然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20090728]

    たっくんが宙に舞う

    たっくんとは自分の幼馴染。
    保育園に始まり、小学校、中学校ともに
    ずっとクラスも同じ。


    栃木の田舎から東京に憧れ、半年間貯めた千円札を
    握り締め、東京に買い物に出かけたり。


    自分の小学校は野球がとても盛んだったので
    野球チームが2つあり、僕が所属していたチームは
    万年、県大会止まり。


    一方彼が所属していたチームは彼がキャプテンとして
    チームを引っ張り、県大会優勝、全国大会出場まで。


    彼は子供のころからスーパーヒーローでした。


    そんな彼とは高校で離れ、彼は地元栃木野球の古豪、
    作新学院に入学し、野球一筋に。


    そして高校2年の春、怪物と呼ばれた江川卓以来
    作新学院は春のセンバツ甲子園に出場。
    僕は甲子園に彼の応援に出かけたりもした。


    それから年月が経過して彼は若干23歳にして
    母校・江川卓を輩出した作新学院の監督に就任した。


    はじめは苦労したようだったけれど
    就任から3年、とうとう若干26歳にして
    作新学院はこの夏、甲子園への切符を手にした。


    31年前、怪物と呼ばれた江川卓以来の
    夏の甲子園出場。


    彼にとっては選手として、また監督として
    2回目の甲子園の土を踏むことになります。


    根っからの野球小僧だった彼なので
    きっと印象的な試合をすることでしょう。

    彼のスーパーヒーローっぷりは26歳にして
    未だ健在です。




    スポンサーサイト


    2009-07-28(Tue) 19:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20090728]

    旅の最初の到着地点は
    塩原温泉の中でも湯の出ずる場所の近く
    旅館街とは遠く離れ、山の中を車が進んでいく。

    『元湯』と呼ばれる地帯に3軒、名湯が軒を連ねる

    えびすや” “元泉館” “大出館

    その中から今回チョイスしたのは“大出館”でした。
    こちらの湯は日本の中で唯一“墨の湯”と呼ばれる
    湯が湧き出ることで有名。



    硫黄、モール、鉱泉、いずれのジャンルのにごり湯にも
    該当しない、“墨”というジャンルをここに創りだしている。



    唯一のお湯を求める人の欲求は
    男女の性別をも越え、男女隔てなく共に
    墨の湯に体を沈める


    墨の湯で体を清めたのか汚したのか
    不思議な感情を抱いたまま
    これまた不思議な塩原温泉街名物の食物
    スープ入り焼きそば”なるものを頂く

    こちらは昨今のB級グルメが取り上げられる中
    栃木県を誇る名物として躍進中のグルメです


    この“スープ入り焼きそば”を食べられるのは塩原温泉の中では
    二店舗だけ、“釜彦”と“こばや食堂

    スープ入り焼きそばのルーツはこちらをご参照ください。

    今回は前回の同期との旅行と同じく前評判の高い
    “こばや食堂”でいただきました。

    11時のopen直後から人が雪崩れ込み
    10分ですでに満席。山あいの小さな温泉街では特異な光景である。



    具はシンプルにキャベツと豚肉のみ
    毎回毎回、しっかり焼そばを焼き上げてからスープと
    混同させ丁寧に作っている。

    インパクトしかない、料理だがインパクトだけでなく
    焼そばとスープの相性が良く、ちゃんと料理として
    成り立っているのが驚きだ。




    塩原の山を抜け、更に山の奥へとどんどん入っていく
    そこは奥会津と呼ばれる場所。時間が止まった村があり。



    村に到着したころ調度、山あいならではの雷雨に見舞われ
    茅葺屋根の町並みの中で雨宿り。



    観光客の一部は時間の制約があるからだろうか、ビショビショに
    なった体、関係なく見物していた。


    雨もあがり、それと同時に太陽まで一気に顔を出していた。
    その太陽のスパイスを降りかけた地元の味噌を使った
    団子を頬張る。




    その後更に山の中が車が走り
    1時間ほど走行したころ今回の旅の目的地へと到着しました。
    コールマンと提携した、このリゾートは湖を中心とし
    温泉、スパなど多くのレジャー施設を完備しグッドデザイン賞も
    受賞している。





    自分は施設へ到着するなり
    カヌー体験。ライフジャケットを装備し意気揚々と湖へと出港。
    湖から眺めるリゾートはまるで絵葉書。




    必死にオールを漕いだので腕がパンパンになってしまいました。。



    宿泊は“オルサ”と呼ばれる
    ドーム型の宿泊施設へ。




    オルサの中は小さいながら天窓がついており
    鳥の囀りと外の光を中に引き込み、太陽が昇り、部屋の中を光が
    差し込むことによって天然の目覚まし時計となる。


