリを走る【マリンビュー】という
    列車内が船内を意識している電車にのって



    広島県『忠海』という駅に到着

    そこから定期的に運行をしているフェリーに乗って10分くらい。。
    目的地である





    【大久野島】に到着


    現在は全国の国立公園・国定公園に36か村に指定され島がまるごと休暇村として
    たくさんの観光客を迎えいれている
    大久野島という島ですが
    この島は

    【歴史上、日本から消された島】

    という過去を持っています。


    自分はその足跡をこの目で見たいと思い、
    且つ島に残る、その時代の建築物を見てみたいと思って訪れました。



    大久野島は日清戦争という日本と中国の戦争から第二次世界大戦までの
    数十年間、砲撃用の島として存在し、
    特に1918年、ジュネーブ議定書で当時戦争での使用が禁止されていた
    化学兵器の研究に日本軍が着手することにより
    この島は毒ガス兵器を製造する島、通称『毒ガス島』として呼ばれるようになりました。


    国際的に孤立していったこの頃の日本は毒ガス研究を内密に遂行するために
    外国人はもちろん、日本人にすら島の存在がばれないようにし
    この島を日本地図から消して、毒ガスの研究開発をすすめていきました。


    フェリーが島へ到着し、すぐに島の休暇村への無料バスが
    待機してくれていて、現在の島の中核である休暇村:大久野島には到着しました。


    早速自転車をレンタルし、島をめぐることにしました。

    時計回りでぐるっと一周

    シーズンオフということもあってか
    休暇村にあるテニスコートで遊んでいる人は誰もいなく
    工事のおじさんがたくさんいました。


    毒ガス貯蔵庫、南部、中部、北部それぞれの砲台跡地を約2時間かけて回りました。







      



    実は島に降り立った時からもずっと感じてはいたのですが
    どうやら毒ガスが完全に抜けていないのか、それとも毒ガスを完全に洗浄するために
    大量の薬品が使われたのか
    ツーーーンっとする臭いが島全体に漂っていたのですが

    特に、毒ガス貯蔵庫はキツイ臭いがあり、それだけここの場所には大量の毒ガスが
    備蓄されていたのだろうと、容易に推測ができた次第であります。


    建築という面で言えば赤レンガやコンクリートを
    当時影響をうけていた西欧建築様式風に使われており
    尚且つ、建築物が風化し
    横浜や神戸にあるソレとはまた異なった雰囲気が出ていました。


    そして一番印象的だったのが島の東部に位置する発電所跡地





    とてもひろい建築で中にはその当時の機械の残骸と思しき
    構造が当時のそのまんまで残っておりました。











     






    全ての島の建築物に関して広島県では
    保存する予定はナイということで、朽ち果てていくのを
    ただ待つのみということでした。


    これほどの建築物は日本でそうは見られないので是非とも
    保存していってもらいたいと思います。



    最後は毒ガス資料館を訪れ、この島の悲しい過去の歴史から
    当時毒ガス製造に関わった道具、写真、そして製造中誤って毒を浴びてしまった人の
    写真、現在世界中で毒ガスを使用し殺戮が行われている様子などを見学しました。





    全てにおいて、大久野島が歩んだ毒ガスの歴史を肯定するものではなく
    否定し、同じ過ちを繰り返さないようにしようと、
    メッセージを送るこの島の歴史は島民の人にとっては大変つらいものであったんだろうと
    思いました。




    ちなみにですが。。。

    この島は毒ガスの有無を察知するために飼われたウサギが
    一部野生化し、現在では島のいたるところに野生のウサギがたくさんいます★




    そしてウサギは人間だからといって逃げずむしろ
    エサくれーーー
    エサくれーーーとよってきてとても人なつっこいウサギばかりw




    癒されました★



    この後、夕方には岡山入りし韓国料理を食べました。
    スポンサーサイト

    [20070326]

