然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20110928]

    千葉ニュータウン中央駅と自宅の最寄駅は
    電車で一本で到着した

    駅を降りると振興住宅地が広がって
    一種の物悲しさが感じられたが
    退廃的な街では、秋の風が自分の身に強く吹き付けて
    逆にとても気持ちが良かった



    30分ほど暫く歩くと田舎の風景が出始めて
    100円を入れて牛蒡やトマトを買うことができる
    無人の野菜直売所も見え始めた
    その農道の先にある林は
    鬱蒼とその場所だけを闇に包んでいる
    林の先に光が見え、
    その光は目的地である寺院の目の前にある
    池を眩く照らす



    参道の両側には彼岸花が植えられており
    その多くはまだ蕾であったが、
    いくつかは真っ赤な花は放射的に秋空に開いていた


    本堂で暫く待つと住職がお経を唱え
    厨子の中から不動明王が現れた



    頬骨や鰓が張り出し
    威厳のある表情に満ちた顔だ

    左脚を少し外に開き、
    右の腰を思いっきり天の方へ突き出す

    この格好を自分も真似てみるのだけど
    かなり窮屈なのが分かる

    住職の好意で写真を撮らせて戴いた


    外陣からの撮影でカメラを家に忘れてしまったので
    困ってしまったが
    『そこまで上がってもいいですよ』と
    台座の上にまで上がらせていただくことができ
    戸惑った僕の顔に本堂の人はみんな笑っていた


    『もともとは脇にある阿弥陀如来像が本尊だったんです』

    と住職。

    なるほど本堂の前にある輝きを放っていた池は
    じ極楽浄土の世界を描いていたんだ



    住職はこの不動明王が怖いのは人を謙虚な気持ちにさせるためと
    話してくださったが晴天と地域の人々に見守られ、
    不動明王はいくぶん笑っているように感じた


    自分はあまり運命ということは信じないようにしているが
    晴天山という山号と今日訪問できた
    自分に何らかの縁を感じてしまう


    今、気付く
    この寺の名は



    結縁寺












    ちばの観光 まるごと紹介
    http://www.kanko.chuo.chiba.jp/kanko/1200/
    -------------------------------------------------------
    結縁寺は、周りをイチョウの木に囲まれた小寺で、
    奈良時代の僧・行基が開いたいわれています。
    銅造不動明王像を安置することで知られています。
    不動明王像は嘉元元年(1303年)に造られ、
    高さ47cmの小さなもので左の上牙で下唇を、右の下牙で上唇を
    噛みしめた面相や逞しい体つきなど鎌倉時代の特色を表しています。
    この像は国の重要文化財に指定されています。
    阿弥陀三尊とともに祀られています。
    境内に咲く彼岸花は「印西八景」の一つに指定されています。
    -------------------------------------------------------


    結縁寺?
    〒270-1343
    千葉県印西市結縁寺516
    ※毎年 9/28に開帳。午後1時より法要※



    大きな地図で見る
    スポンサーサイト

    [20110928]

    近江八幡市は今でも城下町の風情が残り
    細い路地の両側には昔ながらの家屋が立ち並ぶが
    中には現代風のカフェやギャラリーなどが店を構えるようになった


    城下町のはずれにある小高い山の上にある
    [木の中地蔵]という名称で親しまれている
    願成就寺の地蔵菩薩を尋ねた



    商店街のはずれに車を止めて
    しばらく商店街の中を歩いて願成就寺の門前にある
    長い石段にたどり着いた

    この日は縁日であり、午後の法要を控え
    町の人々がノボリを担いで、長い階段を登っていた



    石段を登り切ると
    『今日しかお地蔵さんは見えんから是非、見てってな』と
    祭りの準備をしている地域の人の明るい笑顔に
    向かい入れられて、まだ準備中の地蔵堂の中へと入っていった






