然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20080329]



    ふくらむ
    ふくらむ
    スポンサーサイト


    2008-03-29(Sat) 13:02 | トラックバック(0) | コメント(2)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20080328]

    三仏寺を後にした僕は
    島根方面へと車を走らせ、大山の麓、東高尾観音寺を伺った。
    辺境とも言うべき、山間にたたずむお堂。


    予約をしていたので安心して訪問したのだが
    電話に対応してくれた人がおらず、ダメかぁと半ばあきらめかけていたら
    本堂の横に個人情報丸出しの携帯電話への張り紙を発見。

    電話をかけて3分少々待っていると軽自動車に乗って70ほどの老人が出てきた。

    携帯電話の張り紙があるから大丈夫だろうと思った”というなんとも田舎の人らしい
    テキトーな感じもまた地方のよさなのかな。とちょっと微笑ましかった。


    本堂の非常ベルを解除し
    収蔵庫へと案内される。

    が収蔵庫のベルが解除しきれておらず
    収蔵庫をあけた途端にガラガラ~!!とデカイ音に僕も老人も
    ビックリして慌てて停めにいった。

    鳴り止んで“ビックリしたじゃろ~!”と
    ハプニングすらも楽しんでしまう老人がなんともお茶目だった。

    ホッと一息ついて収蔵庫中へ

    収蔵庫を開くと決して狭くない収蔵庫にも関わらず
    座る場所もない程に埋め尽くされた仏像の数々。


    そのほとんどが風化し
    また廃仏毀釈や信長の影響によってボロボロになった
    仏像達だったがその中心に鳥取県の重要文化財3体のうちの2体である仏像がたっている。



    重要文化財ではあるがどちらの仏像も体の一部を失っているものの
    地方仏の良さそのものを象徴する像であることはすぐに感じとれた。


    木造千手観音

    檜材で造られた一木造り。長身でほぼ直立した動きの少ない像容と少し抽象的な顔立ちを
    示すきわめて古様な姿で奈良時代~平安初期にさかのぼる。




    木造十一面観音

    頭と体の均衡は整っているが衣文の彫りは総じて浅くなっており
    製作年代は千手観音よりもあたらしく平安後期頃と推定される。



    どちらの像も本当に素晴らしい像だと思った。
    僕は千手観音に惹かれずっと見ていると老人は“十一面も素晴らしいじゃろ”と
    “こっちもいいだろ?!”ということを促してきて本当にどちらの仏像も愛しているんだな
    ということがヒシヒシと伝わってきた。

    「これまで歩み来た人生も、妻の郷里の観音様のご加護。
    この観音堂をお守りするのが自分の努めと信じ、最下位の僧籍をとって堂守をしている」

    という住職。





    数々の破損仏とそれを護り続ける老人
    こういう寺はいつまでも残ってもらいたいなーーと思った
    本当にいいお寺でした。

    [20080327]

    三仏寺にて
    Hiphopユニットを発見




    シンボルマークは深い赤ニット帽




    蛇のマイクを片手に
    目を閉じ、静かに
    地蔵lyric
    を語り出す

    Vo.





    DJはターンテーブルをまわしながらも
    観客がしっかりと自分達の音楽にしっかりついてきているか
    チェックすることを欠かさない












    Say hooooooooooooooo!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!









    [20080327]

    2007年11月14日には約100年ぶりの修復を記念し
    1日限り3人のみの拝観が認められた投入堂があることで有名な三徳山三仏寺

    三徳山の山名は
    「法身(美しい)」
    「般若(にごりのない)」
    「解脱(働きのある心)」の3つの徳に由来するそうです



    念願かなって訪問できました。
    ただこの時期は雪がまだ積もっていて
    投入堂への道は閉ざされていた。

    投入堂は遠くから望遠鏡で覗いてみた。



    よって、下にある宝物館だけを楽しむ。
    超有名な蔵王権現


    片足をあげてる格好だけど
    どうやって立っているのか不思議だなーーー

    足のところをアロンアルファで・・
    もし本当であればCMに使えるぞ


    頭の冠が取れてしまって
    かわいそうな、実は十一面観音



    たぶん身を挺して守りたかったものがあるんだろうな・・
    毘沙門天の亡骸



    世界遺産に登録申請中とのことですが
    有名になりすぎたら山からの滑落者が続出しそうで
    三仏寺自身が登録を拒否しているという。

    投入堂に行くことができなかったのでちょっと消化不良ですが
    体が動けるうちに頑張っていきたいと思います!