    山口に到着したのは20時

    某旅館へ

    この旅館のスイート【310号室】に宿泊









    劇場のつくこの旅館の中でも
    この部屋だけのために建築家・有馬裕之氏が設計した部屋らしい。

    この部屋だけでも感動ものなのですが
    まだまだイロイロとありました。


    まず風呂ですが、これまた有馬裕之さんが設計されたという
    【山頭火】という浴場。

    名前でビビっと来た方はかなり博識の持ち主


    山口県出身の明治・大正・昭和初期にかけての
    自由律俳句のもっとも著名な俳人の一人である種田山頭火をコンセプトにした
    浴場があります。






    誰だよ?!と思う人もいるかもしれません。(自分もそうでしたw)
    代表句を聞けば『あ、聞いたことがある』って思うかもしれません


    ・わけいってもわけいっても青い山
    ・鴉啼いてわたしも一人
    ・鈴をふりふりお四国の土になるべく
    ・霧島は霧にかくれて赤とんぼ
    ・まつすぐな道でさみしい
    ・また見ることもない山が遠ざかる
     

    どうでしょうか??ピンと来た人もいるかもしれません。
    山頭火の5・7・5では納まらない、自由な句が
    脱衣所から浴場の壁一面に刻まれています




     

    温泉はもちろん旅館の元々のウリなのでかなり気持ちよく
    現代建築と温泉という組み合わせが本当に気持ちよくて、3回程入っていました。

     

    そして料理は旅館の離れにある【組曲】という名の料亭へ
    利き焼酎を頼んでまったりしながら【イタリアンふぐ懐石】とでも言うんでしょうか
    下関のご当地名産品でもあるふぐをカウンター前のマスターがイタリアンへ
    アレンジ仕立ててくれます。










    ほんとに旨かった~


    そして朝のご飯もこれまた豪華にお櫃に入れられた弁当。。と言って
    いいのかわかりませんが、遥かに超えたレベルの弁当をいただき、これまたウマイ!





    これと部屋の檜の風呂とラグジュアリー
    極楽浄土へ





    そしてこれだけ豪華な設備と料理で1泊2食1万円台!

    すごいCP(コスト・パフォーマンス)


    また来ることにします。




    room number
    3・1・0

    サイコぉ


     

    [20070323]

    二日目

    朝、軽く寝坊して焦って軽く判断力を失います。。

    最初は大宰府



    ここ2年前に訪れていましたがまたまた健康と発展を祈願してきました
    本日はどーやらソーラン節の大会らしく
    おんなじ衣装を着た若い人たちがたくさんいて、みんな金パチ先生で
    フィーチャーされていたソーラン節を踊っていました。


    自分はこの大会の審査員の人になったら大変だろうなーと
    思ったり。おんなじ踊りをずっと見させられるのはウンザリすると思います。。


    まーそんなことは置いといて
    大宰府にある九州一の良質の仏像がそろっている観世音寺
    ここも二回目です。









    やっぱ、ここの馬頭観音はデカクて迫力があるね!
    そして前回詳しくみていなかった

    兜跋毘沙門天立像


     

     

    日本で最古の大黒天




     

    なんかをジロジロと細部まで見てくることができた。

    今は豊作の神、商売の神とあがめられてこんなニカーっとした顔を
    している大黒天だけれど




    もともとは戦いの神として、
    ここの大黒天のようにスマートな格好をしていたのだという。

     

    やっぱ時代によって人も仏像も変わるのですね。

     


    で、博多へリターンし
    【博多だるま】というこれまた有名なラーメン。
    行列に並びました。




    こちらラーメン






    油がうっすら浮いていて、味濃いーと思いきや
    スープを飲み干せるくらい旨かった。またシット

     

    ラーメンの後は福岡九州近くにある
    志免町炭鉱跡へ。

    写真をたくさん撮りました。











    ----------------------------------------------------
    主力エネルギー源が石炭だった時代、
    九州と北海道にはいくつもの炭坑が存在しました。
    九州では特に福岡県大牟田市の三井三池炭坑や
    長崎県高島町端島の三菱高島炭坑(軍艦島)
    が有名ですが、この他にも中小規模の多数の炭坑が操業していました。

    福岡市周辺の粕屋炭田においては1889(明治22)年、
    現在の須恵町に旧海軍が第一坑を開いて採掘が始まりましたが、
    ここの業績は芳しくなく、1906(明治39)年に現在の志免町に開いた
    第五坑からが一般に志免炭坑と呼ばれています。
    竪坑櫓は1943(昭和18)年、
    より深い地層からの採掘作業のために建設されたもので、
    この地下には深さ430mの竪坑があります。
    なお、志免炭坑の最深部は地下600mです。
    志免炭坑は戦後、旧運輸省管轄を経て1949(昭和24)年からは
    旧国鉄の直営炭坑となり、
    蒸気機関車へ石炭を供給してきました。
    しかしエネルギー源の石油への転換に伴い、
    多くの炭坑とともに志免炭坑も1964(昭和39)年に操業を停止しました。
    閉山後、関連施設はほとんど撤去されましたが、
    竪坑櫓は解体が困難なため結果的に取り残されています。
    ------------------------------------------------------



