然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20071130]


    <周遊記のまとめ>

    -----------------------------------------------

    【1日目】 奈良~神戸~加古川周辺

     

    ◆奈良・紅葉の時期に


     

    ◆神戸ビエンナーレ


     

    ◆くいしんぼ


     

    -----------------------------------------------

    【2日目】 神戸~香川~徳島~愛媛

     

    ◆四国が奏でる 大食漢への協奏曲

    http://andon21.blog85.fc2.com/blog-entry-122.html
     

    ◆不便な移住候補地


     

    -----------------------------------------------

    【3日目】 愛媛~高知~神戸

     

    ◆“刻太鼓にはじまり”


    -----------------------------------------------



    神戸ビエンナーレを満喫した後

    思ったよりも時間が余っていることに気付く

     

    それと同時におなかの満腹具合も余っていることにも

     

     

    元町の駅にもどり電車にのって明石へ。

    やっちゃいました。

    ローターリーの近くにある【松竹】という明石焼やへ





     

     

    兵庫県民以外の人が明石焼とよぶものは
    地元では玉子焼きというそうです。

     

    たこ焼きとの違いは

     

    ------------------------------------------------------------------

    ・材料に鶏卵が使われている点
    ・生地が非常にやわらかい点
    ・小麦粉以外に沈粉(じんこ)と呼ばれる小麦でんぷんの粉が使われている点
    ・焼き板が銅で出来ている点
    ・またひっくり返すのに千枚通しなど鉄製の物を用いず菜箸を使う点
    ------------------------------------------------------------------

     

    だそうです。明石焼の名店は商店街やビルの一角に店を
    かまえていることが多く今回訪れたこちらの店は明石駅ローターリーにあり
    とても近いのですが、探すのにちょっと遠回りして迷ってしまいました。

     

    玉子焼きは2種類あり通常のもの550円と
    ふんわり度合いが更に増した特別玉子焼き+100円=650円

     

    どちらも15個入りです。今回は初回ということで650円の1ランク上の
    玉子焼きを注文。



     

    テーブルにはミツバを刻んだものが用意されており
    好みでダシに入れて味を変化させます。
    自分も入れてみましたがさほど変化はなかったかな。


     





    ダシは椎茸系のダシがメインで魚介系の風味も多少しました(気のせいかも。)








    直前に月の輪で焼肉定食を食べてきたばかりなのでおなかに入るかなと
    少々心配していたのですがいざ食べてみるとたこ焼きとは違い
    生地がゆるくダシにしたしただけでフワ~とほどける感じで、口に入れても
    ツルっとしたのどごしで食べることができてアッという間に完食してしまいました。

     

    とてもこじんまりとした店内でスタッフは皆女性で
    テキパキと仕事をしていて郷土料理を受け継ぐ現代女性の強さを印象づけていた

     







    お腹もそこそこ満たされたところで

    六甲道へ逆戻り

    そこから20分ほど歩いたところにある商店街のど真ん中の温泉灘温泉








     

     

     

    みかけはいたって普通の銭湯なのですが

    入ってみて和歌山にある自分の1番のお気に入りである花山温泉にも似た

    源泉ぬるめの温&冷の繰り返し入浴を薦める自分のツボの温泉だった

     

     

    ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
     (低張性・中性・温泉 泉温35.2℃ pH7.1)

     

     

    ツボに相応しく

    自分の気がすむまで入っていたら2時間も入浴していることに気付く

     

     

    そしてまた電車にのってリターンする格好で加古川市へ

     

    加古川市が誇る隠れた名物がカツめし

     

    カツめしの元祖と呼ばれる一平に行こうと思っていたのですがネットの評判を
    検索したところ、どうやら魔笛、一休亭、ロッキー、旭食堂という名前の方があがっていたので
    一平に向かう電車の中、急遽目的地を変更しようと決断し、新快速の電車の中で緊急会議

     

    その結果、一休亭が一番うまそうだということが判明したのですが
    どうやら一休亭はステーキ屋が営むカツめしということでアレは本来のカツめしでは
    ないという噂もあり、初めてのカツめしは加古川の市民が愛しているという
    一般的なカツめしと食べようということになり尚且つ、遅い時間まで営業しているお店
    というセグメントをかけた結果、東加古川市にあるロッキーに決定することになりました。

     