    [20080326]

    鳥取市内から車で30分
    岩井温泉にある

    岩井屋 温泉旅館

    とってもいい香りがする温泉旅館だったな。
    開湯は貞観元年とされ薬師如来が温泉を湧出させたとの開湯伝説があるそうです。




    趣のある館内



    ステンドガラスが入って尚且つ自分一人で
    温泉を独占。ぷかぷかお湯に漂っていました。

    天井高いし、温泉館内に広がるお香の香りは
    数時間電車の中でキツキツになった体と車を数時間運転した
    体の疲れを、ほろほろと溶きほぐしてくれました。




    温泉から出て、鳥取から西の倉吉の町へ
    倉吉の町を車で寝床を探してさまよっていると
    大きな青山のプラダのような建物を発見。





    青山プラダ


    どうやらここは二十世紀梨記念館という場所で
    梨をテーマとした我が国で唯一の展示施設。

    と、いって近づくと
    どうみてもガンダムやらエヴァンゲリオンの出撃基地のような
    モビルスーツの量産施設のようなところでだった。



    梨とどう関係があるんだろう・・・・

    [20080326]

    仁風閣(じんぷうかく)は鳥取県鳥取市にあるフランスルネッサンス様式の西洋館



    仁風閣という名前は元帥海軍・大将東郷平八郎が命したものみたいです。




    館内は仁風閣にちなんだものが並んでます。

    最近行ってる歯医者で使っているような器具が並んでいて
    歯がズキズキ痛んでくるようです・・・w



    明治時代の様式便所



    中に砂を入れて捨てていたそうです。
    小便はどうするのかな・・???



    そそり立つような螺旋階段



    下からみるとグイーーーっとなってますが
    上からみると意外にフツーの階段なんです。


    そしてこんなものも・・・



    こんな演出もイキですね。




    [20080325]

    奈義町を終え、鳥取市へ

    少しお腹がすいていたので
    評判の店、鯛喜へと向かった


    え?!って思うくらいびっくりするような店構え。



    海の家のような店舗で訪問時は失礼ながら
    何度も店の前を通り過ぎていた。


    目印は鳥取砂丘のリフトの下。


    ■女将さんの人柄には感動もの

    とにかく女将さんの人柄に癒されました。
    サービスでもさ海老を塩焼きで遠くから来てくれたからとか。

    道で迷っていると電話で伝えると
    店の前でたって待っててくれていたりとか。
    本当にあったかくなるような接客にホッとすることができました。


    ■凄いCP

    上記のとおりサービスもしてもらったせいもあるかもしれませんが
    それを抜きにしても凄い海鮮丼が食べることができました。



    1300円のちょっと豪華な海鮮丼を食べたのですが
    中トロ、子持ちヒラメ、活タコ、アジ、サヨリ、ブリ、甘海老、赤貝、カニ・・
    たぶん思い出せないものもたくさんあると思います。
    僕の概念から言うとちょっとどころではない豪華さの魚介がこんもりと
    乗ってきました。


    そのほか、ふぐ刺しも注文しましたが
    分厚いフグが1,000円で食べれてしまって、
    これで海老もおまけしてもらったし、もう大満足。





    この地方 特産物 もさ海老


    女将さんが遠くからきてくれたから。。と言ってサービスしていただきました。

    おなじく、もさ海老の刺身も美味



    食後は目の前にある鳥取砂丘
    スケールが広大すぎて人が蟻んこみたいだ。


    砂丘の頂上へ登ったけれどもう風が凄すぎ!
    これこそ 日本海!サブちゃんが似合います。



    あまりにも広すぎたためから楽しくなってしまって
    とりあえずダッシュしてみましたw




    [20080324]



