然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20080531]

    自分のまわりでひそかなブーム

    キーワードは『ヒャダイン』※あとヒャダルコ


    作詞・作曲・アレンジ・歌・ 時々グラフィック
    ほぼ一人?!

    まだまだ謎の多い人物ですが、彼の影響を受けファイナルファンタジー4を
    購入しようか本気で悩んでいる。。。
    会社の同期はすでに購入したようですが(w


    この前このブログでもちらっと紹介したけど
    特に昔ゲームをやっていた人にはおすすめの動画なり☆





    「はじめてのともだち」に絵をつけてみた。



    DQ 2,3,4のほこらで、一人アカペガ 【ヒャダイン】

    スーパーマリオでウエスタンショー



    FF4で、ゴルベーザ四天王登場!に絵を付けてみた(STEREO)



    DQ3で、曲を作ってみた


    CRASH!! (Let's do it) (English subs)



    スポンサーサイト


    2008-05-31(Sat) 01:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20080530]

    やっぱ暇があると
    ついつい来てしまう

    喜多方⇒山形
    のコースはラーメンと温泉と両方を一辺に

    味わうことができるここ2年のブーム


    今回は喜多方老麺会の店2軒を梯子

    食堂【なまえ


    生江食堂というのも喜多方にはあるのですが
    今回はひらがなの【なまえ食堂】を訪問。





    喜多方にしては太麺は珍しいのですが喜多方の太麺も
    コシがあってなかなか美味い。スープもスッキリ派なのですが
    ただのお湯にはなっていないので十分合格点なラーメン



    そして2軒目は喜多方ラーメンの中でも
    かなりの知名度を誇る【あべ食堂

    店先には喜多方老麺会の暖簾がしっかり(w



    出てきてビックリ!背脂がうっすら浮いていて
    これが喜多方ラーメンなんだ!とかなりびっくりしました(w



    背脂が浮いているのも去ることながら
    チャーシューもとろとろしていてかならこってり派の喜多方ラーメン。

    さっぱり派とこってり派の2派のラーメンを食べることが
    できて今回のチョイスははずれがなかったので
    よかった

    に、しても餃子がないのに
    テーブルにあったお酢はどういう意味だろう?!?!





    そして山形へ移動し
    蔵王の山を登る

    蔵王の温泉のレポートも書きたかったんですが
    この続きはまた今度時間があるときにゆっくり書きたいと
    思うのでまたあとで!


    あ、ちなみに今回もしっかり大阪へ
    飛ばされた同期の実家を拝んできました(w








    [20080529]

    よく名前だけは聞いていたんだけど
    なかなかいけなかったんです。。。




    元・ドロンズの相方が開いた店


    ちりとりに似た、薄い鍋からきたネーミング


    ホルモンがたくさん入っており
    甘辛いスープで煮て食べます


    思っていた以上に本格的な味付けで
    結構美味しかったですよ!

    店員のお兄さんのサービスもgood!



    2008-05-29(Thu) 19:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20080528]

    森美術館で開催されている
    英国美術の現在史:ターナー賞の歩み】展を見に行ってきました。

    これは過去のイギリス国内で最大の芸術の祭典
    ターナー賞を受賞してきたアーティストの作品を一同に際した作品展




    別件ですが、森美術館に行くのは
    初めてで六本木ヒルズの展望台に上るのも初めてのことでした。

    あーーあれが自分の会社かーー
    あーーあれが青山霊園かーーー

    そして東京タワーは上るものではなく
    外から見られて初めて東京タワーの価値があるものだと感じました


    話を戻して 展覧会。


    金沢21世紀美術館で昨年展示をしていたイギリスの女装陶芸家?!
    グレイソンペリーの作品もありました。




    広い森美術館を利用してかなり多くの作品がならべられて、どれも個性的な
    作品。

    えっ?!これがイギリスで金賞をとった作品なの?!と
    戸惑うものばかりでしたが芸術は奥が深いもの?!