    ロッキーは駅から離れていて東加古川と加古川のちょうど中間にあるので
    アクセスはどちらからでも同じくらいです。ですが、駅からかなり離れている為
    タクシーを使わないとまずいくことは難しい。

     


    タクシーのおじさんにロッキーという場所に行きたいのですが。と告げると
    ロッキーねということで任せとけ!みたいな感じでした。地元でも比較的有名な場所
    なのですね。

     

    ちなみにこの店は本業はあくまで喫茶店がメインということで
    外観も田舎にある国道沿いにある喫茶店そのものの外観。



     

    中に入ると僕ら以外の先客はいなくてスタッフの方がテーブルでまかないを
    食べているところと八合わせをしてしまいました。(きまづい。。。)

     


    カツめしは2種類
    ・ビーフカツめし 850円
    ・ポークカツめし 750円

     


    スタッフの方に尋ねてみると加古川市の一般的なカツめしは
    ポークらしいのですが、ロッキーの名物はビーフカツめしとのこと

     

    悩んだ結果、自分はビーフの方を注文しました。



     

    10分程度で出てきたカツめしは店員さんが置き間違えるくらい
    見栄えではビーフなのか、ポークなのか判断がつかないものでした。

     

    平たい皿にご飯が敷き詰められ、その上にカツとデミグラスソースのような
    甘そうなソースがかけられていました。



     

    期待をこめて一口食べてみると、上のソースがとても美味しくて
    どんどん口に入っていってしまいます、ですがその反面カツが思った以上に
    薄かったのが残念でした。

     

    ビーフとポークを3切れほどトレードしたのですが
    味の違いについてさほど違いは感じれませんでした。よってポークで十分かも
    しれません。とは言え、あっという間に完食をしてしまい。感想としては満足。

     


    かつめしは意外と知られていない名物ですが、ムーブメントで一気に全国区へ
    広がっていくポテンシャルは感じる一品だった

     

     

    またまた神戸三宮へ戻り就寝zzz

     

     

    とりあえず初日の感想としては

     

     

     

    食いすぎた。。。




    Powered by ScribeFire.

    スポンサーサイト

    [20071129]


    <周遊記のまとめ>

    -----------------------------------------------

    【1日目】 奈良~神戸~加古川周辺

     

    ◆奈良・紅葉の時期に


     

    ◆神戸ビエンナーレ


     

    ◆くいしんぼ


     

    -----------------------------------------------

    【2日目】 神戸~香川~徳島~愛媛

     

    ◆四国が奏でる 大食漢への協奏曲

    http://andon21.blog85.fc2.com/blog-entry-122.html
     

    ◆不便な移住候補地


     

    -----------------------------------------------

    【3日目】 愛媛~高知~神戸

     

    ◆“刻太鼓にはじまり”


    -----------------------------------------------



    午前中に奈良を後にし

    発車ギリギリに快速電車 滑り込みセーフ!

     

    次の目的地は“神戸

     

    ・・・と、その前に、知り合いの方から六甲山の麓で芦屋の近くにある

    最近openしたタイリッシュな焼肉屋が良いとの噂を聞き

    途中下車しlunch。

     

    牛処 月の輪




     

    ※神戸牛のコロッケ



    ※赤だしの味噌汁



    ※季節のサラダ





     

    色々と美味しかったのだけれども

    【飛騨牛の握り】が特にヤバイ




     

    塩・醤油・胡椒・ワサビでいただく。

     

     

    お腹も満たされ“元町”へ移動



    元町は横浜の雰囲気そのままだった。

    中華街や港など

    横浜をちょっと小さくしたイメージ





    そしてその港で開催されていた

    神戸ビエンナーレ



     



    神戸で行われる初めての総合芸術祭

    神戸ビエンナーレではコンテナという空間で作品を一般公募し開催する







     

     

    コンテナの中では

     

    映像作品があったり-







     

     

    円盤がまわっていたり-








     

     

    血塗られた教室があったり-
    (実際は血塗られてるわけじゃありませんw)






     

     

    謎のカラフルな文字が並んでいたり-





     

     

    工場があったり-



     

     

    海があったり-




     

     


    外の世界を投影する傘でできたレンズがあったり-





     

     

    お尻があったりw-









     

    色々と作品がありましたが

    今回のビエンナーレで大賞を受賞した作品はコレ




     