    品川駅を23時に出発し

    名古屋⇒大垣⇒米原⇒姫路 

    と移動。

    姫路から車で岡山県奈義町へと入りました。
    奈義町の中心部、、といっても
    近くには陸上自衛隊の演習場とかがあったりするのですが
    ココに奈義町現代美術館があります。






    奈義町現代美術館は磯崎新よって設計され、平成6年4月25日に開館。

    HPより---

    太陽、月、大地と名付けられた、3つの展示室から構成され、
    この土地の自然条件に基づいた固有の軸線を持っています。


    「太陽」の軸は南北軸、「月」の平坦な壁は中秋の名月の
    午後10時の方向を指し「大地」の中心軸は、秀峰那岐山の山頂に向かっています。

    ----



    太陽を題材にした円柱型の奈義町美術館のシンボル。

    外からはただのオブジェですが美術館の中から入ると
    歪んだ日本庭園が広がります。




    日本庭園なのに、庭園は壁面に位置し
    日本庭園なのに、真ん中には懐かしいシーソーと鉄棒。


    思い切って逆上がり!・・・と思ったけれど
    さすがに体がついていきそうになかったからやめてしまった・・・

    僕はここに来てなぜか
    これを連想してました。。




    僕の青春 90年代を代表するアーティスト。
    ファンクラブに入ろうと資料を請求したこともあったっけな。。


    [20080323]

    先週は西へ旅だっていました。

    今回の旅は 島根・鳥取・岡山・香川・高知・滋賀

    簡単に報告。


    【1日目】

    品川 (夜行快速列車で出発)

    姫路 (列車からおりてレンタカー。なんと4日間15,000円!)

    岡山県奈義町現代美術館 (磯崎新建築の美術館)

    鯛喜 (海鮮丼 豪華すぎるし 女将さんいい人だったなぁ)

    鳥取砂丘 (大パノラマ!風強すぎるわ!)

    仁風閣 (昔の貴族の大便容器はじめてみた!)

    岩井屋 旅館 (いい香りがする旅館だった)

    倉吉 (ガンダムの出撃基地みたいな建物があった 1日目就寝)


    【2日目】

    株湯 (三仏寺の近くにある狭い上に 大人気の大衆浴場)

    三仏寺 (投入堂は雪の為閉鎖。遠くから見た。蔵王権現と対面。地蔵Ashがいた)

    東高尾観音寺 (重文の千手観音が良かった。管理人の住職が適当過ぎるw)

    植田正治写真美術館 (大山の麓の美術館、写真もさることながらロケーションが気持ち良かった)

    八雲 (出雲蕎麦は楽しいな!)

    出雲大社 (お金は1発で埋めた!)

    出雲市役所 大社文化プレイス (ガンダム出撃基地2)

    出雲湯村温泉元湯公衆浴場 (川の近くでトロロ湯)

    岡山県 倉敷 (蔵の街 倉敷)

    高田屋 (古民家 焼鳥)

    香川 丸亀市 (2日目終了 マン喫で毛布がないよ~)


    【3日目】

    蒲生うどん (讃岐うどん1)

    山越うどん (讃岐うどん2)

    田村うどん (讃岐うどん3)

    香川県庁 (都庁と同じ 丹下健三)

    仏生山温泉 (グッドデザイン賞を受賞してます)

    屋島寺 (僕のルーツ?!)

    猪熊弦一郎現代美術館 (現実こそアート?!)

    長田 in 香の香 (讃岐うどん4)

    高知 (初高知)

    ひろめ市場 (カツオのタタキ食べた)

    善通寺市 (3日目終了)


    【4日目】

    財田町 環の湯 (おじいちゃんに大人気の湯)

    はまんど (讃岐はうどんだけじゃない!)