    厨子の中には等身大くらいの恰幅のいい
    地蔵菩薩が立っていた

    全身から煤を被り信仰の篤さを感じることができる

    菩薩像の衣紋の表情は
    流水のような上から下へ鋭さを帯びて
    流れ落ちている



    顔の表情は実に女性的であり
    厳しさと優しさを兼ね備えた尼僧の姿であった
    これほどまでに女性的な地蔵を見たことは今までにない
    名前とは相対した像に驚きを受けたことを鮮明に覚えている



    願成就寺
    滋賀県近江八幡市小舟木町73-1
    0748-33-4367

    木ノ中地蔵尊 毎年9/23開帳
    正午頃に開帳法要、法要中は拝観不可
    法要前の午前もしくは午後に拝観可能



    大きな地図で見る

    [20110926]

    薬王寺から天竜川を隔てた反対側
    小式部城山(こしきがじょうやま)という約1100mの山の
    麓にある、無量寺に祀られている阿弥陀如来坐像を訪問した



    小高い山のうえに立てられた収蔵庫からは
    箕輪の街並みが春の温かい日差しと
    山々を渡る、澄んだ空気のもとに一望でき
    とてもキラキラとした情景を映しだしていた

    若いお坊さんに収蔵庫をあけていただき
    国の重要文化財に指定されている阿弥陀如来を目の前にした



    藤原様式の地方的解釈の様相が伺え
    眼は凛々しく彫られ
    この時代によくある半眼は弱く
    もしかしたら眼に効く阿弥陀如来、などと
    信仰された時期もあるかもしれない

    もともとは近くの阿弥陀堂に祀られていたが
    近年立派な収蔵庫が立ち、現在は
    整えられた立地で阿弥陀如来を見ることができる



    若いお坊さんからは阿弥陀像を拝したあと
    本堂へ案内され、かつては戦時中に本堂を
    疎開してきた人々のために開放していたと話をいただいた



    阿弥陀像はそういった大変な想いをしてきた人々に対しても
    大きな眼を見開き、話や祈りを聞いていてくれたのだろう


    【天竜川】wikipedia

    天竜川(てんりゅうがわ)は長野県から愛知県、静岡県を経て太平洋へ注ぐ天竜川水系の本流で、一級河川。
    流路延長は213km(日本全国9位)、流域面積は5,090km?(日本全国12位)。

    諏訪湖の唯一の出口である長野県岡谷市の釜口水門を源流とする。
    長野県上伊那郡辰野町から始まる伊那谷を形成し、一部愛知県をかすめ、静岡県へ抜ける。
    浜松市天竜区二俣町鹿島で平野部に出、浜松市と磐田市との境を成しつつ遠州灘に注ぐ。
    流域は急峻な地形のため、古くから「暴れ川」「暴れ天竜」として知られ、多数のダムが存在する。
    江戸時代、江戸の建築用木材が流域の山林で伐採され、天竜川を筏で下って届けられた。


    無量寺
    〒399-4602
    長野県上伊那郡箕輪町大字東箕輪4307
    0265-79-3051
    ※事前拝観予約※


    大きな地図で見る




    [20110921]

    遠野市から340号線、107号線と乗り継いで
    北上市に入った。

    北上市立博物館にて万福寺の周囲の仏像を拝したあと
    すぐ近くにある立花毘沙門堂の管理をされている宮さんに電話を
    すると夕方5時までに来てもらえれば大丈夫ということで
    突然の連絡にも関わらず、北上市流域に広がる毘沙門天像のひとつである
    立花毘沙門を拝することができた。



    旧・本堂の脇に現在は収蔵庫が立ち
    収蔵庫前の看板に設置してあるボタンを押すと
    毘沙門天の縁起が流れるという面白い仕掛けがある


    管理人さんが収蔵庫を開けてくださり
    中央の毘沙門天と有名な脇侍の二天が現れた

    『それじゃ、ここは立花流で』

    と言った管理人は

    『パン、パン』

    と手を打った
    神式のお参りがここでの正式な参拝方法なのだという


    中央の毘沙門天は風化が見られるが
    東日本を中心に広がるいわゆる鉈彫りの
    天部像で、藤里の兜跋毘沙門天というよりも
    成島の兜跋毘沙門天に近しく、派手な動きを見せることはない