    夜は施設内のレストランにて
    湖の中心部にあがる噴水とイルミネーションを見ながらの食事。




    ちょうどこの日、冬に作成した益子焼のグラスが焼き上がり
    持ち込んでいたため、自分が作成した益子焼にビールを注ぐ。
    口につけたグラスの縁はゴツゴツしていたのだけれども
    自分が作ったグラスという充実感からか、数倍増しにビールが美味い。




    個人的にはインゲン豆の冷製スープとメインディッシュの牛の脛肉の
    トマトソースが印象的でした。










    夜は線香花火をしながら
    標高700メートルの羽鳥湖高原の空に瞬く
    星空を見ながら、暫し都会の喧騒とは離れた時間を過ごす。



    天然のプラネタリウム、星の数があまりに多すぎ蠍座、カシオペアなどの
    星座は確認できたものの、その他の星座は逆にわからなくなってしまう。

    写真に収めることができなかったのが残念だったのだけど
    人生初めて、天の川を捉えることができた。
    そして運良く流れ星を2つ見ることができた。

    地元・栃木の夜空もすごいとおもっていたのだけど
    それを上回る景色を見ることができた。

    1日雨が降ったりやんだりの天候だったのだけど
    雨が空気中の塵を洗い流し、極上の夜空をプレゼントしてくれた
    ような気がして、雨にも感謝をしつつ就寝。


    朝は湖の風を受けながらデッキにて朝食。




    その後は湖の周囲を散歩しつつ、
    バドミントンやフリスビーなどをしながら
    汗を流しこのリゾートをあとにした。
    帰り道もこの地方の特有のものを愉しみながら
    帰ってきたのですが詳細はまた後日。





    [20090725]















    [20090725]

    祐天寺の駅から歩くこと20分
    住宅街の中にひっそりと佇む焼酎の名店『はがくれ』へ
    アクセスは非常に悪い。。。





    一般的な銘柄から銘酒まで
    カウンターごしにずらっと並んでいます。




    んで、これらの銘酒が350円~だからとっても安い★

    幻の『魔王』も800円って!しかもロックでオーダーしたにも関わらず
    こんなナミナミたっぷり注がれてきました。うれしー。


    料理ももちろんおいしいのです
    牛串はレアでいただきます。感動的なうまさ。



    個人的に大好きな鳥皮は塩という選択肢はなく
    勝手にタレで出てきました(笑)



    ニンニク芽とシビレの炒め、シビレはこの時期
    希少なものらしく、この炒め物でなければいただくことが
    できませんでした。



    煮込みはネギがたっぷり乗って安定感のあるヒトシナ




    そしてこの店一番、自分はむしろこっちが
    メインでここへ来るのですが
    都内で一番うまいといわれている『レバ刺し




    『あまい』レバ刺しをいただくことができるんです★


    そしてシメはあっさりタンメン
    メニューには『最強のクローザー』って。。(笑)
    差し詰め、クルーンや藤川といったところでしょうか





    今回は2人で訪問したけれど
    店内を見渡すと、一人で仕事帰りに来ている人も
    いるみたいだし、自分も今後来てしまいそうだなー
    なんておもったり


    夏はビール!が定番だけど
    焼酎とホルモンの組み合わせもいいね



    2009-07-25(Sat) 09:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20090721]

    ちょうど次の日から展示変えというタイミングで
    最後のチャンスとなっていました。

    常設展へ



    不動明王立像  平安時代

    平安後期12世紀ごろにいたって定型化した不動十九観様の不動明王立像の
    典型的な像。端正だが、やや型にはまった感も否定できない。着衣にほどこされる
    彩色・きりかねの文様は時代の気分を伝える。ヒノキ材の寄木造り。玉眼を嵌める
    麺部は造りなおされたもの。




    吉祥天立像  平安時代10世紀

    吉祥天はインド古代神話に登場するラクシュミーが仏教にとりいれられて成立した、
    福徳をつかさどる女神。日本では奈良時代以降、さかんな信仰をあつめた。この像は
    京都府亀岡氏西別院町万願寺(奈良時代創建の万願寺があった)の大宮神社伝来と
    伝えられる。




    毘沙門天立像   鎌倉時代 慶算作

    以前から像内銘のあることが知られていたが、平成10年度の解体修理に際して
    その内容が確認され、文永8年、慶算作であることがわかった。作者は慶派
    末端の仏師であろうか。上手の作ではないが基準作として貴重である
    髻は最近の修理で新たに補ったもの




    十二神将立像
        鎌倉時代十二世紀~十三世紀  神奈川・曹源寺

    神奈川県横須賀市の曹源寺に伝来した像。鎌倉初期の運慶派の清新な作風をしめす。
    一具中の戌神像内にある鎌倉末の修理銘中に『けんきうのころのほとけなり』の文言が
    あって一具が1190-99に製作されたことを暗示する


    このあと
    伊勢神宮と神々の美術



    こちらの方は常設展のついでに・・・とおもっていってみたのですが
    あるわあるわの仏像たち。こちらの方は神像がメインだったのですが
    その中から印象的な仏像を三点ほど。



    金剛証寺 雨宝童子

    頭の上に五輪塔がありました。



    伊豆山神社 男神立像

    神像でここまで大きいものははじめてみました。
    神の偉大さを大きさであらわしたものなのだそう。新鮮でした。



    松尾大社 男神坐像

    とても整った形をしています。神像界のイケメン?!