    こうやって考えさせるのも作者の中の芸術だったり
    するんでしょうか。。。


    自分としては分かりやすい作品が好みだったりするので
    牛が真っ二つに裂かれた作品

    デミアン・ハースト
    母と子、分断されて

    なんかはかなり印象的な作品でした。



    このような行為がいい悪いは別としてかなり鮮烈な印象を受けました。

    母牛の方は分断された真ん中を歩くことができるのですが


    ここがホルモンでここがタンで・・・・・

    と焼肉の勉強にもなる作品でした(w

    とりあえずたくさんの現代美術を見たいという
    人にとってはいい展示かなと思いますので、是非!


    [20080527]

    これまたちょっと前の話・・・

    自分の大学時代に在籍していたサークルの卒業パーティーが
    六本木にてありました。



    びっくりさせようと同期にも
    後輩にも誰にも何も言わずにいったのだけど
    ドアの目の前でさっそく同期一行と鉢合わせ。

    オレ誰にも誘われてないんだけど
    みんな集まっているってどういうことよ?!(w



    久しぶりのクラブだったので
    相変わらず汗たっぷり踊ってしまいました(w

    Showケースが終了し

    卒業していく者
    卒業を見送る者

    双方からの別れの言葉。


    金八先生にも負けない感動的な涙がたくさんありました。




    オレがいたときもそして今も
    まだまだ小さなサークルだけどダンスを通じて
    こうやって熱くなれるサークルであるんだなってことに嬉しく思い、

    またちょっと嫉妬心もありました。


    どんどん知っている顔が少なくなるけど
    ずっと熱くなれる人がたくさんいるサークルであってほしいと思う
    卒業生の一人でした。


    2008-05-27(Tue) 18:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20080526]

    ちょっと前の話だけど
    小学校からいの友達の試合があるというので地元の仲間数人と蒲田へ応援に行きました。


    試合というのは格闘技





    格闘技のことはよくわからないのでプライドとか修人とか名前が
    たくさんでてきてどれがどれか区別がつかないのですが
    たぶんK-1だと思います。


    自分のいた席が運の悪いことに
    敵陣営のドマンナカでなかなか大きな声で応援ができなかった
    のですが、心の中ではしっかり応援してました。


    すると、無事判定の末に勝利!


    終わったあとは近くの土間土間で
    勝利の美酒!


    自分のやりたいことをまっすぐ進んで
    結果も残してとてもカッコイイよかった。




    特に格闘なんてリスクもろ被り、
    ”体が資本”なんて言葉もありますが
    彼の場合
    ”体が人生全て”と言っても過言ではない


    到底、自分はマネはできませんが
    いずれ自分のやることも好きなことに直結する仕事ができればなぁ
    なんて思ったり。


    次は7月
    また応援に行ってきます。



    2008-05-26(Mon) 18:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20080525]

    六本木から麻布周辺を散歩
    そして見つけた洋食屋さん EDOYA



    昼間からビールを飲めるのも休日ならではだね


    日ごろの会社でのイヤなことを忘れて
    これがあるから頑張れるのか?!
    つらくても頑張っているからこんなにビールがうまいのか?!

    そんな尽きない考えごとをしながら
    アルコール誘惑に身を委ねていた。



    極上の洋食と一緒に

    豚ロースのしょうが焼き ¥1680


    ランチ限定のオムライス¥1580


    5月も終わります。

    すでに雨が東京を覆っています。





    2008-05-25(Sun) 18:01 | トラックバック(0) | コメント(5)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20080517]



    1泊2食付で4,700円という破格のプランを見つけ
    すぐに予約。

    GW明けすぐは草津のその先、群馬県 万座に今おります。




    そして、5月の半ば
    外の天気は “雪”




    こんな季節に“雪見風呂”ができるんだとビックリ!