    遠くから見てもわかるこの建築物は近くで見ても
    やはり異様な雰囲気を放っていました。
    これが60年以上の建築物には到底思えません

    ある意味この先60年後にはこんな建物がそこらじゅうに生まれてくるような気さえしてきます。





    福岡の最後に訪れたのは嘉穂劇場









    ----------------------------------------------------
    1931年(昭和6年)、
    当時の嘉穂郡飯塚町で伊藤隆により設置される。
    前身は1921年(大正10年)に大阪・中座を模して建てられた木造3階建ての
    「株式会社中座」であり、1928年(昭和3年)に焼失し、
    翌年に再建されるも1930年(昭和5年)の台風で倒壊した。

    観客は当時筑豊地域の中心産業であった
    石炭炭鉱の労働者とその家族が中心で、大衆演劇や歌手の公演などで賑わった。
    しかし石炭産業の衰退もあって、1962年(昭和37年)には延べ266日であった公演数は、
    1970年代には10~15日に落ち込む。

    こうした事態を打開すべく、隆の死後経営を引き継いだ娘・栄子の奮闘もあり、
    1979年(昭和54年)から毎年9月に九州演劇協会による
    「全国座長大会」が開催されるようになったことや、
    レトロな雰囲気が人気となり、近年では、年間30~40日の公演が行われていた。
    2000年(平成12年)7月30日には椎名林檎のライブ会場に使われた。

    2003年(平成15年)7月19日の大雨により、
    劇場がある飯塚市の中心部一帯が浸水し、
    客席や舞台、花道等が浮き上がり、1階内部が使用不能になる被害を受ける。
    九州演劇協会会長・玄海竜二より連絡を受けた
    津川雅彦らが芸能人仲間に呼びかけ、中村玉緒、明石家さんま、
    中村勘九郎(現・18代中村勘三郎)ら大物が駆け付けた
    復旧チャリティイベントが行われ、イベントに先立ち飯塚市中心商店街で
    「お練り」も行われた。
    このイベントでは、田村正和や木村拓哉らの私物がチャリティオークションにかけられ、
    東京でも滅多に無い豪華なイベントとして話題となった。

    wkipediaより
    ---------------------------------------------------

    自分の事前リサーチの間違いで
    実はこの日、講演が入っていて本当は見学はできないハズでした。


    しかし、入り口のおばちゃんが【東京から来たんなら、ちょっと入れてやるわ、ちょっと待っとき】
    とこっそりと中を見学させていただくことがきました。

     

    上の説明を見てもわかる通り、この劇場自身が経験した繁栄と衰退、
    それにかかわる人がこの建物を後世にまで残していきたいという想いが
    自分の見たこの日までほとんど同じ景色を残しているんだと感じました


    そして福岡を後にして山口県へ


     

    [20070323]

    初日は終日移動移動の一日でした。仕事が終わって軽く支度を済ませて
    電車に乗り込んで、朝起きた時には岐阜県、そこからお昼頃に岡山、夕方、広島
    夜9時30ようやく博多に到着しました。ビンボー万歳


    途中では電車の旅ならではの駅弁なんかも購入しながら
    長い長い電車の車中を楽しんだりしました。





    出発から博多到着までおおよそ 約21時間




    ついてソッコー目指すは博多で一番旨いと言われているモツ鍋屋。
    駅から歩いて15分くらい。ちょっと遠いんだー

    一週間前から予約を入れていて尚且つ、電車も定刻通り到着してくれたもんで
    予約通りの時間にほぼ到着。

    早速ウワサのモツ鍋
















    こちらも有名らしい【酢モツ】










    両方旨い。

    特にモツ鍋。
    最高な歯ごたえとちょっとニンニクの効いた
    味噌ベースのスープがヤバイくらい絡んでます。

     

    そして最後にあまったスープと野菜を使って
    チャンポンでしめ。



     


    こんな美味しいものを食べれる博多の人にちょっとシットです。。。

     


     

    [20070312]

    まー、みなさんも承知の通り僕は数々の仏像コミュを運営している
    わけなんですが、最近僕のコミュのひとつである
    【♥Sexy仏像♥+仏List】といふコミュニティがついに仏像専門コミュとして1位になってました!!