    ちょっと暗くてよく分からないと思うのですが、暗闇の中

    光るスーパーボールがバッティングマシーンの容量で

    見ている我々に目掛けてビュンビュン投げつけられる作品。

     

    見ている我々の手前にはプラスチックの板があり

    スーパーボールを防御できるのですが、ほとんど何も見えない暗闇の中、

    目の前のプラスチック板にスーパーボールのバチバチ当たる音は

    想像以上の恐怖を感じます。。。

     

    この緊張感が鑑賞する一方的な教授ではなく、恐怖つまり自分が当事者として意識することに

    よってモノとの双方向での対峙ができる点が大賞として評価されたのかな。なんて思います。

     

     


    会場ではコンテナ作品以外でも

    新潟大地のトリエンナーレでもあったハリガネの花や



     

     

    コンテナでの作品公募以外でも

    パフォーマンス部門の大賞作品(グループ)のパフォーマンスもやっていたり






    色々と楽しむことができました。

     

     

    最後に元町駅前にあった

    今や懐かしいポーズの2人組がいたので記念に撮ってみた







    Powered by ScribeFire.


    [20071129]


    <周遊記のまとめ>
    -----------------------------------------------

    【1日目】 奈良~神戸~加古川周辺

     ◆奈良・紅葉の時期に


     ◆神戸ビエンナーレ


     ◆くいしんぼ


     ----------------------------------------------

    【2日目】 神戸~香川~徳島~愛媛

     ◆四国が奏でる 大食漢への協奏曲

    http://andon21.blog85.fc2.com/blog-entry-122.html
     ◆不便な移住候補地


     -----------------------------------------------

    【3日目】 愛媛~高知~神戸

     ◆“刻太鼓にはじまり”


    -----------------------------------------------





    先走ってうどんの記事をアップしてしまいましたが

    先日3連休+1日有給を使って奈良~神戸~四国4県をまわってきました

     

    土曜日の夜深夜バスに乗り込み京都



    朝6時にはJR京都駅へ到着し奈良線に乗り換えすぐさま奈良


    奈良へ行く途中の電車はとっても寒かった~

     



    奈良へ到着しすぐさま興福寺へ行こうと思ったのですが

    興福寺がopenするまで1時間程時間があったので

    寄り道をして、東大寺戒壇院


     

     

    ここのイケメン4天王と2年ぶりのご対面

    特に広目天多聞天の2人の出来が素晴らしい

    かなり写実的

     

     

    今回、奈良の大仏はPass

     

    そうこうしているうちに興福寺が開く。

     

    今年の興福寺の目玉は今まで一切公開されることがなかった

    大圓堂がとうとう開帳。

     

     

    本尊・秘仏聖観音立像を見ることができました



     

    聖観音立像は髷が長く

    どことなく向源寺のスーパースター・十一面観音を彷彿とするようなつくり。



    予想外ないい仏と会うことができました。

     

     

    この期間中、国宝館でも今までバラバラに陳列されていた八部衆

    一同に公開されることとなり、ありえないくらい観光客の人で賑わっていました。

     


     

    国宝館は普段、国宝を期間でわけてバラバラに公開するのですが

    この日は山田寺の仏頭も公開されていたり





    興福寺の気合がみなぎっていました。

     

    やっぱり阿修羅は一番の人気で

    阿修羅の前だけ人がすごいことにw


     

     

     

    奈良では紅葉がピークということで


    とても素敵な景色に出会うことができました

     

    ホントはもっとゆっくりしたかったな



     

     

     

     

     





    Powered by ScribeFire.


    [20071128]

    池上

    るみばあちゃんで有名な当店
    香川に入り一番最初に向かったのがこのお店です。

    当初香川では彦江製麺所へ訪問予定だったのですが
    直前になり日曜日であったこの日の営業は休みというショックをうけ
    急遽切り替えて当店に訪問することとなりました。


    ものすごい行列を予想して向かいました。
    そしてopen時間である10時ちょっと前に到着しました。

    そして目の前には案の定行列が。


    ですが思ったほどではないという印象。。思ったのですが
    自分が並んだあとからぞくぞくと人が追加で
    並んできました。駐車場には店の人が立っていて誘導してくださるので
    安心しました。