    白い世界に
    白い温泉


    日本って本当に広いんだな~


    [20080516]

    3日目

    朝起きて、最初は青森県立美術館
    県立美術館ではちょうど昨日みてきた寺山修司の企画展




    地下がエントランスとなっていて
    エレベーターで地下に下がっていくのだが下がるにつれて
    エレベーターの中の照明がだんだんとトーンダウンしていく演出とかは
    さすがって思いました。




    行列の一番最初に並んだのでしばらく寺山さんの作品を
    独り占め!こちらの展示では美輪明弘が主演をしていた『毛皮のマリー』
    のセットや寺山作品のポスターを担当していた横尾忠則の作品なんかも
    あったり、寺山記念館よりもずっと展示作品が多かったのではなかろうか。。。

    なくなってからすでに25年ほど経過するのだけれど
    今見ても現代の作品と本当に遜色ない作品ばかりでただただ驚かされる。

    ちなみに青森県立美術館のエントランスの上に寺山さんが
    空を見てたっていた。


    そして前回同様に『あおもり犬』が目の前にドーーンとたっていた。
    地面からムクーーーっと出てくるそのさまは
    地天に持ち上げられ地上に現れた、トバツ毘沙門天のようにも感じた。




    前回訪問時には完成していなかった
    奈良美智『八角堂』も完成していた。




    青森県立美術館をあとにして
    青森の人気ラーメン店“華丸ラーメン”へ



    こちらのラーメンは県外の人はさほど知られていないのですが
    青森県内の人にはとても知られているというラーメン屋で行列もできるという
    人気店。魚介や昆布の風味が良かった。


    そして青森のラーメンをさらに追求すべく
    弘前へ移動し“たかはしラーメン






    焼き節ラーメンというのか。。
    東京の魚介系とは段違いの魚介節の香り。
    青森のラーメンは田舎っぽい大胆かつシンプルな構成で
    衝撃だった。

    いわしがスープの中を泳いでいるような味がした。


    おなかを満たし、大円寺


    重要文化財の阿弥陀如来
    力強い体格で結構イケメンな仏像





    ただ、こちらの寺は本堂にお守りや御札、ガイドブックなんかも
    売っているこじんまりとした寺には珍しい立派な売店があった。

    しかし、青森という場所なのか
    受付の女性はすやすやと寝息をただただ、たてていたのであった。


    そして汗を流すべく本日の温泉は古遠部温泉



    看板も大して大きいものがたっている訳ではないのですが
    峠道にかかる橋脇のジャリ道をガタゴトゆらしながら1kmほど
    走ると、スキーの山小屋のような感じで突然現れる。

    山道でこの時期は緑が青々としているにもかかわらず
    こちらの温泉の周りでは温泉の地熱と成分のせいで土が変色し
    黄色い酸化物があたりを埋め作り、違う世界観を出していた。

    これは・・・
    かなり期待。

    案の定、浴場に入ると



    そして、思いのほか予定していたスケジュールが
    早く完了してしまったので、八幡平の山々を越えて秋田へ移動し
    八幡平近辺の温泉で
    前回逃していた“玉川温泉”に足を伸ばし



    玉川温泉は日本一の強酸性の温泉
    大分の温泉よりも強い酸性で、レモン汁風呂
    出たあとは顔がツルツルしてて、女性にはかなりオススメの温泉です。
    局部がかなり滲みるので気をつけなくてはいけませんが(w

    そして今は盛岡へ入って
    最期の〆である冷麺を食べにぴょんぴょん舎の本店へ
    来てみた。



    [20080514]

    寺山修司記念館をあとにして
    昼食を。

    昼食はこの地方の特産であるお馬さん(笑)

    尾形屋というこの地域では有名な馬肉料理のお店へ






    馬刺しは身が引き締まっていて臭みがあるのかな?!と
    思って食べたんだけど臭みはまったくなくて
    タレがの“バリバリ君”がほんとうに美味かった★







    桜鍋



    馬肉の印象から馬肉は脂身がまったくない?!と思っていたけれど
    脂身が入った肉が入って、脂身も上質な感じがしました。

    で、このボリュームで840円って衝撃だった!!


    桜肉のたたき




    馬力丼





    馬、馬、馬 これで馬のように
    すばやく走ったりできるようになったらいいけどなぁ・・


    馬を食べ終えたのち今度は奥入瀬渓流をみに
    八甲田山の麓へ




    本当に素晴らしい渓流景観だった!