    逆くの字に曲がった腰流れ、
    兜は頭巾を被っているようにも見えてくる




    一方、前の二天はポージングがとても豊かであり
    眼球が飛びてているような施しは
    同じ東北地方の会津・勝常寺の四天王像にも
    共通するところである





    管理人の宮さんはこの像を見ながら
    『この天部は本来はガードマンであるがここの像はまるで舞っているようだ』
    まさしくその通りで、これらの像は中央の毘沙門天を中心とした
    来迎の絵にも見えてきた



    『あそこに山が見えるでしょ』


    と差した
    毘沙門堂の目の前にある、低い山“国見山”には
    かつてかなり大きな寺院があったのだという



    現在も発掘調査が進められているらしいのだが
    調査されているところはごく一部であり
    今後の調査次第ではこの像の所以がもっと明らかに
    なってくるかもしれないとのことであった



    中央の毘沙門天は
    どことなく管理人の宮さんの顔に似ているなぁと
    帰って写真を見返すと思えてきた


    『こんな若い人がこれだけ仏像に詳しくて嬉しくなってしまった』


    気づけば、本来行かなければならない時間をとおに過ぎて
    しまいには奥さんに呼び出されるまでであった



    帰りはそんな宮さんと北上市のみちのく芸能まつりに
    向かうことになった



    北上市HPより
    ○極楽寺(国見山廃寺跡)

     今から1,000年以上も前の平安時代中頃に栄えた山岳寺院で、
    山中 には、お堂や塔の跡が残っています。伝承によれば、
    700を超える堂塔、36の僧坊からなる一大寺院であったといいます。
    また「定額寺【じょうがく じ】(国営の寺に準ずる地位の私営の寺)」として
    歴史書にみえる「陸奥国の極楽寺」ではないかとも言われています。
    国見山廃寺は、平泉が繁栄を迎える 200年以上前に、
    北上盆地の中心的な寺院だったとみられます。

    ○国見山(国見山大悲閣展望台・国見山胎内くぐり)

     国見山大悲閣展望台は、標高244mの国見山山頂にある展望台です。
    悠々と流れる北上川を見下ろし、その向こうに広がる北上の街並と、
    背景に横たわる奥羽山脈など雄大な風景が広がります。

     また、展望台の少し下には「胎内くぐり」と呼ばれる巨石があります。
    胎内くぐりとは、山岳や霊地の狭い洞窟や割れ目を通り抜けて
    肉体と魂を浄化し、新たに 生まれ変わるという修行の場です。
    平安時代の極楽寺の僧侶や修験者たちにとって、
    この胎内くぐりは大事な修業だったわけです。



    大きな地図で見る




    [20110920]

