然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20100816]

    会社は就業とともに飛び出して、
    部長ニャンピョウさん、副部長花里さんを筆頭としてワンさん、nihhiなる
    仏像部な方々とともに一路滋賀県へ。



    途中運転を交代し琵琶湖のほとりで仮眠。
    眠い目を擦りつつマックで脂っ濃い朝マックで体を叩き上げ、
    睡眠不足の絶不調の中、観佛三昧の旅へ出かけた。
     
     
    今回の舞台は滋賀県湖北、
    仏像文化が隆盛した名残が今も残る地域。
     
    自分自身、湖北の訪問は2回目。前回は約5年前。
    大学時代に見仏記を片手に青春18きっぷの旅の一環として、
    この湖北の地を訪れていた。季節は真冬。幸いにも天気は晴れ、
    駅前の自転車屋にアポ無しで入って“レンタサイクルさせていただけませんか?!”と
    レンタルサイクル屋に対して強引にレンタル話をもちかけ見事成功し
    仏像をまわった思い出の土地。その時は渡岸寺、石道寺、
    己高閣・世代閣、医王寺をまわりました。特に医王寺の周辺では
    “熊出没注意の看板”にリアルに恐怖を覚えた思い出がありました。


    西浅井町[善隆寺]真宗仏光寺派。夢で観音様のお告げを受けて和倉堂に
    移したという十一面観音。桧の一木、端正なお顔。美仏です。





    隣には丈六阿弥陀の仏頭、桂材の重文指定の佛です。
    文化庁としては体があったんじゃないかという推測があるようですが、
    お寺の方曰く、もともと頭のみで作られたのではないか、という話です



    滋賀県長浜市西浅井町山門964
    0749-89-0604



    西浅井町[普門山・徳円寺]曹洞宗。




    三面三目八臂馬頭。



    物の本によれば、琵琶湖⇒日本海つまり若狭の馬頭信仰の
    流れを組んでいる可能性があるそう。ってことは
    馬居寺、中山寺、松尾寺などの親戚さんですね。
    足がアラレちゃんが走ってきて止まるようにつま先全体が
    きゅっと上にあがって急ブレーキをかけているような様が滑稽でした。





    滋賀県長浜市西浅井町庄1083
    0749-89-0209


    [上丹生薬師堂]




    隣接する八幡神社の神宮寺と伝える。
    薬師堂とは言うものの蔵のような構造をしており、
    この地域で特有のお祭り『茶碗祭り』の道具が
    閉まってあったり、梁の上にはその山車を
    乗っけていたりしたそうです。

    茶碗祭りは去年約6年ぶりに開催され、
    高く積まれた茶碗のうえで人形達が舞う奇祭として注目があがっているようです。



    しかしながら開催のための費用を賄うのが大変だそうで、
    数年に1回というペースで開催しているそう。
    本尊は秘仏の平安時代後期の薬師。赤い体で桧造。
    慧心僧都の作と伝えられているそうです。



    秘仏だったので御前立を拝観、パーマ中の薬師。
    管理人のおばあさまから丸山さんの来訪についてもお聞きしました。
    本を出版した際に本を送ってくれたそうです。







    お孫さんに対して『ちょろちょろ動くな』という掛け合いが微笑ましかった。
    お孫さんは恥ずかしがり屋な感じだったけど、
    最後には我々一行の車が去るまで手を振って見送ってくれた。




    滋賀県伊香郡余呉町上丹生2247
    077-528-4670

    [瑠璃光山 珀清寺]真宗大谷派。





    薬師は北にまっすぐの日吉神社の境内に収蔵庫の中に祀られてます。

    本尊・阿弥陀如来、薬師如来は平安後期の作。









    丈六の阿弥陀で量感たっぷりの、この地域にしては珍しい?
    巨像でした。軽トラックで収蔵庫を開けてくださった
    管理人さんのお話曰く、来る人、来る人みな
    高齢なので若者の集団にびっくりしておられました。


    蚊にたくさん刺されてしまった。。

    滋賀県長浜市瓜生町241
    TEL:0749-74-2740


    昼食は湖北町にある麺屋ジョニー



    極太麺が特徴のつけめん屋は
    近年増えていますが、こちらのつけ汁は背脂たっぷりの超濃厚つけ麺でした。
    濃厚TYPEが好きなワレとしては、相当好みのつけ麺であっという間に完食★
    それを裏付けるかのように後ろには滋賀というのに次から次へと人が行列を成していた。



    滋賀県長浜市湖北町八日市841
    0749-78-1715




    コメント

    □  from noyesido

    流石です。
    よく全部連絡しましたね。
    佛に対する愛着を感じます。

    最後のつけ麺、美味しそう!!

    2010-08-17(Tue) 01:40 | URL | #- [ 編集 ]


    □  from 尚

    木之本の観音まつりがあったときはほとんどコースに入ってたのにね
    早く木之本観音まつりの復活を願います。

    茶碗まつりミュージアムは開いてなかったですか?(笑)
    茶碗神輿がすごい高さで バランス崩れてコケようもの
    なら木っ端微塵になるだけじゃなく死人出そうだな~
    と思った記憶あります

    珀清寺 案内はH瀬さん??
    去年行ったけど若い方に
    カウントされてないな クソ~(笑)

    2010-08-17(Tue) 10:15 | URL | #- [ 編集 ]


    □ 尚 さん from yoshiki

    "“茶碗まつりミュージアム”チェックしてませんでした。。茶碗神輿、丸山さんの本でなんとなくのイメージはできているのですが、webでみてもほとんど見当たらず、是非ナマでみたいと思っていたんですよ。残念。

    泊清寺は管理人さんのお名前は聞けませんでしたが30代~40代前半の男性の方でした。尚さんは見た目若いのに、残念でしたね。"

    2010-08-18(Wed) 10:47 | URL | #- [ 編集 ]


    □ noyesido さん from yoshiki

    連絡は自分の中で仕組み化しているので、さほど苦労はしませんでした★つけ麺、ここ東京来たら相当ウケると思いましたね。湖東十一面観音巡りと同様に湖東につけ麺地帯が生まれたら、面白いなーなんて思いました★

    2010-08-18(Wed) 10:47 | URL | #- [ 編集 ]


    □ 2012年8/4(土)山門水源の森 現地交流会のご案内 from 滋賀県森林政策課

    琵琶湖の固有種ビワマスを育む「山門水源の森」を訪れます。8月上旬の湿原は、サギソウが咲き始める頃です。みなさんのご参加をお待ちしています。

    http://www.pref.shiga.jp/d/rimmu/moridukurinet/event/h24/yakamado_240804.pdf

    2012-07-22(Sun) 11:47 | URL | #pQfpZpjU [ 編集 ]



    管理者にだけ表示を許可する

    Top

    http://andon21.blog85.fc2.com/tb.php/527-2c192d60
    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。