    栃木のゴツゴツした岩の間を激しく流れていく眺めも
    すごいが、こっちらは木々の間を 八甲田山麓から流れてきた
    雪解け水が、海へ流れていくのを喜ぶかのように
    ウヒャ~!と喜びに満ちた表情をして流れていた。




    山の木々もようやく蕾から咲き出すところで
    八甲田の春はこれからようやくって感じだった。



    それを証明するかのようにその後
    八甲田の中腹へ上ったときには道の両サイドにはテレビで
    よく見る“雪の壁”の光景が未だに残っており、楽しみにしていた
    睡蓮沼もいざ訪問してみるとこの有様。。。。

    そこまで計画していかなかったのが悪いんだけどね(笑)


    そしてこの日の温泉はダブル八甲田を代表する名泉!
    “蔦温泉”and“酸ヶ湯温泉”



    蔦温泉はアルカリ泉で
    湯船の底の床板の隙間からポコポコとお湯が湧き出る仕組み。

    群馬・法師温泉、秋田・鶴の湯温泉とおなじシステムだ。

    古くから伝わってきた温泉も訪問時は
    ちょうど男性開放時間ということで入ることができた☆ラッキー
    両方のお湯を堪能してしまいました。




    一方・酸ヶ湯温泉は千人温泉とよばれる大浴場は
    その名のとおり、今までみてきた内湯では一番の広さではないだろうか。
    おまけに硫黄泉、おまけに混浴!



    なにもかもが今までに体験したことがないスケールの温泉で楽しめた!

    いやぁ、自分が打たせ湯で一人楽しんで目を開けると
    となりに素っ裸のおばあちゃんが立っていた時は本当にビビった~!
    やっぱ貫禄あるわ~(笑)

    風呂あがりの名物 生姜味噌のおでん。これがうまーーい!



    明日は青森の最終日
    なかなか来れない土地だけに気合入れて回りたいと思います!


    [20080513]

    2日目

    朝起きて、八戸道を北へとひた走る
    途中は霧が発生したり、昨日は20度を越える気温だったのに
    高地のためか10度くらいの気温になってフロントガラスは曇りだすわ・・・
    大変だったな。

    十和田市にできた 十和田市現代美術館を訪問。
    なんと完成は4月26日
    つい先週できたばっかり出来立てホヤホヤの美術館。





    十和田市の中心部に存在しています。

    この地域を表す 馬の作品がシンボルとして玄関前にドーーンと
    置かれ、メカニックな蟻もあった。これはなんかこの地域と関係あるのかな?!




    9時に時報とともに入館~



    常設展は自分の好きなアーティスト、
    スー・ドーホーの作品もあってなかなか楽しかった。




    入って最初にあるリアルな外人おばちゃんは
    腕の血管の浮き出し感や、指のシワまで本当にリアルで
    怖かった。。。リアルなのはいいけれど縮尺があまりに違う。

    リアルさと大きさの感覚の違いが面白かった。

    そして企画展はオノ・ヨーコ

    犬を食うパフォーマンスを最近している先入観も
    あったので、それは考えないようにしようと前もって考えて
    作品鑑賞に臨んだんだのだけど、それを抜きにしても
    正直この人の作品は面白いとはあまり思えなかったかも。。

    こおろぎの作品なんかはもうちょっと見たいという風には
    おもえたんだけど。

    常設展が比較的面白いので、企画展だったというのが救いでした。




    十和田市現代美術館をあとにして三沢にある
    寺山修司記念館』へ移動。







    寺山修司は去年、青森県立美術館へいって寺山修司のブースを見た印象から
    ずっと忘れられないでいたんだけど、最近会社の後輩のYさんとの会話の中で
    ちょうどこの寺山修司の話題になって、この連休を青森ですごすきっかけになった
    のがこの寺山修司でした。







    期待していたとおり記念館の内容は寺山一色で
    寺山の作品から生い立ち、最期までかなり存分に楽しめた。


    まさにアングラ。
    ちょうど自分が生まれたちょうどその年に亡くなった人の作品とは
    全く思えない作品ばかりでした。

    インタビューは必見!
    ちょっと危ない作品ばっかりだけど(笑)
    寺山さんの凡人ではない具合がなり色濃くでてきます。



    [20080512]

    動物好きに この画像は痛い・・・・




    ちなみに音楽はファミコン・ドクターマリオからのアレンジ


    2008-05-12(Mon) 09:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20080511]

