然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20120402]

    “蔵の中に宿泊する”
    そんな体験ができるホテルが長野県にあると聞き
    東京から中央道を経由し3時間半かけて訪問した

    場所は長野県の北部、小布施町。

    高井(市村)鴻山が江戸末期に創業を開始した酒蔵は現代風の
    デザインホテル【桝一客殿】として客人をもてなしている。





    全体的に“黒”を基調としており重厚感のある佇まいをしている
    ホテルマンは全て男性、そして皆、法被を着ており酒蔵の
    イメージを崩さない。




    宿帳に記入をし部屋に案内された。
    部屋は前評判通りの酒蔵である。
    部屋番号はなく、この小布施町に4年間滞在をしたという
    葛飾北斎の絵がその部屋を指し示す目印となっている










    部屋は外観の和のテイストとは打って変わって洋風のデザイン。













    桝一客殿の同じ敷地内にある
    蔵部(くらぶ)という施設で夕食を食べる





    メインのみぞれ鍋、釜炊きのご飯、また小布施町は
    山の中だが刺身もうまかった
















    以前は酒蔵で仕込みの湯気が立ち上がっていたが
    現在は料理の湯気が立ち上がっていた。



    蔵部の中には、当時の酒樽そのものが置いてあったが
    ここに何人入るのだろう、と考えてしまうほど巨大なものだった



    夜には栗菓子というこの地方の名産のお茶菓子が
    差し入れられた。ごろっとした栗は食べごたえがあり
    蔵部で満たされた胃袋は更に充実することになった



    朝食はまた桝一客殿とは別棟であるレストラン傘風楼で
    米粉パン、水菜と林檎のジュース、イタリアンオムレツなど
    和のテイストとはまた趣の異なるメニューで楽しんだ

    歴史の昔と今をうまくコミュニケーションしている場所だと
    感じた。日本酒は飲んでばかりなので、
    たまには“呑む”ではなく“過ごす”もいいものですねw





    コメント


    管理者にだけ表示を許可する

    Top

    http://andon21.blog85.fc2.com/tb.php/741-8f2561d8
    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。