然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20090225]

    またまたかっちょいい深海魚が発見されたとの
    Yahoo!ニュースが

    こんどはこんなの


    動画もありました




    Macropinna microstoma: A deep-sea fish with a transparent head and tubular eyes

    全長15センチほどの深海魚デメニギス(学名:Macropinna microstoma)。緑色の球状部分が円筒形の高感度の眼で、戦闘機のコックピットを思わせる頭部から真上に飛び出ている (写真)。通常の眼の位置にあるのは鼻に相当する器官だ。




    深海にはまだまだ人間が発見できていない生物が
    ウヨウヨしているとのことです

    東京の交通網は地下にどんどん潜っているということが
    先日ドキュメント番組でクローズアップされていたけど
    地下にはまだまだ神秘が潜んでいるようです。


    スポンサーサイト

    [20090222]

    今日も一人
    益子の湖の近くにある『スターネット』で
    午後のお茶の時間をしながらこの日記を書いています。




    気付かなかったんだけど
    ここは西明寺のある独鈷山の反対側の
    麓にあったことに気がついた


    今日はお茶
    ・こうせんと黒糖のクッキー

    クッキーは全くと言っていいほど甘みがなく
    黒糖のビターな甘さとこうせんの
    クッキーという名の和菓子のようなもの

    しずくのように
    雨粒が跳ねる音楽と
    暖炉の温かさの中で

    ONとOFFの変化を楽しんでます


    今日は久し振りに栃木にある
    とあるプラモデル屋さんに
    いってきました。

    約15年ぶりの訪問!




    ここは実家とは離れているけれどお婆ちゃんの家の近くにあって
    自分が小学校のころ、正月に親戚からもらったお年玉をもって
    すぐにガンダムのプラモデルを買いにいっていたお店です。

    まだあるのかな~ってちょっときになって行ってみたら
    まだありました。

    外観は幼いころに比べるとかなり改装してかなり新しくなってました。
    お店の中は普段は誰もいなくて僕が駐車場に車をとめると、おばさんが一人
    でてきて鍵を開けてくれました。

    中は自分が少年時代のころと全くおなじプラモデルの倉庫のように
    棚にランダムに並べられており、全く変わりがありませんでした。
    ただ大きく異なることが一点。それは子供の数。

    僕は土曜日の昼間に伺った。土曜日の昼間と言えば
    子供達が学校が終わり、仲間と一緒に駄菓子を買ったり、
    外で野球やサッカーをしにいったり、そんなことをして過ごしていた
    ような記憶があったのだけれど、子供は誰ひとりいませんでした。

    この店のおばさんとは、懐かしい思い出をたくさん話をしてとても
    楽しかったのだけれども
    おばさんの口から“最近は大型のショッピングセンターができた”
    “そもそもの子供の人数が減ってきているのよね”このような言葉が
    時折でてきて、ぼくとしてはそっちの言葉の方が頭に残っている。
    たぶん考えるにそれだけではなく
    子供の遊び方が多様化している、ということもあげられるのではないでしょうか。


    僕が小さいころはファミコン、スーパーファミコンが登場し
    僕もそれにあけくれていた日々をすごしていました。

    ただ、そればっかりというわけではなく、少年野球に入って野球をやったり
    小学校の校庭で逆上がりの練習したり、小学校の近くの駄菓子屋にいけば
    友達がいて、一緒に駄菓子食べながら駄菓子屋に併設されている、鉄板で
    もんじゃを焼いたり、カード買って集めたり、ミニ四駆を作って
    カートで走らせたり、それはそれでたくさんの遊びがありました。

    たぶん今の子供たちはもっともっと自分の想像以上に
    遊ぶツールがたくさんあるのではないでしょうか。

    遊びの多様化はそれとともに子供達が時間を潰す選択肢を増やした。
    選択肢が増えることはいいことだとは思います。
    だけれども既成のモノ、そして大人たちが作り上げた
    遊び道具であることも事実。

    現代において遊び道具は大人が用意することは当たりまえだと思います。
    だけれども大人が作り上げた遊び道具を子供たちは大人もびっくりするような
    遊び方で遊んでしまう、そんなパワー、それは創造力とイコールかもしれませんが
    その力が薄れてしまっているんじゃないかちょっと心配になりました。
    考えすぎなのかもしれませんが、僕は大人になってもワクワクしたい、
    それは小さいころからどれだけワクワクできたか、、
    それによって変わっていくような気がします。







    [20090220]





    2009-02-20(Fri) 20:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20090218]

