FC2ブログ


然るを訊く
[20081022]

東北道⇒北関東道路⇒上信越道⇒長野自動車道⇒中央道⇒名神道

片道9時間の道を 走りつづけ また逆も然り
終わったころには足がぴくぴく言っていた

とうとう始まりました仏像界の2008年~
2010年の一大フェス!

初陣は今年大阪へ飛ばされ現在、金融機関の混乱の最中
某クライアントとのトラブルに四苦八苦している我が会社同期と共

西日本をかけめぐりました。
彼は先週、京都八坂神社へいきお払いをしてもらったので
今度はシャカに身に降りかかる災難を払拭してもらうべく
二つ返事でこの旅に参加することになりました。


・・・とその前に本フェスに参加する事前訓練ということで
自分は名古屋市博物館で行われている
[特別展 西国三十三所 観音霊場の祈りと美 ] へ




高速の出口を間違え、閉館時間を過ぎていたのですが
「東京から来たので~」「この展覧会のために来たんで~」
みたいなことを懇願し、なんとか中に入れてもらえた

主役は重い入り口を入ってすぐのところに鎮座していました。




やはり主役、煌びやかさが圧倒的!

実は・・自分、前回の清水寺の開帳の時には
さほど仏像に対して惹かれるものがなくって。

清水寺の本尊が2003年3月に243年ぶりに開帳されるって
ニュースはR25でピックアップされていて存在はしっていたのだ
けど
行動へ駆り立てる衝動はそこまで沸いてはきませんでしたね

だけどもだっけぇど、仏像に本格的に興味を持ってからは
後悔しっぱなしの毎日をすごしていました。
横浜の清水寺展でも会えず、やっと念願叶って彼に会うことが
できました。2002年に重文に指定されたみたいだけどたぶん
そのうち国宝になるんじゃないかな。

清水寺で開帳になった時はどうだったのかわからないけど
たぶん暗くて人も多くて、たぶんなかなか見にくかったと思うけど
名古屋市博物館でのこの人はまわり誰もいなくてマンツーマン

なんかもうすごい近くて・・・綺麗すぎて。

最近、
地方まわっていたのでこういう像はなかなかお目にかかっていなかった
んだけど、ため息でちゃいました。。

すっかりミーハー気分で図録を買って
名古屋市内うろついたら[うな富士]
に行列できていなくすかさず駐車。

地元の人が認めるひつまぶし。終わった時には行列できてた。
昔は苦手だったのですが最近うなぎが食べれるようになってきまし
た。
むしろ好きかも。



同期の家につくと、同期が興味をもっていた
うつぼ公園近くのたこ焼 居酒屋へ


椎名林檎、室井佑月似の美人女性がつくるタコ焼。
ネギたこ焼き、めんたいマヨたこ焼き、チューハイ。
安くて、遅くまでやってて、味もまぁまぁ
9時間運転した体にアルコールが染み渡ります。


AM 9:00

彼の家で寝て次の日、とうとう霊場巡り。
ドMな我ら、朝一でいきなり施福寺

途中道に迷ったら藤岡弘ばりのジャングルロードを走り、
抜けたとおもったら心霊番組でクローズアップされそうなトンネル

本当の意味でも霊場巡りのような体験をするハメに。

片道30分の山を登ります。

同期はなぜか寺の人にあえてまちがわれようとして
すれ違う人々に合掌したり、「ありがとうございます」
とか言ったり
本気で恥ずかしかった。。本堂の弥勒はなぜか写真取り放題。
みんな「え?とっていいの?」って、はてなマークをつけながらも
体は正直でバシバシ撮影していた。




モッチリとした体格にちょっとだけよ、な配置。
千手もいい感じでした。本堂裏の馬頭観音は厩舎付き。
ダビスタまたやりたひ。サンデーサイレンス 馬鹿高い。




PM 13:00

朝一で施福寺へ訪問したせいで
次なる粉河寺は楽勝すぎた。。。



ここも217年ぶりの千手観音の開帳でとっても賑わっていたけど
ちっちゃいうえに、あっさり見れちゃったので、
元気はありあまります。




PM 14:00

和歌山市内で和歌山ラーメン。餃子が拍子抜けだったけど
ラーメンはしっかりウマイ。
そして店のおばちゃんめっちゃいい人。
早寿司もしっかりいただきます。腹ごしらえをし、紀三井寺
こちらは50年に一度の開帳の千手観音&十一面観音。



