然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20120703]

    梅雨に入ったばかりの九州で
    福岡県西部周辺の仏教の発展に大きく寄与したとされる
    清賀上人の足跡を辿るように
    福岡県恰土郡を中心とした仏像を訪ねました。

    ※千如寺 清賀上人像



    本来は福岡県西部の仏像を巡るということを念頭においただけ
    だったのだが、そのルートが結果的に清賀上人と縁のある仏像の
    足跡を辿るルートとなっていた。

    清賀上人はインドからの帰化僧であり恰土郡に
    怡土七ヶ寺」※1を建立したとされています。
    ※1 千如寺、霊鷲寺、金剛寺、小蔵寺、楠田寺、 夷巍寺 、久安寺

    まず清賀上人が福岡の仏教の歩みとなる
    スタート地点ともなったのが
    福岡市城南区にある臨済宗東福寺派の正覚寺

    正覚寺のある山からは博多区内も一望できるくらいの
    市街地に近い場所にある

    清賀上人は正覚寺から恰土郡の天皇勅願寺に対して
    この山で採ることができる椿油を送っていたのだそうだ。
    この話にも登場する椿油が採取されることから
    この山は“油山”と呼ばれるようになります。

    そして正覚寺に鎮座する観音像は“油山観音”と
    名付けられ、このお寺の名前自体も“油山観音”という
    仏像の名前で人々から愛されている

    住職もとても朗らかな人で
    「東京からよくよくおいでくださいました!」と
    我々を温かく迎えていただいた

    住職に連れられ本堂にある“油山観音”こと
    聖観音坐像を拝観する

    像高79cm桧寄木。均整の取れた美しい像で鎌倉時代後半の作であろう。
    かつて720僧坊を誇るほどの大きな寺院であったが争乱に巻き込まれ
    荒廃していってしまったがその後、承天寺住職が再建し以来臨済宗へと改宗したそうだ。
    さらにこの像は数奇な運命を辿る。



    2009年に盗難に遭ってしまい、
    その際に犯人が値を高くしようと仏像を複数箇所に
    手を加えたそうで、背中の衣や鼻が当初のものとは異なっているのだそうです。



    文化庁としては近年内には修復しもとの姿へ戻そうとしていたが
    心の大らかなご住職は観音が戻ってきたこと自体に安堵されており
    そこまで大きな問題であるとは感じられていないような
    雰囲気でありご住職のおおらかさに心がとてもなごんだ。


    福岡市西部にある福岡県糸島市にある
    千如寺 大悲王院は清賀上人開祖「怡土七ヶ寺」の中で
    唯一現存している寺院である。

    本堂には像高464cmという大変大きな千手観音が鎮座していた。
    千手の42臂であるが光背に小脇手845手を持つ大変ユニークな像。
    別名「雷山観音」と呼ばれているそうだ。(昭和31年修理)



    巨像に似つかわしくないとても穏やかな表情をしており
    暗い堂内にありながら来訪者を見つめる眼差しはとても優しい

    千手観音の裏側には二十八部衆、そして千手観音の前には
    薬師如来、不動明王が来訪者の近い場所に祀られているが

    特に薬師如来については平安時代の木彫像であり、後ほど登場する大法寺像のような
    この地域特有の線の細い容貌をしていた



    糸島市の西部にある曹洞宗大法寺は前述した
    千如寺 大悲王院の薬師像と精通する薬師如来像が
    本堂の左側に祀られていた



    薬師154cm楠で像容は平たくボリュームを出していない
    佐賀県相知町医王寺の薬師像と似ていると言われていて
    千如寺 大悲王院の薬師像と併せ、
    松浦沿岸の地域的な関連があるのでないかと言われているそうだ



    左側に祀られているのは本来は同じ境内の薬師堂に祀られていた仏像だから。
    平成2年に本堂が全焼する火災に遭ってしまっており、唯一無事だった仏像だったのがこの像。
    本堂を新築させるタイミングでそれまで厳重な秘仏だったこの像が発見された。

    別名「落馬薬師」の名で親しまれかつてこの像を祀ったところ落馬する武士が
    ぱたっと止んだという言い伝えが残っている。

    そんな仏像であるがお寺を守られる住職家族から話を伺うと
    家畜の餌の納屋として薬師堂が使われており、そのせいで
    発見された時にはかなり傷んだ姿で発見となったのだそうだ。


    スマートな体躯と厳しい眼差しで日本海を見通している。

    この大法寺から国道に出てわずか3kmほどの距離にある
    浮嶽神社」には1年ぶりの再訪となった。
    (過去の訪問はこちらをご覧ください→2011年5月3日の記事)



    ここの収蔵庫には清賀上人怡土七ヶ寺の一つである
    久安寺の仏像が境内の収蔵庫に祀られている


    収蔵庫の仏像たちはみな九州の玄関口である
    日本海に向けて厳しい睨みをきかしている

    特に如来立蔵は厳しい眼光で訪問するものを圧倒する





    現在は腕が欠損しており本来の仏像の姿が明確にできていないのであるが
    あくまで個人的な直感を申させていただくと、
    京都神護寺像、奈良元興寺像、兵庫成相寺などと同じような厳しさから
    薬師如来だったのではないかと想像します


    地蔵菩薩はかつて彩色像で僧形神像の可能性を示唆しているそうだ。
    袖口が八の字になっているのが特徴的であり
    この収蔵庫の平安佛三尊の中でもっとも重量感を感じる




    如来坐像も眼差しや豊満な肉体には鋭さのなかに
    妖艶な魅力を湛えており、気付くとその魅力に
    かぶりつくように惹きこまれてしまっていた。



    今回訪問したのは清賀上人が
    福岡県西部に遺した足跡のほんの一部ではありましたが、
    そこに残る仏像をみて感じることは
    やはりこの地方特有の特徴が明確になった

    仏像に対しては使う言葉ではないかもしれないが
    エッジがとても効いているのです

    それを日本の玄関として戦争の多かったこの地帯だから、、と
    紐付けるのはいささか安直であるかもしれないけれども

    少なくともこの地方の仏像たちが持つ魅力の一つに
    仏像が放つ威圧感、命をかけて仏師が造像したような
    切迫した想いを感じるのである。







    コメント

    □ 韓日友好! from キムゆりあ

    xD62796E
    あなたはK-POP派?J-POP派?
    わたしは可愛ければそれでいいと思う
    http://866491c6.k-j-pop.me/866491c6/

    2012-07-23(Mon) 07:32 | URL | #- [ 編集 ]



    管理者にだけ表示を許可する

    Top

    http://andon21.blog85.fc2.com/tb.php/760-9207aa19
    □ -

    管理人の承認後に表示されます
    2012-07-05(Thu) 08:04 |  
    HOME
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。