然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20111226]

    ことしのクリスマスは
    みんなでお祝い

    駒場東大前にあるレンタルカフェを利用して
    普段お世話になっている人を呼んでわいわいやりました

    仏像部副部長 花里さんがウェルカムボードを即興で書いてくれた
    やっぱかわいいぜ


    知ってる人もいれば友達の友達など
    たくさんの人が集まりました









    みんなでマリオカート大会














    また来年もやりたいです

    ※最後に写真たくさん撮ってくれたヒロシさんありがとうございます※!!


    スポンサーサイト


    2011-12-26(Mon) 23:31 | トラックバック(0) | コメント(4)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20111226]



    2011年12月に初めて大原を訪問した時に
    大原の石段を登った二股に大きな“来迎院”の看板を見つけ
    大原から京都市内へ戻ろうとする足が止まった

    看板から約5分ほどの里の道を歩いていった
    山の中に『来迎院』の木造の山門が現れた



    山門をくぐると木々の緑と紅葉が斑に広がる
    山深い景色が視界を埋め尽くした

    本堂は階段を数段上がったところにある

    過去何度も火災にあり天文年間(1532~55)に再建された
    建築が現在の本堂であるという

    本堂の中央には
    木造薬師如来坐像・木造阿弥陀如来坐像・木造釈迦如来坐像が
    三尊形式で祀られている



    いずれの像も国の重要文化財に指定されている

    中央の薬師如来は藤原時代の穏やかな印象であり口が小さい
    螺髪は至って均一に彫られ添えられた右腕の上げられ方
    滑らかな衣紋表現など全体的に優しい印象を受ける





    三尊と同じ須弥壇には平安時代の不動明王像や
    興福寺南円堂と同じポーズをとった多聞天像が
    祀られている



    大原らしい都の奥座敷らしい
    ひっそりとした中に優雅で厳かな印象を醸しだす寺院であった


    wikipedia“来迎院 (京都市左京区)”
    -------------------------------------------------------
    歴史
    平安時代前期円仁が天台声明の道場として創建したのに始まると伝えられる。
    1109年(天仁2年)融通念仏の祖とされる良忍がこの寺に入寺して再興された。
    たびたび焼失したが、その度に再建され現在の建物は
    天文年間(1532年 - 1555年)に再建されたものである。
    江戸時代には江戸幕府から朱印状を与えられている。
    -------------------------------------------------------



    [20111221]

    中津川のインターチェンジを降りて
    中山道への続く中津川バイパス“松田”の交差点を曲がり住宅街を進んでいくと
    曹洞宗寺院 寿福山東円寺が現れた



    高台にある東光寺の境内からはとても綺麗に
    中津川の街並みを見渡すことができた


    『雨が降ったら開けることができない』と
    事前に言われていたため、澄み切った中津川の市街の
    景色とともにほっと胸を撫で下ろした

    ご住職が不在であったため奥様に
    収蔵庫の扉をあけてもらうと大変綺麗な薬師如来が現れた



    像高は50cm程度とそこまで大きくはない像だが
    収蔵庫の中央にどっしりと佇む姿はとても勇ましく見えた



    形式的には藤原時代のものであり全体的に気品漂う
    爽やかな像ではあるが顔の表情を凝視していると
    だんだんと男性的な力強さも味わうことができてきた

    “うしろむきやくし”

    中山道の宿場町としてかつて交通の要所であった中津川に伝わる
    この像はお寺の前を馬で通る人間が落馬する事故が増えたため、
    この像を本堂に後向きにまつったところ、落馬がなくなったという
    伝承が残っていると奥様が話をしてくださった




    薬師如来を拝観したあとに奥様のご好意で
    本堂の中を案内していただいた


    珍しい秋葉権現像や大きな涅槃像など
    本堂もとても見応えがあった





    東円寺
    〒508-0036 岐阜県中津川市東宮町8?12



    [20111206]

    文裁寺は広島県世羅町赤屋という地域にあるが
    十一面観音が聖観音像がある旧・法音寺は
    そこから東に直線距離で1kmほどのところにある

    しかしながら文裁寺から行くと
    ぐるりと迂回しなければならないため
    道に迷いご住職を待たせてしまった

    本堂に入ると暖色系のライトに照らされて
    二体の観音像が現れた



    十一面観音は像高約1.5m。カヤの一木造りで
    台座まで一木で作られている
    肩幅が広い体躯で偉の張りやや首が短い印象を受けるが
    それゆえ木塊の力強さから産まれる迫力が現れている
    地域の人々からは“子育て観音”の名で信仰を受けている



    一方聖観音像も平安中期の作で
    十一面観音像と対比すると柔和な印象を受ける
    (像高1.36m)

    この2体の仏像は古保利薬師と並んで
    広島県の仏像を代表する傑作と言える



    世羅郡の東半一帯は、鎌倉時代以来高野山領大田荘であり
    その中心寺院である今高野山龍華寺は、大田庄経営の中心寺院として建立され
    毎年8/20日に本尊である十一面観音が開帳されている

    自分は大学時代にこの像を日本の美術〈7〉貞観彫刻 で
    見ていたのだけれど、貞観彫刻にも関わらず端正な顔立ちに
    惹かれ、いつか姿をみたいと切に願っていたが
    今回は縁日ではない日に訪問したため
    また日を改めて龍華寺には訪問したい


    ちなみに文裁寺の住職は龍華寺の開帳日に
    文裁寺も訪問したい人がたくさん押し寄せてしまうため
    ちょっと困惑してしまうそうだ
    そして住職の車からは中田ヤスタカ率いるcapsuleが流れていた♪

    <引用>

    広島県HP 文裁寺十一面観音
    -------------------------------------------------------
    榧(かや)材の足部から蓮肉まで一木彫成(台座周囲は後補)という,
    平安時代初期(9世紀ころ)によく見られる技法の仏像である。
    ずんぐりとした怒り肩の体躯に太い首,著しく奥行の深い頭部に眉目はやや鋭く,
    あごにくっきりと刳り(くり)の線をほどこし,上唇のつき出た表情など,
    重厚さと量塊(りょうかい)性に富んだ像である。裳には翻波(ほんぱ)式衣文(えもん)が残り,
    天衣には旋転(せんてん)文がうづまいて彫り出され,
    9世紀頃から流行した壇像の趣が濃く,黒ずんでいるがわずかに彩色のあとがうかがえる。
    頭上の化仏十個は後補であるが,そのうち七個は相当古いものである。
    貞観彫刻(9世紀ころ)。もと報恩寺観音堂に納められていた。
    -------------------------------------------------------

    広島県HP 文裁寺聖観音像
    -------------------------------------------------------
    菩薩は如来の境地に達する前の段階にあるもので,
    具体的には,釈迦の出家する前の太子つまり王子の姿をかたどる。
    観音菩薩はその菩薩の代表的なもので,
    更にその中でも聖観音は観音の基本形とも言うべきものである。
    十一面観音とともに今は廃寺となり,報恩寺仏像収蔵庫に安置されている
    この聖観音立像は,檜材の寄木造で,
    容姿の優麗温雅な平安時代(794~1191)の作品である。
    -------------------------------------------------------




    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。