    海水浴場から雨飾山向かう糸魚川市の水保地区には
    素朴な十一面観音が祀られている



    観音堂の拝観を申請すると
    地元民が4世帯くらいの人々が
    我々をお待ちくださっていてとても驚いた


    旧水保寺の秘仏十一面観音は本堂のうえにある
    収蔵庫の中に祀られているということで
    地元の方々の先導で少し高台にある収蔵庫へ向う



    旧水保寺は現在の観音堂の下の
    道路の地面に基礎が発見されたそうだ

    収蔵庫の周囲を取り囲う壁は
    自分の背丈よりもかなり高い位置まで
    伸びており、ここが冬は雪深い世界に
    包まれるという証拠を目の当たりにした



    収蔵庫の扉が開かれ
    十一面観音が目の前に現れた



    鉈彫りながら荒々しさはあまり見られない



    肩口からかけた衣はお腹のあたりで
    ゆるやかに結び宮廷の貴族のような印象を受ける



    その像は仏というよりもより人間らしい

    頭上の化仏は朽ちてしまっているのか現在は墨で顔を描いているだけであり
    いかにも地元の人々に愛されている像である様子が伺えた





    山を越えた根津山寺の日吉神社で毎年9/1に行われている大祭
    は<おててこまい>という舞いが奉納され
    無形文化財に指定されている


    概要<参考URL
    水保観音堂の創建は大同元年(806)に弘法大師空海が開山し、坂上田村麻呂が草創したといわれています。
    日吉神社とは神仏混合で最盛期には吉祥院の庇護のもと七堂伽藍を備た大寺院でした。
    周囲に大きな影響力を持っていましたが明治時代初頭に発令された神仏分離令により寺院が配され
    日吉神社と観音堂だけが残され、現在は宝伝寺の境外仏堂となり周囲の信者によって管理されています。
    特に本尊である十一面観音は身をもって集落の火災を防いだという伝説が残っていて火伏の観音さまとして
    信仰の対象となっています。観音堂には棟札が残されていて明和5年(1768)に建てられ、
    棟梁が倉若七右衛門、脇棟梁が宮原与右衛門、下役が小杉久右衛門だったことがわかっています。
    5間四方の寄棟造り、元茅葺(現、金属板葺き)で中世の密教寺院建築の特徴を残し地域に残る修験道場の
    遺構としても貴重な存在です。寺宝には大正12年に国重要文化財に指定された
    「木造十一面観音立像」(平安時代中期~後期の作と推定、桜材の一木造、頭部の天冠台には
    様々な表情をした十一面が墨書、像高1.548m、鉈彫り、33年に一度の開帳)や
    男神像(2躯、室町時代作と推定、像高27㎝、23.5㎝)や鋳銅製鰐口(貞享3年作、鋳師:高田土肥藤右衛門藤原朝臣家次、
    施主:糸魚川高野清右衛門季林敬白)などがあります。又、観音堂には鎌倉時代に佐渡に流され本間一族に
    惨殺された日野資朝の子供阿新丸が観音堂の霊力を受け父の敵を討ち果たし
    父の遺骨を境内に埋葬したという伝説があり資朝の墓もあります。

    -------------------------------------------------------
    水保観音堂
    〒941-0044 新潟県糸魚川市水保
    [詳細]
    http://www.city.itoigawa.lg.jp/dd.aspx?menuid=4223
    -------------------------------------------------------


    大きな地図で見る


    [20110912]

    立山ICを降りて向こうに観える
    立山連山の連なりに向かい麓の小高い山
    城ヶ平山を目指した



    大岩という地名に相応しく
    真言密宗大本山の
    日石寺の本尊の不動明王はそそり立つ岩に
    彫刻された本尊である



    この日はお盆ということもあり多くの
    参拝客で本堂は賑わっていた



    重要文化財指定以上の石仏としては大谷や臼杵の磨崖仏が
    有名ではあるが僧が修行を行うための洞穴のようなお堂の中に
    蝋燭の炎で浮かび上がるその姿は
    かなりの大きさでは最も大きい石仏であると感じた




    彫刻された箇所は傾斜のあるところで彫られ
    本堂で拝む我々のほうにいままさに迫りこようかと
    いわんばかりに迫力がある



    境内の滝で禊を行っている人は
    大人だけにとどまらず、小学生なども
    滝に打たれていた

    この日の気温は35℃にもなり
    その光景はとても気持ちよさそうだった



    wikipedia
    概要

    寺伝では神亀2年(725年)、行基(ぎょうき)の開基と伝える。本尊は大岩壁面に刻まれた、
    磨崖仏の不動明王像で国の重要文化財に指定されている。岩壁に刻まれた
    磨崖仏に覆いをかける形で本堂が建造されているため、磨崖仏の保存状態は良い。
    三重塔と山門は町指定文化財。参道には名物のそうめんを売る店が多く並び、賑わっている。
    また、一切衆生の六欲・根本煩悩を断つとされる、6つの龍頭から流れ落ちる
    六本瀧(ろっぽんだき)は、寒修行の場でもあり、毎年大寒には多くの人が参詣し、滝に打たれている。
    「劔岳 点の記」の映画撮影の際には撮影提供を行った。