    大沢温泉から出た後
    一気に東北道を北上し
    盛岡も越えて姫神山の麓 東楽寺

    東楽寺は姫神山への登山客の最終的な休憩所として
    昔から愛用されてきたと云われる寺

    自分ともそんなに年齢が変わらないであろう
    若い奥さんにご案内いただいて拝観

    足が切断された大きな十一面観音を中心に、十一面や顔が
    ボロボロになってしまった仁王など、たくさんの仏像たちが
    小さな収蔵庫に片寄せあっていた。




    十一面観音はもともと姫神山のご神体として
    山の中に野ざらしで安置されていたそう



    それこそこの山、この地域の守り神として信仰されていたんだろうなぁ。
    若女将曰く、足の切断は明治時代の流れで失ったわけではなく
    単純にもともとの本堂に安置するのに入らなかったから切断してしまったの
    だとか(笑) いやはや、昔の人はものを大切にしているんだか
    していないんだか。。



    一方、仁王は明治の流れをうけて
    水の中に沈めて隠していた為ボロボロになってしまったのだとか。



    足元の十一面は頭も残っていてご無事でなにより!って感じ。





    毎月1日に必ず来るという人もいたりして
    特に重要なものではないため収蔵庫の扉も年中あけっぱなしに
    しているそう。

    んんん、何が起こるかわからないので是非鍵くらいは
    閉めたほうがいいと思うんだけどなぁ。

    それくらいの価値は十分にあると思いますが・・・。

    [20080510]

    毘沙門巡りをしたのちは
    昼飯は宮沢賢治記念館の近くにある

    なめとこ山庵



    こしの強い蕎麦が食べることができます。



    近くの山菜の天麩羅盛りとかも絶妙★
    特にコシアブラ



    山菜は丁寧に女将さんから説明されたんだけど失念・・・。

    そして〆は味噌おにぎり
    コレは間違いなくウマかった★




    食べ終えたのちは北上に一度南下して
    ロシア料理 トロイカ

    ここにあるチーズケーキをテイクアウト



    ・ベイクドチーズケーキ
    ・レアチーズケーキ

    2種類、どちらもチーズが本当に美味かった。
    チーズがクリーミーなんだけどとてつもなく濃厚で美味かった。
    通販できるらしいから、通販でオーダーしよっかな。
    誰かの誕生日とかにプレゼントするのも好かれそうです。

    花巻の西方 にある大沢温泉へ
    大沢温泉は川を望みながら絶景露天風呂





    対岸には茅葺屋根の建築物もあったりで
    映画が撮れそうなロケーションだったなぁ~




    そういえば、もうすぐ公開予定のsmapの草薙が出演予定の
    徳市の恋(主題忘れた・・)は my温泉である早乙女温泉が舞台に
    使われてます。

    早乙女は別名・ガソリン温泉(自分が勝手にいってますが)で
    油臭のする普通の温泉じゃぁぁござーせん。
    是非、氏家に訪問の際はお立ち寄りを!



    [20080509]

    25時に出発し、2回ほど途中のSAで睡眠をとり10時ごろ
    東北自動車道を北上して水沢で降りる。

    1年ぶりの岩手県はGW真っ最中だったが前回と違って
    何十分も並ぶような渋滞に巻き込まれることもなく
    あっさりと岩手にたどり着いた。


    水沢ICから車を飛ばすこと30分ほど
    奥州市江刺地区『藤里』に到着。

    藤里はとてものどかな野里でした。



    予定よりも30分ほど早くついてしまい管理人の人を
    待つと管理人さんも予定よりも30分早く着いてしまったそうで
    お互いすごいタイミングだった。

    管理人さんの及川さんはちょうどこの5月に
    毘沙門堂の管理を前任の人から引き継いだそうで
    僕がその初めてのお客さんだという。




    及川さんは仏像案内にはまったくの無知ということで
    この毘沙門堂に詳しい案内人である山内さんを一緒に連れてこられていた。
    山内さんに愛宕神社を案内され、その愛宕神社の本尊であった毘沙門が収められて
    いる収蔵庫をあけていただいた。



