然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20110503]

    九州の訪問は一昨年
    鹿児島に訪問した以来だった



    鹿児島では焼酎、指宿の温泉、
    霧島の雄大な自然などに圧倒された



    九州は“原性の文化と海外との交流”
    こんな言葉が自分のざっくりとした
    九州のイメージである


    自分の人生、二度目の熊本県



    前回は青春18きっぷを利用して
    東京からまる二日かけて訪問した



    しかし今回は飛行機を利用して1時間30分で
    熊本空港に到着したというのだから
    飛行機って本当に便利な乗り物だなぁと
    いつもに増して余計に感じていた


    熊本空港に降り立ち
    空は快晴



    車を飛ばして天草



    途中、黒亭というラーメン店を
    訪問し熊本ラーメンを初めて食べた 



    熊本ラーメンの特徴は九州に多い
    豚骨だけではなく鶏ガラもブレンドされている点
    それゆえ博多ラーメンなどと比較すると
    スープ自体はまろやかに感じていた


    しかし熊本ラーメンのもうひとつの特徴である
    揚げニンニクはラーメンから漂う湯気の中に
    ツンとするスパイスを加えており
    まろやかだけでは物足りない
    自分の食欲を掻き立て、そして満たしてくれた



    上島(かみしま)下島(しもしま)という
    2つの島には現在、大きな橋がかかっており
    日本本土とは陸続きではないものの
    不自由なく天草には訪問することができる



    しかしながら熊本市内から
    3時間もかかってしまったのだから
    時間的な感覚からすると本土とは文化的にも
    異なるという可能性は高いだろう


    その特異な文化のひとつとして
    天草地方にはかつて“隠れキリシタン”が
    身を隠し、密かにキリスト教を信仰していた
    文化が残っている




    自分は鉄川与助(1897~1976年)氏によって建築された
    二つの教会を訪問した






    大江天主堂は小高い丘のうえにあり
    ロマネスク様式を用いた天主堂であり
    フランス人のガルニエ神父が自分の財産を投げ打って
    完成に至った天主堂である




    このガルニエ神父のもとには
    旅行記「五足の靴」の主人公達が訪問している



    その主人公達というのは与謝野鉄幹北原白秋といった
    名立たる文豪たちである




    ガルニエ神父との出会いが彼らの
    のちの執筆活動に何かしらの影響を与えたということは
    間違いないだろう




    白壁の天主堂は
    太陽に照らされ、眩しいくらいに輝いていたのだった




    大江天主堂から車で約10分ほど走ったところにある
    崎津天主堂に向かった



    小さな港町に立つ天主堂で
    自分が訪問したときは漁師たちが
    海を眺め、休憩をとっていたところであった


    漁村とキリスト教という日本と西洋の
    コントラストが残る景色がそこにあった


    市場の前に車を停めて
    崎津天主堂を目指した


    市場の前には鳥居が掲げられており
    そこを覗くと大漁を祈願したと思われる
    鯛をかかえた恵比寿像が祀られていた




    漁村の中の小道をあるくと
    小道の突き当たりに崎津天主堂が見えた




    自分の前を歩く女性二人は
    どうやらこの漁村の住民であり
    二人の背中を追いかけて天主堂の中に入った



    漁村と教会というコントラストにも驚いたのだが
    教会の中にも畳と教会という異国の二つの
    文化がひとつの堂内で重なりあっていた



    前を歩いていた二人の女性は教会の中の手入れをしており
    天主堂の中には当番表らしきものもあった



    当番表にはたくさんの人の名前
    おそらくこの天主堂を管理している地元の
    人々の名前なのだろう


    町のシンボルとしてまた町を護る
    守り人としてこの教会が存在していた





    鉄川与助という人は仏教徒だったそうだ



    自分はその事実を知り
    宗教の枠を超えて鉄川与助そして地元の人々が
    この教会を残してくれていることに感謝した






    コメント


    管理者にだけ表示を許可する

    Top

    http://andon21.blog85.fc2.com/tb.php/633-564cda69
    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。