然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20110616]

    名古屋から一般道を使って北上
    稲沢市へ入った

    稲沢という地名は自分と同姓ながら
    まったく関連はしていない

    (※稲沢市は1875年(明治8年)稲葉村と小沢村が合併して稲沢村となった)

    しかし小学生のころから
    地理の授業の際、地図帳に“稲沢”という地名を見つけて以来
    親近感を覚えていつかは訪問できたらいいなぁと想っていた場所である

    今回縁あって、稲沢市を訪問する機会があり
    稲沢市の寺院をいくつか訪ねた


    萬徳寺



    稲沢駅の北側にある寺院で周辺は住宅街ながら
    突然広大な敷地を保有する本寺が現れる

    人一倍怖がりな犬に吠えられつつ
    奈良国立博物館からの調査の時くらいしか
    開けないという多宝塔を特別に御開帳していただき
    中の国の重要文化財指定されている
    大日如来像を拝した



    塔の内部は老朽化が進んでいるということで
    外からしか見ることができなかったが
    張り良く引き締まった面相と
    大きく見開いた眼力が印象的であった


    尾張三十三観音巡礼より
    -------------------------------------------------------
    萬徳寺は、由諸書や縁起によると、神護景雲(768)に、
    称徳天皇の勅願によって慈眼上人が創建し、
    草堂に阿弥陀三尊を安置したという。 

    常円上人は建長6年(1254)に本堂、
    鎮守堂等を建立した。像高101.5cm、

    桧材、寄木造、多宝塔に安置され、
    ほぼ等身の堂々たる金剛界大日像で、
    鎌倉後期を代表する仏像である。
    高髻は、髻と地髪に細かくしかも切れ味のよい
    髪筋を刻むのも鎌倉時代の好みのひとつである。
    -------------------------------------------------------

    次に奥田安楽寺を訪問した


    稲沢市内には“奥田”と“船橋”という
    2つの安楽寺が存在する

    新幹線高架下の信号がない交差点に苦慮しながら
    今回はまず最初に、奥田安楽寺を訪問した

    境内にはすでにご近所の檀家の方とおぼしき方々が
    初夏の日差しの中、一生懸命に掃除をされてらっしゃった

    こちらの大きな収蔵庫の諸仏も
    正月三が日くらいしか御開帳がないのだというが
    今回は特別に開帳していただけることになった



    桧材の寄木造で定印を結ぶ坐像で、
    修理により綺羅びやかさを誇っているが
    制作は藤原から鎌倉初期のものと思われている


    脇侍の引き締まった造形が印象的であった

    境内に役行者像が
    木々の中にひっそりと佇んでいた



    平地の稲沢市に山岳信仰の象徴となる
    役行者像があるというのは一種の憧れがあった
    からではないだろうかと想像をした


    無量光院


    奥田安楽寺からわずか1kmという至近距離にある
    真言宗豊山派の寺院



    仏師寛慶による三尊であり
    造立の時は建仁2年と判明する
    安楽寺に比べて若干彫りが深く
    エッジが利いている





    収蔵庫の造り、中の諸像の造形が
    あまりにも奥田安楽寺と酷似しており
    双子の像のように
    この地に鎮座しているようにも思えた





    目が少し血走っているようにもみえ
    きょうは寝不足でしょうか。






    ・・・旅は続くのですが今回は一旦ここまで 
       つづきはまたそのうち、書きたくなったら


    wikipedia 稲沢市
    -------------------------------------------------------
    稲沢市(いなざわし)は愛知県の北西部、濃尾平野中央部にある市。
    植木・苗木の産地として全国的に知られる。

    また、旧祖父江町は、全国一の銀杏の産地である。
    かつては旧国鉄の操車場があることでも知られた。
    名古屋市へのアクセスが良くベッドタウンとして
    近年発展がめざましく交通の便のよさから
    ソニーや豊田合成などの工場などが多い。
    尾張大国霊神社(国府宮)や矢合観音、善光寺東海別院は、
    尾張地方の人々から広く崇拝を集めている。

    歴史 [編集]

    大化の改新(645年)の後、尾張国の国府が置かれた。
    奈良時代には、聖武天皇の命により、国分寺・国分尼寺が建立される。
    尾張大国霊神社が尾張国の総社と定められる。
    江戸時代は、稲葉村と小沢村の2村で脇街道美濃路の稲葉宿を構成していた。

    1875年(明治8年) 稲葉村と小沢村が合併して稲沢村となり、
             明治の大合併で町制が施行され稲沢町となった。
    1906年(明治36年) 5月10日 中島郡稲沢町・一治村・国府宮村・山形村・
             下津村・中島村の一部・稲保村の一部・大江村の一部が合併し新たに稲沢町が成立。
    1947年(昭和22年) 4月5日 戦後初の第一回の府県知事・市区町村選挙においては、
              山田文七が稲沢町の初代町長として就任した。
    1955年(昭和30年) 4月15日 中島郡稲沢町・大里村、千代田村、
              明治村が合併し再び新たな稲沢町が成立。
    1958年(昭和33年) 11月1日 県内で22番目の都市として市制を施行し稲沢市となった。
    2005年(平成17年) 4月1日 中島郡平和町・祖父江町を編入。
    2008年(平成20年) 11月に、市政50周年にあたり、マスコットキャラクターを『いなッピー』に決定。
    -------------------------------------------------------


    コメント

    □  from らび

    今回も素敵な地佛達でしたね♪

    私も今日は佛と一緒で目が少し血走っているよ・・・

    2011-06-16(Thu) 17:53 | URL | #- [ 編集 ]


    □ らびさん from yoshiki

    おつかれさまでした。
    らびさんはラビットですから~w

    お酒もほどほどに
    またよろしくお願い致します★

    2011-06-21(Tue) 13:39 | URL | #- [ 編集 ]



    管理者にだけ表示を許可する

    Top

    http://andon21.blog85.fc2.com/tb.php/654-ede604f4
    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。