    自分の趣味でたくさんの人に仏像のよさを
    知ってもらいたいという単純な気持ちで作って
    コミュ作る時の目標であった1位にとりあえずなることができました。

    仏像の知識も宗教への信仰心もない自分ですが
    自分の会社の人も入ってくれたり、会社の人の知り合いの人が実はコミュに入っていたりと
    サプライズもあったり、なんだかんだでイロイロと楽しめました。
    仏像コミュを作ったから知り合えた人もたくさんいたりして、これからも
    末長くご贔屓いただければ幸いです~


    2007-03-12(Mon) 18:45 | トラックバック(0) | コメント(1)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20070311]

    狩るぞ、狩るぞ!!

    ・・・とマックスでもオヤジでもございません。

    今回狩ったのはイチゴ

    実は自分の生まれ育った故郷の栃木県は全国一位の
    イチゴの生産地でありゃぁっす!

    時間無制限 食べ放題 1200円也





    自分の想像の中ではちっさいイチゴがコロコロ。。と
    思っていたのですが、ところがドッコイ
    大粒のイチゴがごろごろしていて、ビックリ。








    おっっしゃ、食うぞ!と意気込んで食べてみたものの
    前日の会社の人に飲まされた胃もたれが響き
    多分30個くらいしか食べられませんでした。。



    こちらは食後のデザート(本日の主食はイチゴでしたんで)の
    ジェラート★
    味はレアチーズ。イチゴ目の前でつぶして入れてくれました。
    こっちもうまい。

    イチゴ狩り、期待していなかったけど意外に楽しい。
    今度は元取るぞ!!


    2007-03-11(Sun) 21:12 | トラックバック(0) | コメント(2)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20070308]

    先週 銅の町、足尾へdrive!
    足尾の廃坑を探索
    足尾銅山鉱毒事件等で有名なこの町、昔の繁栄がそのまま現代に取り残されちゃったカンジ。




    ※これはイメージです

    シブイね、、シブすぎて足がすくんで
    中には入れませんでした。。。
    田中正造さんって方が天皇に直訴したりと
    まー昔はイロイロあった訳で、今はいい感じに放置プレイをしている空間です。

    その後、足尾の山道を抜けて群馬と栃木の境にある
    星野富弘さんの美術館へ

    ここは2ヶ月前くらいに訪れていたのでスルーしようと思ったのだけれど
    そういえば!!と思い出し、立ち寄って
    美術館の裏の鹿のウ○チがコロコロ転がっている山を登りました。

    実はここ、美術館の上からみた建築がイイんです。
    ヨコミゾマコトさんってゆー、建築家の人が設計をしたのですが
    こんなカンジです。



    なんか自分の好きな感性にズキュンときました。

    でも、この景色を知らない人にとっては
    何も知らないまま、フツーのハコモノ美術館として楽しんじゃうんだろうな。
    ここだけの秘密です。もしいく機会があったら裏山登ってみてください。


    その後、群馬をグオーーっと北に登って
    この前のスノボの後に行った【塩ミルク】のソフトクリームが
    食べれる花咲の湯へ。
    やっぱ、この日もスノボ帰りの人がたくさんいて
    温泉の中は相変わらず男の花園と化していました。残念ながらオイラにはその趣味は
    なく。。


    帰り、金精峠を抜けて帰ろうとしたら、途中で冬季閉鎖中の文字が。

    3月じゃーーん、暖冬じゃん、雪ないじゃん!!

    と何度もつぶやき群馬の南からの
    ルートへ変更。カーナビみたら到着時間午前2時(そのときは午後7時)になり
    ボーーぜんとしたもののなんとか家につき死にました。

    隣の県がここまで遠かったなんて。。。泣





    [20070307]

    mixiからの引越しです★


    昔のブログに比べ ちょっと手が入ったデザインにしてみた。
    このブログでどんな出会いがあるのか楽しみです。


    今日のヒルメシ

    *おでん(白滝×2)
    *テリヤキチキンのパン
    *焼き鳥

    上のメニューをデスクで
    食べていたら、前の席の人に

    『居酒屋の匂いがする』

    と言われた。

    オヤジ臭を振りまく23歳。

    本日より始動いたします!!



    2007-03-07(Wed) 14:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。