    重要文化財
    大岩日石寺磨崖仏
    不動明王二童子像(当寺の本尊)、阿弥陀如来像、僧形像の5体を凝灰岩の巨岩に
    半肉彫りで彫り出した磨崖仏。国の重要文化財に指定されている。

    不動明王像の像高は約2.8メートル。左右に矜羯羅童子(こんがらどうじ)像、
    制咤迦童子(せいたかどうじ)像、阿弥陀如来坐像、僧形坐像(伝・行基像)が半肉彫りで
    彫り出されている。不動明王二童子像は平安時代後期の作で、阿弥陀如来坐像、
    僧形坐像は後年になって追刻されたものと思われる。建武2年(1335年)、
    不動堂が大風で倒壊した際に大破し、康永元年(1342年)に修理されているが、
    各像とも根幹部分は造像当時のまま。室町時代に上杉勢の兵火に遭い、
    また1967年(昭和42年)に本堂が火事に遭うが、磨崖仏はほとんど
    損傷をうけることなく今日まで残っている。






    大きな地図で見る

    大岩山日石寺?
    〒930-0463
    富山県中新川郡上市町大岩163
    076-472-2301

    [20110911]

    フランス領のTahitiより
    帰ってきました












    身体のアチラコチラがヒリヒリ火傷・・・




    [20110905]

    岩手県北上市【鬼の館】へ





    女の人は恐いよね




    これが


















    こうなるんだから


    [20110904]

    富山から栃木に戻る途中に
    十日町市に立ち寄った













    今年は夏の豪雨や震災のあとの余震の影響で
    大地の芸術祭の作品はたくさんのところで見れなくなっていたのだった

    震災の余波は東北だけではない

    長野やこの新潟でも爪を深く残していたことを
    自分は記憶に残さなければならない





    [20110903]

    金沢の訪問ついでに
    金沢21世紀美術館へ














    Inner Voicesはシニカルな作品が多いなぁと思っていたのだけれど
    作品概要をよくよく見ると女性の作家を中心に構成されていた
    女性は物事を皮肉を込めてみているのだろうかと若干怖くなってしまった。。
    でもそうだよね

    Inner Voices ー 内なる声

    体験型インスタレーション作品が多く
    全身を使って楽しむことができた
    個人的にはこちらの作者は万人受けする作品であると感じた


    世界の中に自分の居場所を見つけていく過程で作り上げられるアイデンティティを、
    人々はどのように引き受けていくのでしょうか。多様な表現を以て時代に向き合う現代美術の作家の中で、
    自己への縛りをはねのけて自分にとって可能な道を探し続けようという意欲は、
    女性の作家たちに強く見受けられます。なぜなら、既存の価値観や古い現実のパラダイムを脱し、
    もうひとつの現実を自ら作り出すことは、権威や通念から自由であろうとすること
    ー自己決定の自由の獲得が、女性にとっては重要なことだからです。
    本展は、経済成長とともにグローバル化の波を受けてきた1960年代以降に生まれた
    女性作家たちに注目し、生の困難さと可能性の両面を人間に見る、
    彼女たちのInner Voicesー内なる声に耳を傾けます。

    彼女たちは通説的に「女性的」であることを示すイメージや価値に対して、
    あるいは差異によって起きることへの誤解や無理解を、
    対立や抵抗ではないかたちで乗り越えようとしています。

    芸術表現において自由であることが、女性にとってのみならず、
    世界において同程度に普遍的で重要であることも彼女たちの実践=作品が示してくれることでしょう。

    イェッペ・ハイン 360°

    デンマークの若手作家、イェッペ・ハインの、美術館における日本で初めての個展。
    6つの展示室と廊下や屋外を舞台に、観客との関係を生み出すユーモアあふれる
    インスタレーション作品など11点を展示します。タイトルの「360°」には、
    全方位に開かれた金沢21世紀美術館の建物にちなみ、見る人との関わりを
    大切にしたいという思いと、鏡や光を使った回転する作品などによって、
    空間がぐらつくような体験を引き起こしたいという思いが込められています。
    空間と戯れる、参加体験型の展覧会です。

    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。