然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20080221]




    大分県立歴史博物館の中は
    大分真木大堂の仏像達が本堂の修理の為に集合していたのもあったが
    仏像の宝庫だった。




    ほとんどがレプリカのものだったが
    奈良県立博物館のような仏像ゴロゴロを大分でも感じることができた


    目を惹いたのはやはり真木大堂

    阿弥陀如来坐像と四天王像


    まさにステージの上から客席を見下ろし煽っているミュージシャンの
    ような四天王達の風貌



    大威徳明王像不動明王もすごい近い距離でスポットライトに照らさ
    れた
    かっこいい姿でみることができた。




    ゾロっと揃った仏像達はすごい迫力でした。



    また今回の大分旅行で行きたかった
    小武寺の木造倶利迦羅竜剣も展示されていたのでこちらも併せて見る
    ことができた。
    不動明王の化身とされる木造倶利迦羅竜剣




    本当はウロコがあったようなのですが子ども達が遊んではがしてしま
    ったようで
    竜というよりはイタチ?!っぽい。。。w
    アニメっぽくてなんかほほえましかった。



    歴史博物館をあとにし
    宇佐のはずれにあるMJ、いとうせいこうも訪問したという龍岩寺

    龍岩寺の奥の院にあるという仏像を見るために
    みんなで山道を頑張って登ります



    長い長い山道を登った先にある
    岩と岩の間にはさまれ龍岩寺奥の院



    不動・阿弥陀・薬師の3尊像が座っている








    ここの仏像は本当によかった。
    一本のクスの木から作られているとのこと。

    ちなみにこのお堂の後ろの崖から染み出てくる水の量で
    この地域が今年豊作か凶作かを占うという習わしがあったそう。

    神聖なオーラがここを包み込んでいたような気がします。


    山から下りて留守番の方にご挨拶をして帰ろう・・
    と思っていたらおもむろに本堂の鍵を開けだして中へどうぞと案内される。
    本堂にはこたつがおいてあり、コタツにみんなで入ってお寺の方から
    お茶とお菓子と沢庵をご馳走に。

    大分の寺はやたらとサービス精神が旺盛だなーー!


    雪の中、見仏し続けた体を温める為に湯布院にある
    茶房 天井棧敷


    旅館「亀の井別荘」にある湯布院第1号の喫茶。
    江戸時代の造り酒屋を移築した店内には賛美歌が流れる。

    ノスタルジックな雰囲気は大分板
    "明治の館"といったような趣を放つ

    到着した時も先客が数人いて
    20分ほど待っていた



    特に一番奥の深い椅子の席は人気があるようで
    その席を待つ客もいた。

    僕は林檎のコンポートとアールグレイ
    またこちらの店の名物モン・ユフ


    砂時計でポットの中の紅茶がいい味が出る時間を待って
    かわいらしいポットの布をとってカップに紅茶を注ぐ



    モン・ユフはデンマークのクリームチーズそのものに
    砂糖やレーズンをあしらった、まさにこの日の大分の山間部を表して
    いるかのような
    チーズケーキ。





    こちらが林檎のコンポート


    落ち着いた雰囲気で
    ホッする空間

    長塚温泉に行こうとするも途中の山道が積雪の影響で通行止めになっ
    てしまったため
    あきらめて明礬温泉に向かう

    途中の山並みハイウェイはとても景色が
    火山から噴出したと思われる岩石が草原にゴロゴロと転がっていて
    ここが日本ってことを一瞬忘れてしまうほどだった



    山なみハイウェイを抜けて別府温泉にある明礬温泉に到着
    藁葺の屋根が印象的。



    中は外国人の人がたくさんいて
    海外からの別府温泉の注目具合が伺えた。

    白濁の露天風呂にてゆっくりと1時間ほど入浴。。。。


    ポカポカの体のまま、また一気に別府かた大分市まで移動して
    繁華街の中にある海鮮料理 いかしょう



    "関サバ 一つちょーーーだい"

    って言ったら
    店員さんの顔色が変わる。

    "お客さん 高いけど大丈夫ですか・・・"

    一瞬にして"え?!"と聞き返すと

    "1匹 小さいものでも今の時期ですと1万5千円くらいかかります"

    うーーーーん 予想以上に高い。

    苦渋の決断だったけど豊後水道の反対側の愛媛で岬(はな)さばを
    食べたから、今回はあきらめようということでその代わり烏賊のフル
    コース



    海流がきついからだろうか烏賊もものすっごく美味い。
    烏賊の刺身だけではなく、烏賊餃子、烏賊シュウマイとか
    なんだかんだで結構満喫できた。





    大分結構深い!2日目ハンパなく長かったけど
    これにて終了!








    コメント

    □  from 不空

    う~ん 懐かしいね しかし凄い動きでついていけません(笑)

    九州のイカ料理はお造り頼むとゲソは揚げたりリクエストに応じて
    くれるんですよね

    そういえば倶利迦羅竜剣は あれで仏像らしいんですけれど
    吉野の竜神様にもあったの覚えていますか?

    2008-02-21(Thu) 14:48 | URL | #- [ 編集 ]


    □  from yoshiki

    不空さん◆
    4・18も不空さんのスケジュールだと
    こんな感じにせわしない日になりそうですねw

    そうです!そうです!
    ゲソは最後は天ぷらでいただきました。
    今思いだして涎ジュルジュルですw

    倶利迦羅竜剣あったんですか?!
    吉野では不空さんに緊張しててあまり覚えていません!w

    2008-02-21(Thu) 15:57 | URL | #- [ 編集 ]


    □  from 尚

    太郎天に倶利伽羅龍王さんまで!

    いずれも奈良に出張された時
    に拝顔しました!

    でもやっぱ現地で見たい!

    2008-02-24(Sun) 15:28 | URL | #- [ 編集 ]


    □  from yoshiki

    尚さんも確か大分には行かれたんですよね!
    倶利伽羅龍王は歴史博物館なので厳密には
    現地というわけではないのですが、太郎天はよかったです☆

    尚さんも時間さえあれば奈良からであれば尚さんの
    will carで頑張ればいけるのでは?!

    2008-02-26(Tue) 14:44 | URL | #- [ 編集 ]



    管理者にだけ表示を許可する

    Top

    http://andon21.blog85.fc2.com/tb.php/173-9d330c62
    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。