    リニューアルしてからというもの広い駐車場を完備しているので
    警察の取り締まりを恐れる必要はなくなったのかと思います。

    この日は時間がよかったのかどうかはわかりませんが
    15分程度で入り口にたどり着くことができました。

    そしてるみばあちゃんはカウンターの前で何をするでもなく
    店のマスコット的に椅子に座ったままで観光客や行列に並ぶ人と
    楽しそうに会話をしていました。

    入り口からの手順は下記の通り

    .................................・・・・・・・・・・・・・・・・
    1:入り口にて【釜揚げ】【冷ぶっかけ】により
    右に並ぶか左に並ぶかどうかを選択

    2:カウンターにてうどんの受け取り

    3:カウンター脇にある天ぷら等のトッピングをチョイス
    (うどんに入れるのは自由)

    4:会計レジへ持っていく

    5:レジで冷用のダシ かけダレがあるので好みによってかける

    6:うどんを手にテーブルへ持っていく

    .................................・・・・・・・・・・・・・・・・
    1について自分の時は外は寒かったのですが、冷を選択する人が
    多く、逆に釜揚げを選択をする人は少なかったので結果、行列の後ろに
    並んでいた方でも釜揚げを選択した方は早い順番で食べれていたようです。


    2に関しては
    うどんの茹で数量やタイミングにより、3分程度の違いが出てきます。
    よって店の人は行列に並んでいる人をカウントしていなかった?!
    のでペアで来ていた人でも数量によっては1人はすぐ食べれても、1人は
    次のうどんが茹で上がるタイミングまでまたなければならなかったりしていました。



    3 卵に関しては天ぷら等のトッピングとは別になります。
    レジへもっていきレジの人に“卵は入れますか?!”と聞かれるので
    希望を出します

    4 かけダレに関しては大体3~4pushすることをオススメしているようです



    (メニュー。やすすぎる)



    【注意事項】
    ▼混雑時(混雑しているときしか知りませんがw)はうどんの玉は
    一人一玉限定となります。

    ▼テーブルは外のみです。よってそれを想定した格好をした方がいいと思います

    ▼上記にも書いてますが人数のカウントはしないので団体で来ていても
    麺の数量によっては容赦なく途中で分断されてしまいます。


    今回の香川讃岐うどんめぐりとしては
    池上もり家長田in香の香彦江製麺所へ伺ったのですが
    うどんとしての印象は一番あったと思います。CPとしてももともと讃岐うどん
    自体途轍もないCPですが、一番高かったと記憶します。

    ほどよい麺のコシ、ダシ全てにおいてトータルバランスが
    すばらしく、これで200円とは圧巻です!



    ここはマスコットであるルミばあちゃんのキャラクターで行列が出来ていると
    思っていたのですが決してそうではなく味も伴っていてこれだけの
    行列が出来ていることなんだと今実感します。

    一番最初におなかに入れたうどんとしてはレベルが高すぎましたが
    一番最初であるがゆえ、それだけ感動できた味なので前向きに今は考えることにしますw


    Powered by ScribeFire.


    [20071123]

    昨今の報道で日本人はミシュランに弱いということが浮き彫りに。
    ミシュランの数だけを追い求める日本人が目に浮かぶ。


    そしてこれから自分は関西方面に向けて出発します。

    向かうのは 奈良・神戸・香川・愛媛・高知 という感じ。

    ミシュランでは永久に取り上げることのないであろう
    そんな店を自分の足で見てくるつもりです。



    Powered by ScribeFire.



    2007-11-23(Fri) 14:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20071122]

    水道橋は学生街ということもあり飲食店が多く
    しかもコストパフォーマンスが高いという印象
    とんがらしとかは圧巻ですね

    今回行ったI―Kousya
    水道橋から歩いて2分程度と駅近のお店でとても便利。




    店内は外観のイメージと反し広く
    むしろもっとテーブル等置けてしまうんじゃないか?!って思ってしまうほど。
    喫煙、禁煙が選択できるので禁煙の自分としてはとても有難いサービス。
    ------------------
    ・ツナサラダ
    ・ポテトフライ(L)
    ・チリバーガー
    ------------------