    栃木県・益子町にある
    スターネット


    この場所では
    ラジオの音や
    Ipodから流れるBGMも
    ちょっと騒々しいのかもしれません



    店内のギャラリー




    そしてここである一人の女の子に出会いました
    ギャラリーに併設されているcafeに入ると
    窓際の一つのテーブルに座る女の子がいました


    名前はハナちゃん


    自分がcafeに入ると
    『いらっしゃいませぇ』
    と、ちょっと恥ずかしそうに、でも元気な声で迎えてくれました

    ハナちゃんは窓際のテーブルで
    色鉛筆で絵を書いていました

    自分が
    ハナちゃんに“何書いているの?!”と
    聞くと、仙台に引っ越しちゃった友達の為に
    絵を描いていると答えました


    しばらくハナちゃんを遠くから眺めていると
    一緒に遊ぼうって言ってきてくれて


    ハナちゃんが先生役で
    自分が生徒役で
    学校ごっこをして遊びました

    ハナちゃんは色鉛筆と紙をもって
    嘘の名前を書いてって言ってきて


    自分は嘘の名前ケンと描きました


    たくさん怒られました
    先生を喜ばせるようたくさん命令をうけ
    たくさん笑わせました
    ハナちゃんは笑い転げて
    時間はあっという間に過ぎてしまって
    cafeの閉店の時間となってしまいました


    そして、最後にハナちゃんから
    ありがとうの言葉とともに
    色鉛筆とさっき書いた嘘の名前、ケンの紙をもって、

    “紙の後ろにほんとの名前を書いて”

    と名前と電話番号を書くように
    とハナ先生から最後の指示をもらいました


    ハナちゃんはその紙を大事そうに
    もっていたバスケットの中に入れました。


    ハナちゃんからプレゼントをもらいました
    それがこの石ころと棒きれ




    ただの石ころと棒きれだけど
    はなちゃんにとってはとても大切な
    石ころと棒きれでした



    そして
    その日はハナちゃんの誕生日でした



    ホントは何かあげるべきなんだけど
    逆にハナちゃんからはプレゼントをもらってしまいました


    そんなハナちゃんはとても美人なので
    将来絶対こんなものではないものをたくさんの
    人からプレゼントされるんだろうな~とは思いましたが、


    そのハナちゃんは
    ちゃんと人をよろこばせる
    思いやりのある人でした


    心があらわれた出会いでした
    どうもありがとう


    HPも素敵なので是非のぞいてみてください

    http://www.starnet-bkds.com/






    [20090217]

    京王・高尾山の山道への道を通り過ぎ
    そのまままっすぐ、
    約1kmほどのところにある
    とある囲炉裏

    個室の中で
    煌々とオレンジの暖かい光を放つ薪の上で
    料理をいただきます。

    入った時には個室は囲炉裏の炎で
    あっためられていた

    季節の煮物をいただいていると
    後から給仕の女性が色彩り串をもってきてくれました


    鮎、鶏、蝦、鶉、葱、獅子唐、つくね、帆立、団子、はんぺん



    こちらは山女
    斑点が特徴です

    こいつはまだ生きていて
    ビクビクっと魚の生命力を感じさせられました



    串焼きを食べ終えると
    次は味噌汁とご飯

    味噌汁も囲炉裏の炎で
    暖めます



    そしてその味噌汁とともにいただくのは
    山芋の麦飯

    実家の栃木ではうちの婆ちゃんがよく作ってくれていたのですが
    東京に来てから食べたのは初めて

    懐かしい味です



    自分で創ることも含め
    ちょっと昔の雰囲気を

    目で舌で

    味わう

    気分は山賊のよう
    この景色が現代ではエンターテイメントになるんですよね
    勉強、勉強~

    東京で感じる
    非現実です


    2009-02-17(Tue) 18:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20090216]

    原美術館にて開催中のジム・ランビーの個展「unknown pleasure」を
    みにいってきた。



    品川の駅から美術館方面に歩いていき
    美術館への小道を曲がったところでマイクロバスとすれ違う

    バスには「HARA MUSEUM」の文字が。

    品川⇔原美術館の往復バスのようです。


    だから行くときにはバスのご利用がおすすめです。


    ジムランビーの作品は何回かみてきたけど個展は初めて。

    原美術館全体にランビーの刺激的なテーピングがなされていて
    自分には刺激が強すぎたかも?!

