然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20100318]

    前日のウコンのおかげで二日酔いはなく
    ただ熟睡したため、若干寝坊の7時起床

    朝風呂で出てすぐさま朝食を済まし

    この日最初の寺

    堂ヶ島薬師堂




    ガラスケースに室町時代の三体

    釈迦如来坐像・薬師如来坐像・阿弥陀如来座像
    愛らしい3兄弟と言った感じです。

    以前は60年に1度の開帳に限定されていたためか

    堂内の長押の上に飾られていた秘仏開帳時の
    記念写真に歴史を感じます。


    金龍院




    訪問した時にはちょうど法事の直前ということもあって

    通常であれば、断られるところだったのだけど
    教授の力と住職の人柄により
    入れていただくことができました。
    法事に来ていた人達は団体客が本堂の隅にある
    不動明王と千手十一面観音菩薩に食い入るように見ていた姿に
    ちょっと驚きの表情を浮かべていました。
    不動明王像は辮髪式の古様の不動。
    千手十一面観音菩薩の頭上の仏面は咲き乱れるように
    放射線上に広がっていた。



    修禅寺




    自分の中での【伊豆】のイメージはここでした。

    ただ訪れた修禅寺はイメージとちょっと違い、
    鬼怒川温泉のような萎びた温泉街を想像していたものの
    訪れた修禅寺はずっと綺麗な街並みでした。
    景観を堪能しつつ修禅寺の本堂では金剛界大日如来が
    御簾越にシルエットが浮かび上がっておりました。
    実慶作の優美な大日なんだろうな、、と次回は
    秘仏開帳の際に訪問したいと自分メモ。


    指月殿


    修禅寺から歩いて程なくして住宅街の中を歩いていくと

    伊豆最古の木造建築、指月殿が現れます。

    禅宗式というハスを持った高さ203㎝、スギの寄木造りの

    釈迦如来座像。尼将軍と呼ばれた北条政子が政争の犠牲となった
    頼家の菩提所として建立した建築物です。

    修禅寺という土地柄か、今まで訪れたところと

    大きく異なる処がまわりの観光客の客層がとても若かったこと。
    釈迦如来を見て『おっきい~』と女子大と思しき
    女の子達のリアクションが新鮮でした。




    願成就院




    伊豆慶派の本山

    阿弥陀・不動三尊・毘沙門天いずれも有名な運慶
    どっしりとした量感がありつつも衣紋や筋肉の動き
    繊細に表現されており、まさに別格の仏師であることを
    まざまざと見せつけられた。



    寡黙ながら仏像に対しての知識がある住職に

    誘われ旧本堂を特別に案内していただく。
    本堂の中で本尊の解体修理結果と考察を
    お話いただいた時に張り詰めた空気感
    じっくり一言一言をぐっと噛みしめて
    言葉を飲み込むように耳を傾けました。

    ただ住職、、女性にちょっと弱いw

    ここではポストカードが売っていたので
    旧本堂の阿弥陀如来坐像と毘沙門をGET




    北條寺





    願成就院のすぐ近くにあります。

    本堂では椅子を並べ
    もともと先生をしていた住職が教壇に立って
    正面の阿弥陀坐像や唐風の観音菩薩坐像を説明する様は
    まさに我々は生徒となっていた。
    寝たらチョークが飛んできそうなちょっと迫力のある住職でした。
    阿弥陀坐像は引き締まった表情で、慶派仏師の作と思わせる造り。





    桑原薬師堂




    桑原薬師堂は毎週土曜日、日曜日に公開されます。

    長源寺境内の高台にあり、
    本堂の隅にはオルガンがおかれていたりします。

    阿弥陀三尊像はこちらも修禅寺と同じく実慶

    三尊すべてに像内銘があるという。
    中尊の阿弥陀如来像は像高約90センチの坐像。来迎印。

    聖観音、地蔵菩薩像が残念ながらもう間もなく

    修理から帰ってくるということで管理の方がとても
    嬉しそうに話をしていたのが印象的でした。
    この日は暖かかったのですが本堂はちょっと寒く
    出していただいたお茶がとても嬉しかったです。


    瑞林寺




    桑原薬師堂をあとにして富士の瑞林寺までは約1時間

    途中ほとんど寝てしまいました。。ゴメンなさい。。

    黄檗宗のお寺の離れのお堂に康慶作の地蔵菩薩座像があります。

    池のほとりにありとても大事にされている感じを受けます。

    康慶はあの運慶の父親でありまさに慶派の元祖と言える仏師。

    ただ100%純正な康慶の作はありませんでした。
    もともとは ●慶ということで判別が不明だったが
    赤外線撮影技術の発展により康慶の作であることが判明したそう。

    康慶の作の確実なものとしては唯一現存するものとして

    確認されることができました。

    この世に康慶の足跡が生まれた技術革新がもたらしたストーリーは

    感慨深いものがあります。

    像としてはやはり慶派と言うべき

    キリッとした清潭な顔立ちで、
    若々しい坊主の姿がそこにあります。
    隠れた名所でしょう。





    二日目の“伊豆の慶派”とも言うべき観仏となりましたが

    想像以上に仏像の量・質ともに満足。
    土地柄、鎌倉に近いということでこれだけ優れた仏像が
    生まれたことが想像されますが
    関東と関西の中継地点としての重要性も感じ
    東海道五十三次のような古き日本に思いを馳せ
    東京行きの新幹線に乗り込みました。




    帰りの新幹線では、

    今回の旅で仏友となったボンちゃんとともに
    ビール缶で乾杯★



    自分の名前にも使われている【慶】が

    なんだかより一層身近に感じる旅でした。



    コメント

    □  from 不空

    お疲れ様でした
    写真頂きました(笑)

    2010-03-20(Sat) 21:24 | URL | #- [ 編集 ]


    □  from 不空

    お疲れ様でした
    写真 何枚か頂きました(笑) 南禅寺の梵天帝釈天ありませんか?

    2010-03-20(Sat) 21:35 | URL | #- [ 編集 ]


    □  from yoshiki

    不空さん++
    ゴメンナサイ。
    ありませんでした。

    2010-03-20(Sat) 22:06 | URL | #- [ 編集 ]



    管理者にだけ表示を許可する

    Top

    http://andon21.blog85.fc2.com/tb.php/460-34e4c725
    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。