    ツナサラダが到着するまでに結構かかりました。
    ポテトフライですがLを注文しましたが
    他のハンバーガーショップではMくらいのサイズでしょう。

    お腹はすいていなかったので特に気になりませんでしたが
    普通の時に行っていたらちょっと残念って思うくらいのレベルですね。



    味は衣少なめのじゃがいもダイレクト系のポテト。個人的にはそこまで
    好みではないのですがそれなりに美味しかったと思います。



    遅れてチリバーガーが。


    イメージとしてはベーカーバウンスよりもやや小さめ。
    バンズがふっくらしているのが印象的です。

    バンズは写真にもUPされているように
    上と下と分かれてくるTYPEのハンバーガーで
    食べた時に中の具が外にこぼれないようペーパーが
    サービスしてくれるのがとても好印象でした。

    味は悪くないと思います。
    ただどうもバンズのふっくらした感じと中の肉の噛みごたえの相性が
    ちょっと悪いような気がしてしまいました。

    ハンバーガーの種類がたくさんあったので是非もっと色んなバーガーに
    チャレンジしてみたいところです。



    2007-11-22(Thu) 18:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20071120]


    物事も一つの側面ではなく複数の側面が見る事ができるし、自発的に相手に対して
    見せることができたら尚、良いことだと思う。



    昨日いつも行ってる美容室主催のイベントが
    近所であるということで会社帰り、代官山UNITへ自転車で向かった。

    一緒に行く予定だった相方が急遽これないということで
    1人でイベントに。
     
    ちょっと迷ったが、社会人になってからというもの
    制約される環境下、興味があるものに対して更に貪欲になった気がする。
    実際、行ってみたら、ビール片手にHiな音楽があれば
    怖いものなんてなかった。
     
    美容室というティーンの避雷針のように
    流行を敏感に受け取り、それを自分の視点を通して
    流していくことを生業としている業界が主催するイベント






    Bloc de l'echo (ブロック ドゥ レコ)】
     
    このイベントのコンセプトである
    独創性あるARTIST、この人選ができるのは美容室という
    流行をうけとることが死活に関わってくる
    最前線に立つものだからできる視点なのだと思う
     
    床屋に始まり、流行への感度が高い人の為に
    成長してきた美容室が、
    イベントプロデューサーとして変貌してきた。
     
    一つの業態から多角的な視点で
    僕らを楽しませてくれました
     
     
    近くで自分と一緒にずっと踊っていたスタイリストの高木さん(手前)
    とノリノリのblocのアシスタントさん(奥)

    高木さんはレンズなし眼鏡で蝶ネクタイというヘンテコな格好。
    でもこれを着こなすのはさすが美容師さんですね
     
     
    暗くてよく見えないですが
    いつもお世話になってるbloc店長のマイコさん(真ん中)

     
    だーーーいぶ酔ってたから忘れてるかも。
    今度店に行った時はイベント自分が言ったことは言わないでみようw
     
     
    FPMの田中さんのDJの様子

     
    登場していきなりDJテクニックを見せて
    会場を沸かしていました。
     
    こういうエレクトロ主体のティーンズ系イベントは2年ぶり?!くらい
    だいぶ自分も大人になりました。
     
    でもパワーもらったからまた是非行きたいと思います。













    Powered by ScribeFire.



    2007-11-20(Tue) 18:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20071115]

    秋の塩原



    紅葉が最盛期を迎えていた。

    その名も【日塩もみじライン】という
    道路を通ったのですがまさしく、もみじのトンネルのよう


    もみじトンネルの頂上にある温泉の一つ
    むじなの湯


    通りから、長く細い階段を下った先にある温泉

    たぶん、ここに行こうという意志がなければ普通に通り過ぎてしまうだろうな。。
    本当に秘湯って感じの温泉です。


    外観は地域の公民館のような感じ


    中に入ると先客が1名いらっしゃいました
    でもちょうど出られるところで、終始自分ひとりで独占状態。





    白濁の温泉
    臭いはさほどきつくない
    鉄分も色の割りにはさほどないように感じられました。




    出た時にちょうど近くの旅館に宿泊されていたような団体客と入れ違いになり
    本当にタイミングが良かったとちょっとラッキーな気分でした☆




    Powered by ScribeFire.