    刺激的な現代アート版の【枯山水】といった感じでした。







    以下、原美術館の案内より抜粋

    「unknown pleasure」


    20世紀初頭にワシリーカンディンスキーが"発見"し、
    その後、
    60年代半ばのオブアートとい大輪の花を咲かせた抽象美術は、
    美術をイメージからイリュージョンに転化し、
    人々に新たな視覚体験をもたらしました。

    ちょうどオブアート全盛期に生を受けたジムランビーは、
    床一面に規則正しいテーピングを施すことで生まれる
    幾何学的パターンによって空間を大胆に変容させ、
    今再び抽象による豊かな視覚体験の創出とその可能性を追究してい
    ます。

    さらに、椅子やベッド、レコ?ドやプレーヤーといった
    身近な日用品を大胆かつ繊細にデコレーションした彫刻を巧みに
    配置することで、私達の視覚に
    "未知の快楽"(=アンノウン プレジャーズ)をもたらします。

    ランビーの創造する空間にひとたび足を踏み入れると、
    私たちの眼は幾何学模様に"応答"し始めます。

    一定のリズムで振動し伸縮しているかのような、
    めまいさえ覚える錯視的な空間内で、
    いつしかそこが美術館であることを忘れ、
    意識の内奥で際限なく広がる時空間へと変化していきます。

    それはバンド活動やDJを続け、音楽に浸って暮らすランビーの、
    「音楽をかけると、
    いろんな境界がなくなっていくように感じられるよね」
    という感覚とも重なるでしょう。

    知覚のメカニズムによって、
    私たちの行動や精神のしばりが一時消滅し、
    いきいきとした生に変わる
    そんなライブ感が、ランビーがたどり着いた境地といえそうです。

    主催:原美術館
    特別協力:ブリティッシュ・カウンシル
    助成:財団法人朝日新聞文化財団
    協賛:株式会社ティー・ジー・エイ
    協力:一色事務所/株式会社中川ケミカル/有限会社カインド/
      セイディ コールドHQ/ザ モダン インスティチュート/
      トビー ウェブスター リミテッド



    [20090216]

    ちょっと時間が空いてしまったけど
    栃木仏像ツアーふつかめ

    目覚めは風の音


    『茄子おろし』

    ・・失敬


    『那須おろし』


    と呼ばれる台風のような風でさらには雪が舞う中
    目が覚めました。

    二日酔いは前日のウコンのせいかまったくなく
    ピンピンとして栃木県の最北から本日は南下の旅程


    最初は森三中、大島の実家、黒羽町の大雄寺からスタート。



    ここは映画の舞台にもなったほど綺麗な本堂および伽藍
    地方の坊主さんらしい方により案内いただきました

    白い室町の宝冠釈迦如来が座禅堂の中心に座ってます。



    自分達が訪れたのは10時くらいだったのですが
    その日の朝はちょうど座禅が行われていたらしいです


    じゃっかん南下して烏山にある
    太平寺

    こちらには檀家の方が友達とお二人で
    われわれを待っていただいておりました

    人が来るのが珍しかったのか、かなり年齢よりも
    下に見られていた?!のかな。でも最初は家族だーとか言ってたし。

    でもとても楽しい方で正月に実家に帰ったときに来ている
    近所のおっちゃんたちの会話のような
    THE・栃木 といった和やかな見仏になりました

    仏のほうはというと地方らしい、あったかみのある千手十一面
    そしてそれを囲うようなガラスケースに入った28部衆。
    その28人の中は若干ゲスト?!おもわれるような方もいらっしゃったり。

    千手の方はイスを使って足元まで見せていただきました。
    足元は思いのほか浅めに作られており、足がなく、指先は近くに煩雑に置かれていました!




    お昼をクローバーステーキハウスで食べていると
    次なるお寺の住職から電話があって
    急用が入ったから急いできてほしいとのこと


    あさのポーク 2,500円



    急遽、順番変更および
    料理を楽しく食べていたら
    時間がなくなってしまって
    最後のガーリックライスを胃袋にかきこむように
    いただきました





    そして急いで次なる益子町・円通寺にいくと
    すでに住職が境内においでになっており
    怒っているかなーーーとおもいきや
    同じくご一緒した女性の魅力にやられ
    あっという間に顔がほころび
    しまいには、仏の交通祈願ステッカーも無料でいただいてしまいました!
    ヤッタわーい★





    次の西明寺は円通寺のすぐ近く
    同じ益子町にありました



    益子って焼き物だけじゃないんだーー


    自分と年齢的には同じくらいと思われる
    若いお坊さんに案内され本堂内陣までいくと
    そこには鎌倉の仏がたくさんいらっしゃいました



    すわっている千手
    たっている千手


    そして秘仏だったけど
    本尊も素敵



    ってか秘仏の開帳時期が超あいまい(笑)

    そして、若いお坊さんはクイズ好き
    一生懸命ご説明していると思うと
    急にクイズが出てきます!


