然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20110604]

    軍艦島は大学時代に
    ayuから話を聞いて知った島と
    記憶している

    写真でしか伺うことはなかったが
    その衝撃たるや
    廃墟の最高峰とも言うべき島である


    佐賀県より高速道路を
    長崎自動車道を南下し
    山々を縫うように沿って
    最後のながさき出島道路のトンネルを
    くぐると突然長崎の市街地に出た



    川端康成の「雪国」の一節
    “トンネルを抜けるとそこは雪国だった”という
    有名句があるが、まさしく突然街が現れる


    山から街に変わるコントラスト
    トンネルを抜けすぐ近くの
    長崎県立美術館の脇に車を
    止めたところでとても残念なニュースが
    飛び込んできた


    その日予約していた軍艦島のツアーが
    天候が悪いため出航中止となった




    途方に暮れてトボトボと海岸線を歩く


    目の前がフェリー乗り場だったため、
    休憩することが目的として行ってみると、
    なんと軍艦島への出航はキャンセルにはなってなかった



    正式には軍艦島へのアプローチには
    上陸コース”と“周遊コース”と2つあり
    キャンセルは“上陸コース”だった


    すぐさま周遊コースを申込
    15分ほどフェリー乗り場で時間が来るのをまって
    軍艦島行きのフェリーに乗り込んだ



    軍艦島への道すがら
    長崎港に並ぶ造船ドックの中を
    覗くことができた



    巨大なメカ空間が好きな自分は
    この光景だけでも通常だったら満足していたハズだ



    乗船所のドッグに興奮しながら
    沖に出ると波がだんだんと高くなり
    軍艦島がうっすら見えるころには
    オエオエ~と完璧
    船酔いになってしまった




    そんな鬱蒼とした視界の中に現れた姿は
    まさに“軍艦”





    当時日本世界一の人口密度を誇ったと言われる
    その島には学校、病院、郵便局、果ては映画館まで
    ありとあらゆる施設が取り揃っていたとされているが
    目の前の光景はそれを物語るにふさわしい要塞だった


    島をグルりを廻って
    ぽつぽつとまわりにいた人が消えてゆく



    軍艦島周辺の海域はとても波が高く
    その船酔いに耐えかねた人が退散していった



    自分も今にも吐きそうな気分を

    待ちに待ったその光景を見逃すまいと
    目をかっぴらいていた



    心に大きな心柱を立てて
    なんとか船上から振り落とされないように耐えていた


    すると、軍艦島の頂上に鳥居や拝殿らしきものも見えた



    船内アナウンスによると端島神社だそうだ
    ボロボロの朽仏ならぬ朽社



    またアナウンスでは寺もあったようで
    軍艦島には神仏習合があったそうだ



    日本 とくに戦後復興の縮図が軍艦島には
    閉じ込められていたように感じた



    長崎港にフェリーが到着しても
    軍艦島の余韻は吐き気で自分の頭に残り続けた





    wikipedia 端島 (長崎県)より

    端島(はしま)とは、長崎県長崎市(旧高島町)にある島である。
    かつては海底炭鉱によって栄え東京以上の人口密度を有していたが、
    閉山とともに島民が島を離れ、現在は無人島である。
    軍艦島(ぐんかんじま)の通称で知られている。

    長崎港から南西の海上約17.5キロメートルの位置にある。
    端島は本来は、現在の3分の1ほどの面積しかない小さな瀬であった
    その小さな瀬と周囲の岩礁・砂州を、1897年(明治30年)から1931年(昭和6年)にわたる
    6回の埋め立て工事によって拡張したものが、現在の端島である


    端島での石炭の発見は一般に1810年(文化7年)のこととされる(発見者は不明)

    1890年(明治23年)、端島炭鉱の所有者であった
    鍋島孫太郎(鍋島孫六郎、旧鍋島藩深堀領主)が三菱社へ10万円で譲渡[19]。
    端島はその後100年以上にわたり三菱の私有地となる。

    端島炭鉱は良質な強粘炭が採れ、隣接する高島炭鉱とともに、
    日本の近代化を支えてきた炭鉱の一つであった。

    石炭出炭量が最盛期を迎えた1941年(昭和16年)には約41万トンを出炭[23]。
    人口が最盛期を迎えた1960年(昭和35年)には5,267人の人口がおり、
    人口密度は83,600 人/km2と世界一を誇り東京特別区の9倍以上に達した[24]。
    炭鉱施設・住宅のほか、小中学校・店舗(常設の店舗のほか、
    島外からの行商人も多く訪れていた)・病院(外科や分娩設備もあった)
    ・寺院「泉福寺」(禅寺だがすべての宗派を扱っていた)・
    映画館「昭和館」・理髪店・美容院・パチンコ屋・雀荘・社交場(スナック)「白水苑」などがあり、
    島内においてほぼ完結した都市機能を有していた。ただし火葬場と墓地、
    十分な広さと設備のある公園は島内になく、これらは端島と高島の間にある
    中ノ島に(端島の住民のためのものが)建設された。


    1960年以降は、主要エネルギーの石炭から石油への移行(エネルギー革命)により衰退。
    1965年(昭和40年)に三ツ瀬区域の新坑が開発され一時期は持ち直したが、
    1970年代以降のエネルギー政策の影響を受けて1974年(昭和49年)1月15日に閉山した。


    コメント

    □  from 猫田にゃん

    行ってこられたのですね!
    私も一度は行きたいなと思ってるんですよ。。
    それにしても船酔いお疲れ様でした…ウプ(´Д`;)

    2011-06-04(Sat) 11:52 | URL | #- [ 編集 ]


    □ Re: タイトルなし from yoshiki

    にゃんさん++

    お返事遅くなってゴメンなさい!
    軍艦島はやはり行きたいですよね

    自分もこんどこそは上陸を果たしたいって思ってます!
    もし行かれるなら酔い止めを事前にご用意されることをおすすめします

    2011-06-09(Thu) 15:37 | URL | #- [ 編集 ]



    管理者にだけ表示を許可する

    Top

    http://andon21.blog85.fc2.com/tb.php/648-242100ea
    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。