    [20071113]

    先週末はひさびさのサークル時代の仲間と飲み。
    三茶の焼肉屋へ行きその後、浦安から最近下北に進出してきた
    というSスケの家にて飲み直し




    引っ越したという家に行ってみると先々週訪れた
    スープカレーの店・マジックスパイスから目と鼻の先
    なかなかいいとこに引っ越したじゃねーか


    三茶から下北への道中
    何を発端にそうなったのかわからないが
    みんなで【SAW】を見ることになった
    多分mちゃんがまだ見たことないってことだったと思う


    自分はもう3、4回見ていたので
    コレといって発見はないんですが、やっぱエグさ・痛々しさを
    アメリカ映画的なドーーンって感じではなく、
    小出し、小出しして心の底から恐怖を感じさせていくあたり
    何回みてもハラハラさせられます。。。

    女性陣もやられてたみたいです。




    んで、なぜか分かりませんが
    今回の鑑賞会での討論の結果、
    オレは彼に似ているそうです。










    吸い込まれるような黒い大きな瞳















    勇ましく自転車をこぐ姿がカッコイイと

















    風をきる長い髪の毛













    貴方の元へ・・・・






















    それは







    おーーい人間じゃねーし!!



    しかも前髪若干ハゲてるし!!




    ほっぺたナルトみたいだし!!





    命名したy氏





    で、でも



    悔しいけれど納得してしまいます。。。





    Powered by ScribeFire.



    2007-11-13(Tue) 12:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20071102]

    天気の良い10月

    朝6時 

    早起きして木々も色づき始めた栗山

    紅葉狩り





    旨い飯と美味い景色


    けれどまだ7分程と言った感じかな。






    ちょっと早かったかもしんない。



    そして季節、季節の栗山の絶景が見渡せる
    自分の高校時代からのお気に入りの温泉へ


    ここはそこら辺の温泉と違って
    山奥にも関わらず朝8時から入浴できます





    朝のキレイな空気をすって
    木々が1年で1番耀く(人間的主観)この季節の山を
    目の前に体を流すと、体の中を循環する空気を全てマルっと
    入れ替えられたような感覚



    そして入浴後は
    車を飛ばして『花の季』へ

    愛して病まないココの

    ワンタンメン+チャーシュー



    この日はいつもの女将さんが不在でした。
    畑仕事にでもいってたのかな?!
    でも代わりにいつもラーメンを持ってきてくれるお兄さんが
    しゃべりかけてくれました。


    そして更に飽き足らず

    8010


    フルーツサンド

    最近はフルーツサンドの為だけにしかここのお店に
    足を運ばなくなってしまいました。それだけここのはウマイ。



    秋はやっぱ山ですね。











    Powered by ScribeFire.


    [20071101]



    先日うちの従兄弟の結婚式があり
    父親が参加の予定でしたがあいにく都合がつかず
    父親の代わりに出席することになりました


    教会で式を挙げ、渋谷クロスタワー32fへ移動

    フレンチの鉄人・坂井シェフのお店【La Rochelle】にて披露宴





    乾杯は花嫁の誕生石アクアマリンカラーのカクテルから



    前菜はフォアグラのコロッケ




    大きながゴロっと
    こんな大きな鮑を食べたのは初めて



    さつまいもの冷製スープ
    食事と食事の間に甘味を入れ、ひと休み




    メインは牛フィレとフォアグラのステーキ


    まさに王道とも呼べる貫禄の味で美味しく締めました。




    うちの従兄弟は父親が2人兄弟で少ないのですが
    母方が4人兄弟ということもあり、母方の従兄弟だけでも
    11人もいるような親戚関係

    さらにうちのじいちゃんは9人兄弟ということで
    正月ともなればものすごい人数の親戚が一同に集まっていた
    ような状態でした。


    それだけの親戚が集まれば従兄弟同士も
    かなり騒がしいことになり、現在じいちゃんを筆頭に
    親戚の数は少なくなってしまったものの相変わらず
    年に1回は従兄弟だけで集まってスノボにいくような仲の良い感じです。


    そして今回はその11人の従兄弟の中では2番目に年齢が高い従兄弟の結婚式。


    従兄弟の中では3番目に結婚することになりました。


    従兄弟はしばらく会っていなかったので
    何をやっているのかわからなかったのですが
    現在はTVの大道具の仕事をしているのだそう。


    相変わらずスラっとした長身と細身のイケメンで
    素敵な奥さんをGETしたようです。


    結婚式はいろんな家族ドラマの集大成のようなもので
    ホロリとくる場面もありました。

    末長くお幸せに。。





    Powered by ScribeFire.



    2007-11-01(Thu) 10:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。