    姫路 (レンタカー返却)

    滋賀県大津 (県庁所在地ですよね?!)

    滋賀県立琵琶湖文化館 (閉館間際で仏像出欠大サービス!)

    [20080319]



    一体の仏像を巡るお金の駆け引きがようやく終結しましたね。

    運慶の仏像に12億円超=三越が落札、海外流出回避-NY



    結局のところ、三越が当初想定されていた落札金額2億円の6倍にも及ぶ12億円という
    巨額のお金を積んで落札しました。
    これで海外への流出がなくなって一安心、というコトなのでしょうが
    一体誰がそんな巨額なお金をこの一体の仏像に投資したのでしょうか。

    と、いうのも三越が発表した内容によると

    「お客様からの依頼で落札を代行した。日本人のお客様だが、詳細は言えない」

    とあります。つまり落札した人物は“個人”という可能性が高いというコト。
    12億円なんて大金を仏像に投資できる個人なんて日本にどれだけいるのでしょうか。。。
    もしや不空さんかな。。。w

    日本もまだまだスケールの大きな人がいるということが分かって
    やるじゃん!って思った反面、
    もし僕がこの大日如来だったなら、
    海外に行きたかったなぁなんて思っていそうで、本件については色々と
    想像を膨らますとワクワクしてきちゃいますw


    今日はこれから、鳥取&島根に出発します。
    山陰地方は初めてなのでどんなコトが待ち構えているのだろう。。




    2008-03-19(Wed) 15:19 | トラックバック(0) | コメント(2)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20080317]

    ヒルズへ今話題の
    コーエン兄弟監督作品 「ノーカントリー」を見にいった。

    アカデミー賞 総なめの話題作ということもあり
    広い館内の全ての席が埋まる盛況ぶりだった。




    【シネマカフェより】
    ------------------------------------------------------------------------------------------
    狩りの途中で偶然、大量のヘロインと200万ドルという大金を見つけた、
    ベトナム帰還兵のモス(ジョシュ・ブローリン)。金を持ち去った瞬間、
    彼の運命の歯車が大きく狂い始める――。

    法と正義を信じる年配の保安官・べル(トミー・リー・ジョーンズ)や
    警察を巻き込みながら、執拗に追ってくる謎の殺し屋・シガー(
    ハビエル・バルデム)から逃げるモス。果たしてモスは逃げ切ることができるのか? 
    ベルは危険に瀕したモスを救うことができるのか? 
    そしてシガーはモスを射止めることができるのか? 
    3人の男の思惑と自信が絡み合い、意外なクライマックスを迎えることとなる…。

    アメリカ西部、テキサスの町を舞台に、鬼才・コーエン兄弟が放つ、ドラマティックな犯罪スリラー。
    ------------------------------------------------------------------------------------------


    ■非常にviolenceな作品 でも 無声映画を淡々と見て行くような感覚

    アントン・シガーが誰彼かまわず惨殺していくも
    テキサスの自然、そしてシガー自身が
    感情の起伏を見せることなく人間を殺していく様相。

    日本映画でいう、バトルロワイヤルのような映画とは全く対象的な、
    バイオレンス映画としては初めて感じる作品でした。




    ■アントン・シガー(ハビエル・バルデム)の個性

    出会った人、例えばふらっと立ち寄った店の店員をコインの表裏で
    殺害していく。不条理な質問をなげかけ、少しでも自分の意図にそぐわない
    回答をするとすぐ殺す。骨が折れても、足に弾丸がささっても公共機関は使わず
    必ず自分の手が蘇生させようと試みていく。

    とにかく常軌を逸したキャラクター。
    ルックスも巨漢におかっぱ頭、ギョロっとした目とかなりヤバイ人物像でした。


    ■クライマックスは羅生門?!

    先にはっきり言っときます。見ると後悔します。
    なぜならエンディングがなんとも言えない状態で終わるので。

    え?!ここで終わり?!

