然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20090728]

    旅の最初の到着地点は
    塩原温泉の中でも湯の出ずる場所の近く
    旅館街とは遠く離れ、山の中を車が進んでいく。

    『元湯』と呼ばれる地帯に3軒、名湯が軒を連ねる

    えびすや” “元泉館” “大出館

    その中から今回チョイスしたのは“大出館”でした。
    こちらの湯は日本の中で唯一“墨の湯”と呼ばれる
    湯が湧き出ることで有名。



    硫黄、モール、鉱泉、いずれのジャンルのにごり湯にも
    該当しない、“墨”というジャンルをここに創りだしている。



    唯一のお湯を求める人の欲求は
    男女の性別をも越え、男女隔てなく共に
    墨の湯に体を沈める


    墨の湯で体を清めたのか汚したのか
    不思議な感情を抱いたまま
    これまた不思議な塩原温泉街名物の食物
    スープ入り焼きそば”なるものを頂く

    こちらは昨今のB級グルメが取り上げられる中
    栃木県を誇る名物として躍進中のグルメです


    この“スープ入り焼きそば”を食べられるのは塩原温泉の中では
    二店舗だけ、“釜彦”と“こばや食堂

    スープ入り焼きそばのルーツはこちらをご参照ください。

    今回は前回の同期との旅行と同じく前評判の高い
    “こばや食堂”でいただきました。

    11時のopen直後から人が雪崩れ込み
    10分ですでに満席。山あいの小さな温泉街では特異な光景である。



    具はシンプルにキャベツと豚肉のみ
    毎回毎回、しっかり焼そばを焼き上げてからスープと
    混同させ丁寧に作っている。

    インパクトしかない、料理だがインパクトだけでなく
    焼そばとスープの相性が良く、ちゃんと料理として
    成り立っているのが驚きだ。




    塩原の山を抜け、更に山の奥へとどんどん入っていく
    そこは奥会津と呼ばれる場所。時間が止まった村があり。



    村に到着したころ調度、山あいならではの雷雨に見舞われ
    茅葺屋根の町並みの中で雨宿り。



    観光客の一部は時間の制約があるからだろうか、ビショビショに
    なった体、関係なく見物していた。


    雨もあがり、それと同時に太陽まで一気に顔を出していた。
    その太陽のスパイスを降りかけた地元の味噌を使った
    団子を頬張る。




    その後更に山の中が車が走り
    1時間ほど走行したころ今回の旅の目的地へと到着しました。
    コールマンと提携した、このリゾートは湖を中心とし
    温泉、スパなど多くのレジャー施設を完備しグッドデザイン賞も
    受賞している。





    自分は施設へ到着するなり
    カヌー体験。ライフジャケットを装備し意気揚々と湖へと出港。
    湖から眺めるリゾートはまるで絵葉書。




    必死にオールを漕いだので腕がパンパンになってしまいました。。



    宿泊は“オルサ”と呼ばれる
    ドーム型の宿泊施設へ。




    オルサの中は小さいながら天窓がついており
    鳥の囀りと外の光を中に引き込み、太陽が昇り、部屋の中を光が
    差し込むことによって天然の目覚まし時計となる。


    夜は施設内のレストランにて
    湖の中心部にあがる噴水とイルミネーションを見ながらの食事。




    ちょうどこの日、冬に作成した益子焼のグラスが焼き上がり
    持ち込んでいたため、自分が作成した益子焼にビールを注ぐ。
    口につけたグラスの縁はゴツゴツしていたのだけれども
    自分が作ったグラスという充実感からか、数倍増しにビールが美味い。




    個人的にはインゲン豆の冷製スープとメインディッシュの牛の脛肉の
    トマトソースが印象的でした。










    夜は線香花火をしながら
    標高700メートルの羽鳥湖高原の空に瞬く
    星空を見ながら、暫し都会の喧騒とは離れた時間を過ごす。



    天然のプラネタリウム、星の数があまりに多すぎ蠍座、カシオペアなどの
    星座は確認できたものの、その他の星座は逆にわからなくなってしまう。

    写真に収めることができなかったのが残念だったのだけど
    人生初めて、天の川を捉えることができた。
    そして運良く流れ星を2つ見ることができた。

    地元・栃木の夜空もすごいとおもっていたのだけど
    それを上回る景色を見ることができた。

    1日雨が降ったりやんだりの天候だったのだけど
    雨が空気中の塵を洗い流し、極上の夜空をプレゼントしてくれた
    ような気がして、雨にも感謝をしつつ就寝。


    朝は湖の風を受けながらデッキにて朝食。




    その後は湖の周囲を散歩しつつ、
    バドミントンやフリスビーなどをしながら
    汗を流しこのリゾートをあとにした。
    帰り道もこの地方の特有のものを愉しみながら
    帰ってきたのですが詳細はまた後日。





    コメント


    管理者にだけ表示を許可する

    Top

    http://andon21.blog85.fc2.com/tb.php/369-7a76fa74
    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。