然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20110608]

    名古屋から約150kmの道のりを一気に北上
    伊北インターチェンジを降りて山間に向かって進んでいくと
    桑沢山の麓にある薬王寺が現れた



    もともとは桑沢山の中腹に600年代に創建された寺院であるが
    源義朝の再興の後1676年に麓のこの地に移ってきている

    予定よりも30分近く早く到着したため
    お寺の方を急がせてしまったのだが
    沐浴をし時間を埋めた

    青々しい樹木に囲まれて呼吸をするだけで
    温泉のように頭の先から
    力が抜けていくことが分かる

    しばらくすると県教育委員会の方も2名いらっしゃって
    寺の方の案内で明治24年に建てられた本堂の中に入って
    薬師如来を拝した



    須弥壇のうえにある薬師如来は本尊の御前立
    平安時代の作で一時は重要文化財の指定を受けたものの
    更新がうまくいかず現在は県指定となっているそうだ



    しかしそんな指定を感じさせないほどに
    見事な薬師如来像である

    京都・東山の若王子社の国宝薬師如来に
    雰囲気が似ておりやや下膨れの下顎が発達していない面相は
    未熟な幼さを感じさせてくれる



    奈良国立博物館 国宝薬師如来


    本堂を出て土蔵の新築に譲り受けたという
    収蔵庫へ移動し本尊の扉が開かれた



    現れたのは御前立と全く対照的な薬師如来
    これは明らかに別の人物による作である



    直線的な線の彫眼は地方仏師にある表現であり
    硬直した表現も田舎仏師の作のように感じる

    時代としても御前立のほうがやや古く
    本尊のほうが時代としては新しいように感じた

    本尊が御前立よりもあとに造られることはまず有り得ない

    同行者とともにどのような経緯があるのか
    思いを巡らせたのだが

    ・本尊と御前立がいつかのタイミングで入れ替わってしまった
    ・本尊が被災しあとから作ったものを本尊として納入した
    ・御前立は付近のお寺からの客仏


    上記のようなことが原因なのではないかと考えた

    対照的な二体の像がどのような経緯で
    この地に残っているのか、思いは尽きない


    コメント


    管理者にだけ表示を許可する

    Top

    http://andon21.blog85.fc2.com/tb.php/650-fca27b77
    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。