    羅生門のように余韻を残して終わっていくので
    映画館全体にクエスチョンマークが付いたような感じ。

    見る人のイマジネーションで 見てよかった、見て後悔した
    それぞれの評価が付くと思います。





    オレは最終的には後悔している気持ちもあるけれど
    上にも書いてある通り、初めて見る感覚の映画だったので
    トータルでは ○

    だんだん暖かくなってきたので外にどんどん飛び出して行こうと
    思ってます。

    何か面白い映画ないかな~?

    [20080317]

    ネットでこんなの見つけました。





    この人も登場してから20年以上経つ訳なので
    本当にいたとしたらこんな感じになっているんでしょうね。


    でも、本当にいたらイヤダ。。。



    2008-03-17(Mon) 11:12 | トラックバック(0) | コメント(4)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20080307]

    依存というのはこういうことをいうのか?
    自分の気がつかないうちに体を侵食していく。。。

    もうソレなしでは体が落ち着かない。

    先週、オレの家に泊まりに来た
    手塚には散々

    煙草に依存しているお前はバカだ

    といい続け最終的には“ゴメン”って言わせたばっかりなのに
    結局今週になって自分自身で依存しているってこと分かったよ。

    思い出せるのが先週の土曜日からなので
    こんな感じ

    -------------------------------------
    土曜 :次念序   (鴻巣)
    日曜 :とかの   (佐野) 
    月曜 :砦     (渋谷)
    火曜 :べんてん  (高田馬場)
    水曜 :弘富    (八王子)
    木曜 :つけ麺TETSU (品川)
    -------------------------------------


    まー分かると思うんだけど、ラーメンっす。



    特に昨日食べた弘富に関しては
    つけ麺食べた後にラーメンを追加注文してしまう始末。

    先週も思い出せる範囲内では横浜や
    大崎の六厘舎にも並んだ記憶があるので
    ココ最近とんでもなく消費していると思います。。

    恐ろしい魔力だよ。。。
    でもウマイんだもの。


    たぶんコレを同期が見たら
    散々非難されるだろう・・・というのは承知の助


    そんな僕の体調バランスは
    ネイチャーメイド マルチビタミンな訳で
    この茶色のボトルがなかったら、たぶん体おかしくなっちゃうんだろうな。



    白い小粒の彼。
    小さいながらにいい仕事してくれます。




    2008-03-07(Fri) 00:26 | トラックバック(0) | コメント(3)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20080303]

    会社の休憩中に近くの書店で見た雑誌に
    青森県 十和田市に新しい美術館が完成するとの1文があったので調べてみたんだ。

    すると2008年 4月26日に十和田市現代美術館がopenするそうだよ。




    もうすぐ完成だからイロイロと
    形になってきているみたいだけど
    今回の建築設計は西沢立衛

    妹島和世と共にSANAAを設立して

    *金沢21世紀美術館



    *熊野古道なかへち美術館


    なんかを建設してきた人。

    自分の印象としては基本的に透明感のあるガラスなどの素材を
    使って、周囲との調和を意識した建築物を作っている印象。

    開かれた建築物を作って
    周囲の人、環境を建築物に巻き込もうという意図を僕は感じている。

    今回西沢さんの個人名にて名前が入っているのでSANAAとは
    独立して作っているっぽい。

    大分も個人的には凄いよかった場所だけど
    青森もかなりいい場所だと感じている。

    青森に限らず東北は本当にイイトコロだと思うけど
    その東北にあって青森は現代のイヤなところは進出してなくて
    でも、いい部分を現代の形で表現している場所が多く、自然と文化の調和が
    とれてて、ちょっと遠いけど昨年訪問して本当にいい場所だと僕は感じた。

    温泉もたっっくさんあって且つ、秘湯も多い。
    日帰りじゃ絶対ムリだからゆっくり時間をとってまわってみるといいと思う。
    青森は本当に広い。

    土地の広さじゃなくて中身の濃さ。

    1回青森にも1週間くらいはステイしてみたいな~なんて思ったりする。
    でも津軽弁は日本語か?!って思うくらいリスニングが大変だから
    コミュニケーションが大変そうだな~

