FC2ブログ


然るを訊く
[20090721]

ちょうど次の日から展示変えというタイミングで
最後のチャンスとなっていました。

常設展へ



不動明王立像  平安時代

平安後期12世紀ごろにいたって定型化した不動十九観様の不動明王立像の
典型的な像。端正だが、やや型にはまった感も否定できない。着衣にほどこされる
彩色・きりかねの文様は時代の気分を伝える。ヒノキ材の寄木造り。玉眼を嵌める
麺部は造りなおされたもの。




吉祥天立像  平安時代10世紀

吉祥天はインド古代神話に登場するラクシュミーが仏教にとりいれられて成立した、
福徳をつかさどる女神。日本では奈良時代以降、さかんな信仰をあつめた。この像は
京都府亀岡氏西別院町万願寺(奈良時代創建の万願寺があった)の大宮神社伝来と
伝えられる。




毘沙門天立像   鎌倉時代 慶算作

以前から像内銘のあることが知られていたが、平成10年度の解体修理に際して
その内容が確認され、文永8年、慶算作であることがわかった。作者は慶派
末端の仏師であろうか。上手の作ではないが基準作として貴重である
髻は最近の修理で新たに補ったもの




十二神将立像
    鎌倉時代十二世紀~十三世紀  神奈川・曹源寺

神奈川県横須賀市の曹源寺に伝来した像。鎌倉初期の運慶派の清新な作風をしめす。
一具中の戌神像内にある鎌倉末の修理銘中に『けんきうのころのほとけなり』の文言が
あって一具が1190-99に製作されたことを暗示する


このあと
伊勢神宮と神々の美術



こちらの方は常設展のついでに・・・とおもっていってみたのですが
あるわあるわの仏像たち。こちらの方は神像がメインだったのですが
その中から印象的な仏像を三点ほど。



金剛証寺 雨宝童子

頭の上に五輪塔がありました。



伊豆山神社 男神立像

神像でここまで大きいものははじめてみました。
神の偉大さを大きさであらわしたものなのだそう。新鮮でした。



松尾大社 男神坐像

とても整った形をしています。神像界のイケメン?!

コメント


管理者にだけ表示を許可する

Top

http://andon21.blog85.fc2.com/tb.php/366-fccea147
HOME
copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,

[mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
カテゴリー
 
最近の記事
最近のコメント
迦楼馬 (03/27)
こんばんわ、お疲れ様でした。
いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

村石太い&しなもんてぃー (02/16)
孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
宗教研

こばりん (01/13)
輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

yoshiki (12/23)
不空さん

神像もたせてもらえるんですかw
安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
ことし一年お世話になりました。

不空 (12/17)
正覚院 → 正覚寺

不空 (12/17)
安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

株取引の流れ (11/20)
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

ブログ内検索
月別アーカイブ