    [20090720]

    逗子にある
    COYA』へいってきました








    逗子の駅から徒歩20分という立地にも関わらず
    休み+夏+海岸沿い というせいもあってかとてもにぎわっていました

    順番にまっていると
    頭のうえから小鳥の鳴き声が、、
    よくみるとツバメが巣をつくっていました

    お店の人がツバメ用の台をつくってあげて・・


    この店ならではのお店の温かさがあらわれていました。

    ハヤシライス






    付け合せのサラダがとてもおいしく、
    店員さんに尋ねてみると、毎朝鎌倉の朝市でこれだ!という野菜を
    買ってくるのだという


    お腹がいっぱいになったところで
    海岸沿いを走るバスに乗り

    神奈川県立近代美術館【葉山館】

    画家の眼差し、レンズの眼」へ





    画家が捉えた【絵】とレンズが捉えた【絵】
    双方を比較させる形での展示方式が、
    見るものに、伝わり方の違いを確認することができました。


    逗子をあとにして家に帰ってくるとちょうど自分の部屋と
    隣のマンションの間から虹が見えました。

    何かいいことあるかな??と期待


    夜は渋谷の沖縄料理屋を食べ
    友達含め4人で新規場ageha


    WORLD MUSeUM09 へ




    去年の感動が忘れられず今年も参戦しました。
    去年の様子




    順番待ちの行列がたいしたことなかったので
    いけるんじゃん?!っておもっていたのですが、中に入ってみると
    いるわいるわの人、人、人

    その人ごみをかきわけプールサイドで
    最初は踊ってました


    ゲストDJも凄かったですよ
    GDCの熊谷さんや、タレント?!の金子堅さん

    また異色の方

    DJ 浅野忠信


    deepなHOUSEでした

    そしてスタアパ率いる総勢30名ほどのBIG BANDによる
    アリーナでのLIVE。

    なんといってもAKでした


    やっと見ることができたAKの生歌



    たった1曲だけの出演でしたがAK自身に色々と思い出が詰まっているので
    いろいろと感傷に浸りながら、味わっていました。AKはやはりエレガントでした。

    ライブが終わったあとも、DAISHIDANCEやらWADAKENなどのPLAYがあったのですが
    さすがに朝6時からフル回転で動いている自分はさすがに辛く、
    朝4時早々にagehaからは退散してしまいました。

    疲れ果てた友達の姿でしめさせていただきます(笑)




    [20090711]




    『うまく歌う必要はなくて、ヘタクソに』

    NGなことは

    『恥ずかしがること』



    ご縁があり、i-depのニューアルバムの
    コーラスとして参加させていただくことになり、
    都内のレコーディングスタジオへ




    到着したらi-depのナカムラヒロシさんから
    歌詞を渡され、


    コーラスに関する指示があり
    歌詞を数回練習ののち本番!


    『we wanna feel the music』




    マイクの前に立って、緊張してくるのかな、、なんておもっていたのですが
    緊張の前に楽しもう!って気持ちが出てきて、これもナカムラマジック?!って
    感じでした。

    喉からでも、お腹からでもなく、心から声を出すつもりで
    おもいっきり楽しんで声を出しました





    プロデューサーのナカムラヒロシさんからも
    いいねぇ★って3takeほど録音したところで

    はい!お疲れ!

    で終わりました。




    一緒にレコーディングをした中に
    小学生くらいのちびっこ兄弟がいたのですが
    彼らに対して、ナカムラさんは

    『勉強する前に、遊ぶんやで~』

    なんてナカムラヒロシらしい言葉が飛び出したり。


    今までのバンド形式からナカムラヒロシの
    ソロプロジェクトとして再始動したi-depの
    ニューアルバムの発売は未定とのことだそうですが

    もしCDショップやカフェや聞くことがあったら、
    聞こえてくる音の一部にお邪魔させていただきます。

    i-depのレコーディングは
    合唱コンクールでもなく校歌斉唱でもなく、
    どちらかというと
    幼稚園のお遊戯会のようで
    とにかく、楽しく!元気よく!