    鉈彫りの
    兜跋毘沙門天は重文。
    地天がほかの毘沙門よりも高めに作られており
    ワッショイ具合がほかの毘沙門天よりも
    高らかに祀られていた。





    兜跋ではない普通の毘沙門天も手は欠けているものの
    見事な創り。ただこちらのお顔はやや東北というよりも中央よりの
    顔という印象をうけました。だけど、しっかりと鉈彫りの跡を残していた。








    山内さんはたいそうこの毘沙門天を愛している訳だけど
    案内板を見て『こういうところに書いてあることはたいがい作り話だから』という
    こと言ったり、そのあたりの一般的な検知はもっているということがわかった。



    途中及川さんに仏像案内の指導をしながら
    2人のやりとりがとてもほほえましかった。

    仏像とともにこういう仕事も代々、、といっても近年から
    だと思うけど受け継がれてきたのだなぁと感じた。


    藤里の毘沙門堂をあとにして、成島毘沙門堂


    ちょうどこの日は『毘沙門まつり』が行われており
    毘沙門堂への送迎バス藤里とは全く対照的な賑わいをみせていた。

    そしてその毘沙門まつりの目玉の『泣き相撲まつり』もちょうど
    開催されており、たくさんの赤ちゃんがハッピを着て
    中央にある土俵で泣き相撲をくりひろげていた。



    ある赤ちゃんは はっけよいをする前から泣き出していたり
    ある赤ちゃんは はっけよいしているのにもかかわらず爆睡だったり

    赤んぼうの行動は予測不能で
    面白い。


    その泣き相撲の会場から少し離れたところに
    成島毘沙門が祭られている収蔵庫がある。


    下にある本殿では日本全国の
    兜跋毘沙門天の
    立て看板?!のようなものがあった。




    身長がかかれており、自分はウルトラマンの怪獣達を
    おもいだしてしまった。

    とばつ毘沙門は平安中期の像で高さは4.7m
    とばつのレベルではないデカさ!



    かなりの迫力でした。下にあった全国
    兜跋毘沙門プラカードの
    身長はこの毘沙門が日本一を強調させるための表示だったのかな?!(笑)

    ・・・・んんんそんな気がしてきた。


    そして一番の収穫は毘沙門天の脇時であった吉祥天でした。



    象冠という自分は見たことがない特徴だったのも印象的だったのですが
    それ以上に・・

    顔のリアリズムがなんとも素晴らしかった。2重アゴ加減がすごい触りたい
    2重アゴをしておりました(笑)


    そんな感じのみちのく毘沙門巡り













    [20080501]

    和歌山県 白浜町




    白い砂がキラキラとした太陽に照らされ
    とても気持ちが良い まるで海外に来たかのよう


    春の白浜はまだ海がオープンしていないのでさすがに裸の人はいないのだけど
    あまりの気持ちのよさに駐車した車から裸足で飛び出して白浜のキレイな砂浜を
    砂が指と指の間にズしっと入ってくる感触を楽しみながら砂浜を歩いてみた。





    夏になるとたくさんの人で賑わうのだろうけど
    一シーズン前の波の打ち付ける音のみがBGMの白浜を楽しんでいました。

    そして白浜の名物 兼ねてからここに行きたいと思っていました。

    崎の湯




    1年前に訪れたときはちょうど台風が過ぎ去ったあとの高波が危険とのことで
    足を運んだにも関わらず入ることができませんでした。


    ここは日本最古の温泉 日本書紀にも登場してくるそう。
    温泉は海に向かって開け、男湯は白浜に突き出た展望台から丸見えw




    そしてビックリしたのは岩と岩の間から出てくる
    フナムシゴカイ達がウヨウヨ。ゴキブリ!と見間違える海の虫達に怯えながら
    背中に気を張って入浴はちょっとハラハラだった。


    これも自然を正面切って楽しむ あるいみ醍醐味なのだろう。



    1000年昔の人も この虫たちに怯えていたのだろうと思いを馳せ
    打ち付ける波に耳を傾け
    海の向こうの世界を想像しながら 汗を流す

    今も昔も変わらない 
    自然の楽しみ方に

    自分の体をシンクロさせました。

    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。