然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20120221]

    山梨県の満願寺に祀られている平安中期に下る
    十一面観音像を拝観し(参照)
    我々は石和温泉駅から東北にある“立川不動”を目的地として
    タクシーに乗った

    中央本線の踏切を越え
    笛吹市春日居町に入ったところで『このあたりで』と
    タクシーを停めた。

    停めたところにちょうど男性3人組がいて
    『立川不動はどこですか?!』と場所を聞こうとすると
    まさにその方々が我々を待っていた立川不動
    管理者の方々だったのだ



    管理人さん達の案内のもと
    立川不動へと向かうと
    中央本線を線路沿いに石和温泉駅へと南下したところに
    吹きさらしのお堂があった



    3人の管理者の方々が『ここは昔、茅葺き屋根だったんだよなぁ』
    と昔を懐かしむように話をしている声が聞こえてきた

    木造の格子を開けていただき、近くで
    立川不動こと木造不動明王坐像を拝した



    左手に羂索を右手に剣、
    雨風に晒されたためであろう、痛みが激しいのであるが
    地方仏師による伸びやかな表情が感じることができた



    またなんと言っても255cmの丈六の不動明王という
    迫力のある体躯が吹きさらしの木造のお堂にあるという環境が
    とても印象的であった

    資料によると一木造によるものであるが
    地元の人々が
    『昔はこのお不動さんの中に入って遊んだりしたなぁ』という
    ことからも、内ぐりがあるのだろう






    このような声は地方ならではのエピソードで
    こういう人間と仏像が共存している風景を求めて
    自分は旅をしてしまう


    夕方の時間にも関わらず我々が不動明王像を前に
    あれこれ話をしていると次々と地元の人々が
    我々の訪問が珍しいのか覗きに集まってきた


    この不動明王が見つめるお堂の外の景色、
    その目線の先には雪を被った富士山に夕日が注ぎ
    美しく輝いている姿が広がっていた









    コメント


    管理者にだけ表示を許可する

    Top

    http://andon21.blog85.fc2.com/tb.php/729-316701d6
    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。