    しかも三択と思えない三択の出し方をして
    和ませていただけます★


    閻魔堂はコミック閻魔もいて
    奪衣婆までいますが
    ここは子供のころ来ていたら悲鳴をあげていたでしょう





    そして日も傾き始め、最後の専修寺
    こちらは自分が最近、縁が深い三重の津に本山があるということで
    親近感を覚えました




    そして、なんとここで重文・顕智上人、真仏上人の2体の厨子を
    あける体験をさせていただきました!
    本当、貴重な体験、住職ありがとうございます!





    あったかいお茶もいただきつつ、涅槃も見つつ
    最後は長野県、善光寺式の阿弥陀三尊をみて
    この長い1日を終わらせました




    阿弥陀堂を出るとそこには
    まんまるのお月さんが暗くなった帰路と自分達を
    照らしていました



    [20090215]

    WOWOW限定の
    連続ドラマ

    パンドラ



    第1回東京ドラマアウォード・グランプリ受賞作品です。


    自分はテレビをほとんど見ないため
    ドラマなんかの流行には疎いのですが
    なんとなく、これは面白そうだな~と思って

    見始めたのですが
    ホント面白い!

    脚本は『白い巨塔』や『14才の母』の井上由美子さん


    あらすじ wikipediaより

    港東大学病院内科医の鈴木は、18年間もの研究のすえ、
    どんながんでも完全に死滅するがんの特効薬を発見する。

    全く相手にされずたった一人で研究を続けてきたが、
    特効薬が完成した途端に周りからの目が変わる。

    しかし、その特効薬は単純に世界に役立つものではなかった。
    “パンドラの箱”の最後に残ったものは、
    希望という説もあれば絶望という説もある。

    『パンドラ』と名付けられた特効薬からは、様々な「厄介」がもたらされる。



    キャスト
    • # 鈴木秀樹:三上博史
    • # 的場真一:柳葉敏郎
    • # 飯田小夜子:小西真奈美
    • # 水野愛美:谷村美月



    白い巨塔が自分のお気に入りだったのですが
    このドロドロした感じが好きな人だったら絶対好きになると
    おもいますよ★

    [20090214]




    逆チョコなんて誰がやんだよ

    って思っていた



    昨日まで



    だけど今日あまりにも
    暇すぎて料理しよ!


    って思って近所の無印に行ったとき


    逆チョコは流行ってないから
    たぶん来年は何もなかったかのように
    なるんだから、逆に今年やってみたら何かの思い出になるかな~


    なんて思ったりして。


    料理のついでに
    人生で最初で最後の手作りチョコなんぞを
    つくってみようとおもいました


    あえてメディアの戦略にのっかってみた(笑)


    レジのお姉さんがちょっとハニカんで
    袋に入れていたときは恥ずかしかった


    海苔煎餅にチョコを
    最後にアーモンド(黒胡椒)を乗せるって
    ちょっとオッサンくさいチョコに
    なりましたが




    パスタを茹でながらつくって
    これから冷蔵庫に入れるところです



    味見したけど
    なかなか美味かった★



    やっぱ女性も
    チョコもらったら嬉しいですかね?!



    食べたいかたはお早めに連絡ください~





    2009-02-14(Sat) 15:01 | トラックバック(0) | コメント(7)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20090213]

    仏像日記はひとやすみ

    だけど同じ栃木つながりとして
    栃木から帰ってきた次の日

    東京でまたもや栃木飲み!




    美容師の枝ちゃん
    パーカッショニストの澤田さん
    そして、従姉妹の奈津子


    友達with親戚
    と、かなりバラエティに富んだメンツで渋谷で飲み(笑)


    自分⇒奈津子(いとこ)
    自分⇒枝ちゃん(小学校、高校の同窓)
    自分⇒澤田さん(中学校、高校の同窓)
    澤田さん⇒奈津子(ミュージカル劇団の同窓)
    枝ちゃん⇒奈津子(カットモデル)


    やっぱ栃木ってコミュニティだからだろうか
    せまーい皆さんです


    テンションがあがり翌日休みということもあり
    おもいきって



    に、いこー!ってことになり


    夜中踊り明かし★



    栃木つながり
    ←RYO→ちんも2年ぶりくらいに発見!
    会社の先輩のあちゃいさんとIコガさんともクラブでばったり!


