然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20110603]

    滋賀県の湖南エリアにある日野町は
    2010年10月17日~2010年11月23日にかけて
    本尊千手観音立像が開帳されていた
    正明寺の訪問以来であった

    今回は日野町の天台宗寺院【金剛定寺】を訪れた

    山門前の小さな駐車場に車を停めて
    古びた石段を数段あがる

    広がる光景はとても洗練されていて
    禅寺のような趣きも感じることができる



    野條叡信住職に案内されて訪れた
    奥の本堂大悲閣には数々の寺宝が収められていた


    見上げる高さにある厨子には
    本尊の十一面観音像、坐像



    室町期のカヤ材の作で
    丸山氏が最も愛でた像であったとのこと
    保存状態がよくかつての木目の素地を暗がりの中にも
    見ることができた


    淡くゆらめく蝋の火にあぶり出され
    世の中を憂いているように感じた



    厨子に向かって左側には
    二体の珍しい像

    左側に元三大師像
    前には角大師が置かれていた
    角大師像は愛らしくキャラクター性があり
    こんなことを言っては失礼だと思うが
    仏像というよりも人形のようであった



    右側にある阿弥陀坐像は
    装飾品を見にまとい阿弥陀如来ながら
    菩薩像のようである



    漆だろうか白色灯に照らされた
    阿弥陀如来の肌は青銅色のように見え
    それが洗練性を際立たせていた


    本尊の向かって
    右側には平安古像が二体鎮座している


    一体は不動明王及二童子立像。
    平安前期まで遡るであろうか、
    一木感漲る像であり、
    訪問前に写真を見てきたが
    立体で見る不動明王は
    巨木らしい威風堂々とした像であることが確認できた




    二童子立像は童子として名は付けられているものの
    プロポーションが良く幼い、というよりも若々しいという
    形容詞が近しいように感じた



    これは茨城県つくばみらい市にある
    “板橋不動”の名で親しまれる清安山不動院の
    秘仏不動明王の二童子に近しい表現である



    また眼を繰り出す表現は
    新潟県三島郡三島町にある寛益寺十二神将像の
    表現にも同一のものが感じられ
    ユーモラスな
    童子像を演出していた


    左側の聖観音立像は
    金剛定寺の数ある寺宝のなかでも
    一際、平安古様を残す像であった



    翻波式衣文はテンポよく流れ
    平安前期の作であることが推定できる


    微かな笑みを浮かべる独特な面持ちは
    簡素な表現ながら呪術的な
    ミステリアスさを残している

    見ているうちにどんどん引き込まれる
    魅力を本尊は持っている



    野條住職は音大出身で声明を勉強すべく天台宗の僧になり
    比叡山で修行、縁あって金剛定寺の住職に着任することになったそうだ
    住職はご自身が作曲した音楽は
    ローマ法皇の前で演奏されたこともあるのだという

    着任当時の荒れに荒れた金剛定寺を独り身で
    今日の禅寺とさえ感じるところにまで持ってきた苦労話をしていただいた

    ご本人は飄々と語るが
    その苦労たるや想像を超絶するものである


    庫裏にはグランドピアノが置かれ
    時にそのピアノで作曲活動をされているのだそうだ
    『わしゃあと10年以内にはいなくなるから・・・』なんて
    弱気なことを仰られていたが、

    金剛定寺の諸像とともに
    綺麗な音色をいつまでも
    この地に響かせてもらいたい



    滋賀県観光情報より>
    近江鉄道日野駅の西約2.2kmにある天台宗寺院。
    日野町内でもっとも古く、文化財が多い寺です。

    聖徳太子が建立し、奈良時代にはすでに相当の勢力を持つ寺だったといいます。 
    境内は、本堂である大悲閣と茅葺きの庫裏、
    1つの鐘楼を残す小ぢんまりとしたものですが、
    約400年前までは、現在地を中心にして東谷西谷のすべての地内に
    ぎっしりと堂塔伽藍(どうとうがらん)や僧坊が立ち並び、
    多くの学僧たちが、修行や勉学にいそしむ大法城を形成していたといいます。

    本堂大悲閣(たいひかく)の中には、国の重要文化財に指定されている
    平安時代の木造聖観音立像・木造不動明王及二童子立像をはじめ、
    各時代にわたる文化的価値の高い仏像が安置されています。

    〈重文〉木造聖観音立像 木造不動明王及二童子立像 奈良時代、
    聖徳太子開基の天台宗寺院。「月も日も入りぬるにじの中山や願ふ仏のみくになるらん」






    コメント


    管理者にだけ表示を許可する

    Top

    http://andon21.blog85.fc2.com/tb.php/647-2f88f401
    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。