    あ、津軽弁で思い出したのだけど
    面白いアーティストに注目しているのでご紹介させていただきます。

    彼女の名前は 伊藤君子


    香川県小豆島生まれ。
    美術大学卒業後、ポップス演歌歌手としてデビューした異例の経歴のシンガーなんだけど

    去年2007年9月に発表した「JAZZ DA GA ? JAZZ DA JA ! 」という
    アルバムを聞いた時、強烈なインパクトを感じたんだ。



    このアルバムは4年前の「津軽弁の日」に招かれた
    伊藤君子が是非スタンダード・ジャズを津軽弁で歌いたいと伊奈かっぺいさんに相談し
    共作した作品でJAZZの名曲が津軽弁でアレンジされ JAZZの新境地に挑んでいる

    The Sound of Musicより
    My Favorite Things
    のアレンジ



    こうやって聞くと津軽弁のユーモラスさが
    うまくJazzに取り込まれ、渋くてカッコイイ!!っていうJazzとはまた
    違った 土臭くて、不器用なりに自分のスタイルでJazzを楽しみたいという
    “学び”ならぬ“真似び”が上手い日本人らしい一面を
    このJazzのアルバムに感じることができるような気が僕はしたんだ。

    伝統的な地方音楽を今の音楽に取り込んでいこうとする
    吉田兄弟でおなじみの津軽三味線のように この津軽という地方には
    もしかしたら日本発で世界に発信できるような文化が潜んでいるかもしれないな。



    今すぐ行きたいけれど青森は今頃
    雪に閉ざされているだろうから
    春が来るのを心待ちにしようと思う


    2008-03-03(Mon) 18:18 | トラックバック(0) | コメント(2)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20080303]

    久しぶりに水戸芸術館に行って来た。

    埼玉県北鴻巣の次念序という大崎・六厘舎の暖簾分けの
    つけ麺を食べてから雨が降ってくるかな~っていう天気の中
    埼玉から水戸までずーーーっと50号を走ってたどり着いた。

    目的は宮島達男 の最新の個展“Art in You”を見るためだった。

    宮島達男の作品は今までイロイロ見てきたけれど
    今回の個展は今まで “反戦” “余命” というようなシリアスなテーマ
    作品が多かったような気がしていたんだけど
    今回の作品展は

    Art in You”(あなたの中の芸術作品)
    にも現れるように コミニケーションツールとしての芸術って感じがした気がするよ。



    宮島さんの作品で言えばデジタルカウンター
    だけど、今回はただの数字っていうよりも
    宮島達男という人物のシンボルorマスコットキャラクターのような使われ方を
    しててまた違ったアプローチをしていたのが印象的だった。




    別フロアでは飯田淑乃展というものがやっていたんだけど
    この人、結構ヤバかった。

    様々な地方にいっては仮想のご当地アイドルをして
    CDまで販売してしまうというかなりサイケなアーティストだった。


    ※名古屋のご当地アイドル 大須あかね


    今回は水戸にちなんで納豆おねえさん“なっちぃを歌うゆかりおねえさん”だった。


    得体の知れないキャラクターだったけどなんかかわいかった。

    ※ちなみにブログを発見

    ごけんゆかりの納豆食べてる?

    ブログを見ると酒に関するエントリーばっかりだ!
    納豆はドコ・・・?!

    ちょうどこの日は高校生の卒業式

    芸術館には男女10人くらいの花束を持った高校生がいて
    水戸芸術館の象徴であるタワーの周りで缶蹴りみたいな遊びをしていた。


    天気もとっても良くて
    高校生最後の日を缶蹴りして楽しくお別れ・・・とは
    なんとも青春っぽい感じで
    見ているこっちが照れてくるようなそんな気分だった。


    ちなみに自分の卒業式は
    号泣しすぎて目がパンパン腫れた日だったw
    恥ずかしいけど
    それだけ印象に残る日だった!

    みんな元気だろうか???


    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。