    そんなたのしぃぃ気持ちを思い起こしてくれたような
    Happyな1日でした。




    ※i-depの名曲のひとつ 『Rainbow』




    2009-07-11(Sat) 15:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20090708]

    麻布十番を
    自転車ではしってみつけた電信柱に
    貼り付けられたイラスト




    キモカワ?!

    [20090706]




    ウェブカメラでつながって工夫して
    こんなものができあがりました。


    すげー


    日々の音色

     色々な価値の氾濫する世の中で、
     本当に大切なものは何?
     全ての違いを受け入れたら
     自分自身の音色を奏でよう



    日々の音色かぁ、、
    自分の音色はこのブログもその一つなのかな、、


    mixiブログのようにレスポンスは少ないし
    いったい誰が見ていて、どんなふうに
    自分のことをみていてくれているのかわからないけど


    音色が伝わればいいな!


    2009-07-06(Mon) 22:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20090706]

    高尾山、、といえば
    登山、ってのはもちろんですが

    この日はなぜか、登山ではなく
    登山への入り口にある
    蕎麦屋に蕎麦を食べに


    周りはみなリュックを背負って
    ピッケルを持ち、登山をするためだけに
    来ているであろう、たくさんの人がいたのですが
    その登山家のみなさんに混じって
    一緒に蕎麦をすすりました



    とろろ蕎麦 950円

    最初は何もつけずに蕎麦をすすって
    二口目にとろろを

    とろろは予想以上に美味くて、
    ほとんど飲み物のように
    蕎麦を飲み干しました。


    夜は五反田の街で
    よく行く鳥料理屋へ



    この日は梅雨の中休み。
    良く晴れて、一杯目のビールで
    疲れが吹き飛んでしまいました。

    いつもながらホント
    新鮮でうまい鳥です。


    2009-07-06(Mon) 16:22 | トラックバック(0) | コメント(2)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20090705]

    世田谷 松陰神社前の裏路地のさらに裏路地にある
    カレー屋さん



    店名は

     贋作インドカリー マシバシイネツルカモ

    看板もないし
    築ウン十年と経過しているであろう
    建物のため、なかなか気付かずに通りすぎてしまうような
    店構えをしております。

    自分は渋谷からバスで
    松陰神社前で降りて歩いていきました。

    店の中はテーブルが2つ
    カウンターのようなテーブルが4席ほどの
    ホントに小さいお店である

    『マシバシ』=暫し
    『イネツル』=居眠り
    カモ

    解釈すると

    『暫く寝てしまっていたかも』って
    言葉に変換できるのかもしれません。


    カレーはドライカレーが切れてしまったんです。という店主。


    残るカレーは今週のカレーである
    “ジャガイモと枝豆の鶏肉カレー”
    に自動的に決まってしまう




    店内のBGMはギターがぽろぽろと
    流れるのみで、近くを走る
    世田谷線を走る電車の音が遠くから
    聞こえてきました。

    逗子にある【COYA】
    九十九里にある【NAYA】
    益子にある【スターネット】




    など時計の針がスローに動いているかのように
    感じさせてくれる店は地方にいろいろあるのですが
    小さな規模でなおかつ都内で感じさせてくれる店は
    この店がはじめてかもしれません。

    15分ほど待っていると
    カレーが到着




    カレーは見た目よりも
    枝豆の黄緑でとてもおいしそうな見た目。
    食べてみると
    ピリピリ辛く、辛いのが苦手な自分にとっては
    結構辛めのカレーでした。


    量もちょうどいいのであっという間にペロリでした★


    もしお近くまでこられた際は
    変わった店名のこちらに是非。


    2009-07-05(Sun) 15:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20090704]

    ■カアバ神殿


    7回黒石のまわりを周る
    「タワーフ・ル・コドーム」


    イスラム教の信者であれば
    一生に一回は巡礼しなければいけない場所だという





    2009-07-04(Sat) 17:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20090701]

    千葉県香取市にある
    香取神宮


    wikipedia

    香取神宮(かとりじんぐう)は、千葉県香取市香取にある神社である。
    式内社、下総国一宮で、旧社格は官幣大社。
    日本全国に約400社ある香取神社の総本社である。

    祭神は経津主大神 (伊波比主命)。
    神職首座は大宮司、大禰宜といい経津主の兄(子とも伝えられる)の
    天苗加命(あめのなえます)の子孫が香取氏を名乗り首座となったが
    、後世大中臣氏(藤原氏)が入り相互に重職を世襲した。




    おみくじって木につけるんをよく見るけど




    紫陽花が咲くにはあと一歩かな




    丸いのなんだっけかな。。



    人はいないけど
    それなりに明るい


    日が長くなってきたことを体感する
    18時過ぎの香取神宮





    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。