    みんな遊んでますなーー(笑)


    2009-02-13(Fri) 21:32 | トラックバック(0) | コメント(2)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20090212]

    先週の土曜日、我がふるさと
    栃木県の仏像を巡る旅行


    沼津から
    三島から
    板橋から


    いつものみなさんを招待し
    1泊2日の下野見仏旅行



    宇都宮駅で餃子像とともに
    首を長くしてまっていると

    新幹線から
    すでにアルコールを摂取され、気分上々のみなさまが
    気分揚々と現れました


    自分の実家の車に乗り込み
    まず目指すは 『一向寺


    今回の旅行の唯一の宇都宮市内にある仏


    地元の人しかわかりませんが
    宇工のすぐ隣にあります


    若干迷ってお寺の女将さんに
    ご案内いただき、宇都宮が危なくなると
    汗を流したという通称・汗かき阿弥陀を拝観




    なんと、
    全身に刺青のようなものが~




    やっぱ田舎で珍走族が多いからーー
    。。。という理由じゃないんでしょうが、
    なかなかカッコイイ仏でした★



    そして、西村公朝さんがつくったとされる
    五劫思惟の阿弥陀如来。五劫思惟が宇都宮にあったなんて!




    冬なのに、、ポカポカした
    この日の陽気にとても栄えて幸せそうな顔をしてました



    さて、2番目は一気に鹿沼の西方町まで飛んで
    金井にある『金井薬師堂』です。


    アポ取りの時の西方町の役場の人がとても親切でした。
    鎌倉時代の鉄製の薬師如来坐像。



    切れ長の眼で自分にはちょっと女性らしさを感じました。


    これも自分の高校が同じ人じゃないとわからないけど
    こちらの薬師堂を守っている早乙女さんは
    斉藤忠先生の学生時代の野球部の先輩だったそう!


    あの堅い感じは昔から変わっていないようです

    楽しかったな
    斉藤先生の授業は。


    手前味噌ですが、高校時代
    全学年のトップになっていたのが斉藤先生の歴史の授業でした

    そして斉藤先生は遊び人の自分が
    良い点数とるとちょっとビックリしながらも嬉しそうに誉めてくれました

    その時は幕末とか世界大戦あたりが得意だったんだけど
    もう忘れちゃったなーー


    そんなこともありつつ
    また宇都宮に戻り、大谷観音のある『大谷寺




    ここは自分の高校へ行くときの通学路だったお寺


    石と陥没で有名な(笑)大谷の町はいつも世界遺産の中を
    学校にいくようで、最後には見慣れてしまったのですが
    日本に誇れる町だと思います。


    だけど今回この大谷寺に来たのは初めてで
    門をくぐったあとにこんな世界が広がるなんて思いもしませんでした。




    仏は千手観音、薬師三尊、釈迦三尊と割と
    バラエティに富んでいて、臼杵の石仏にも負けず劣らずの
    石仏群がそこには広がっていました。


    宇都宮の町を再発見しました。


    徳次郎のICより日光道路を爆走、そしていろは坂も爆走

    一気に男体山を駆け上り、中禅寺湖で有名な『
    中禅寺』へ



    長いこと栃木で生きていて
    単語として

    『ちゅーぜんじこ』

    って覚えていたのでそこに寺があるなんて思いもしなかった!

    こちらには一木の千手観音がいて
    なかなかの迫力です


    うちの母親の日ごろ言っている言葉がわかる出来事がありました


    いろは坂に上ったから本当はもっと満喫すべきだったのかもしれませんが
    スケジュールを管理しなければならなかったので
    観光ではなく見仏を遂行すべく、すぐに次のスケジュール

    ・・・と、言いつつしっかりランチ


    栃木の人にはおなじみです
    明治の館


    こちらではいつもオーダーしているオムライス、


    そして教授好物の生牡蠣、

    〆にはしっかりニルバーナ(語源がインドということを初めて知る)


    で優雅にランチ★・・・と思ったら


    次なる『
    東照宮』で、閉館時間があっという間に迫って
    駆け足で見仏するハメに!
    失敗した~!




    東照宮ではおなじみの

    見ざる・言わざる・聞かざるの三猿

    ねむり猫
    鳴き龍


    と、しっかり見るとこ見てきました
    破格です





    日光から東北道を北上し
    本日のお宿は那須のペンション


    近くのチーズ工場でチーズとワインを大量に購入し
    風呂あがり、食後に、アルコール会


    なぜかこの日自分は体調がすこぶる良く
    ビールでもワインでも焼酎でも何でも来い!状態。


    一人でワインもビールも1本あけちゃったかも?!
    そして、みなさまから新たなお酒の飲み方のご提案(笑)

    アルコールのアルコール割

    普通の人はたぶん、ぶっ飛びます!

    強烈な下ネタとともに熱ーーーーい夜になりました

    ご自愛ください


    [20090206]

    耳にのこっていた曲

    今日ようやくわかった




    2009-02-06(Fri) 00:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。