千手観音はくつベラが沢山ついているのでくつベラ観音と改名した
方が
いいと思う。いい顔してます。
一刀三札で彫った十一面はポテっとしててありがたみってゆーか
親しみが湧く観音さんでした。梵天・
帝釈天も日本女性らしい感じがいい。
J○Bが企画する西国巡業の一行とこの寺まで一緒だったんだけど
添乗員さんは率先してお経を唱えたり、
やっぱ見仏の需要はあるんだなと認識


PM 16:40


ここから一気に北上し、興福寺南円堂



ここでもなんと
閉門時間を過ぎていたけど同期と自分との営業2人の懇願で
南円堂だけ入ることができた。
しかもディスカウントされた300円。
ここで発覚しましたが、
北円堂だとおもっていた建物が南円堂でした。






風の通りが気持ちよく同期は舞台の上で四方八方に睨みを効かす
四天王と不空羂索観音をポーーっと眺めていた。
もう時間すぎているのに・・



ちなみに南円堂の案内人をやっていた自分と同世代のお兄ちゃんと
ダベったのですがこの仕事は日雇い派遣なんだそう。だから仏像は全く興味がなく
渡された資料を堂内で声をあげて読むだけ。まー、
フェスともなれば派遣も
しょうがないのかな。。
自分は興福寺と東大寺の二重派遣でもいいからやってみたいw


PM 17:00

ここでTime Upとなって仏像Fesは一旦終了~。
でも見仏はまだまだ終わらず、夜の楽しみは食事と温泉そして
この日はショッピングも。
で、奈良から和歌山へReturn


PM 19:00

今回旅行の第二の目的。
自分が贔屓にしていたアパレルショップが和歌山の24号線沿いに
あることが判明し、和歌山でスーツをしっかり2着購入

PM 20:30

ここでGUEST登場。中目黒のスポーツジムに通っていた時に
知り合った現在、粉河寺の近くに住んでいるくんが登場。



半年ぶりに和歌山で再開。前日、京都・
嵐山で好きなアーティストと
一緒に電車でまわるツアーに参加してきたそうで終始ゴキゲン!

共に岩出駅の近くにある紀州鶏・鳥吉



焼鳥はタレが絶品。
鳥料理屋なのに茄子のおひたしがメチャ旨だった。
ヤマのメニューが多くて残念。

紀州鶏をつまみに
話はWくんの最近の事情や
男ならではの下ネタでワイワイ

PM 22:00



そして日本一好きな温泉、和歌山市内にある
花山温泉で今日一日の疲れを癒す。
なんかもーねたくさん辛いこととか
あるけどココの温泉入って夜の星空を眺めるだけで
生きててよかった~って思えるんだ




PM 24:00

和歌山から大阪もどって同期の家で眠りにつきます。
この日は同期もさすがに疲れがたまったのか
すぐ寝てました。


つぎの日の京都編は
長くなってきたのでまた気が向いたら書きます。

コメント

□  from 不空

しかし いつものことだけど 凄い行動力だね

奈良からまた和歌山に戻るところが凄いよ ハハハ

2008-10-23(Thu) 09:19 | URL | #- [ 編集 ]


□  from yoshiki

不空さん>

今おもえば不空さんから和歌山から
呼ばれたときもたいしたことなかったですねー

年々、距離感がなくなってきているきがしますよ(w

2008-10-23(Thu) 09:22 | URL | #- [ 編集 ]


□  from ありゅう

私も興福寺行ってきました。

そして北と南がやっぱり逆に思ってました。。。
今日から北も公開ですな。

2008-10-25(Sat) 09:16 | URL | #- [ 編集 ]


□  from ありゅうさん

ありゅうさん>

そうなんですよね
いきたひ☆

僕もまだむちゃくブラザーズにあったことないんです。。

2008-10-25(Sat) 10:35 | URL | #- [ 編集 ]



管理者にだけ表示を許可する

Top

http://andon21.blog85.fc2.com/tb.php/275-eedea1f0
HOME
copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,

[mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
迦楼馬 (03/27)
こんばんわ、お疲れ様でした。
いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

村石太い&しなもんてぃー (02/16)
孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
宗教研

こばりん (01/13)
輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

yoshiki (12/23)
不空さん

神像もたせてもらえるんですかw
安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
ことし一年お世話になりました。

不空 (12/17)
正覚院 → 正覚寺

不空 (12/17)
安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

株取引の流れ (11/20)
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

ブログ内検索
月別アーカイブ