然るを訊く
[------]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--------(--) --:-- スポンサー広告
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20121111]

    橘堂を秋空の晴れ渡ったある日に訪問した。

    田園地帯に囲まれた民家が数十軒集まっている
    その中ほどにこのお堂が存在していた。



    予定していた時間よりも早く到着したのだが
    管理人さんが出てきてくださり案内いただいた。

    厨子の扉はすでに開かれておりサンライズ出版
    「近江の祈りと美」に掲載されていた魅力ある観音像が
    そこに立っていた。





    どちらの性別とも判断がつかない柔和な表情。そして
    正面の左右に付けれらた2対の菩薩顔。
    向かって左は慈悲の顔、右は憤怒の表情をしている。










    口元に近づけられた手も特徴的であり
    呪術的な像というよりもまさに魔法そのものを唱えているかのような
    魅力的な造形をしている。





    観音像は渡岸寺国宝十一面観音と対比されるのであるが
    あちらは十一面観音と姿をしているなかの美の超越。
    こちらは超越した美は保有しているものの
    どうしてこの観音像が彫りだされたのか想像もつかない。

    管理の方の話によると由来は全く不明で、
    一説には戦火の中、土に仏像を埋めて
    先祖代々護ってきたと説明された。




    現在は15年に1度開帳をしているそうだ。

    また1年に1度お盆の時に
    お堂を開けて掃除をしている。住民はその時に運がよければ
    姿を拝むことができるというが実際にはこのお堂にこれほどまでに
    異形かつ美しい仏像があるということは知られていないのだそう。

    近江の仏像は観音像が多いと言うけれども
    観音の変幻自在な部分を、まさに
    体現したかのような仏像存在に
    私はただただひれ伏すしかなかった。




    [20121108]

    車一台がようやくすれ違える狭い山道使い
    山を越えて常陸太田市の里山の中にある菊蓮寺を訪問する。

    階段を数段登って右手にある観音堂を覗くと
    3mを超える千手観音が聳え立っていた。




    説明をしてくださった檀家の方の話では現在は約500軒の家で
    この仏像たちをお護りしているのだそうだ。


    仏の手はシンメトリーにまるで華が咲くように
    広がっている。その巨体に似つかわしくないほどに
    表情は微かに笑を浮かべる。美仏だ。

    脇に従える不動明王と毘沙門天もともに
    木目がしっかりと見える平安仏である。

    ふと、お堂の隅にある黒い物体に目が留まる。

    本尊として祀られた千手観音はかつて佐竹氏に攻め入った
    軍勢の手によって火を放たれてしまった。

    そして千手観音は炎によって焼け焦げ
    お堂の隅に黒々とした姿で存在していた。


    その姿は自分の足で立つことはできず、
    観音堂に立てかけられており
    かつての威厳は炎と共に失われてしまっているようだ。

    この焼失した千手観音のお身代わりとして
    造立された現在の千手観音は鎌倉時代の作であることが
    胎内の銘文からはっきりしているが、その年代には
    似つかわしくないほどに平安初期~中期の魅惑的な
    表情をしており、私は心惹かれずにはいられなかった。

    現在は毎月17日に開帳をしているのだそうだが
    その際は網戸越しでの拝観となりはっきりとは見ることが
    できないのだそうだ。

    私の故郷からそう離れていない茨城県で
    山里分け入った田舎にこれほどの美仏が隠れていたことに
    日本の仏教文化がまるで血液のように隅々にまで行き渡っていた
    証明をこの菊蓮寺に見ているかのようであった。












    [20121105]

    件名:仏像ナイトの開催報告

    お久しぶりです。おととい2012年11月3日(土)に仏像ナイトvol4 を
    世田谷にある“せたがやものづくり学校”の一室で開催しました。





    仏像部の一員としてこのイベントを企画・運営し感じたこと
    イベントのバックグラウンドを
    ぼくの視点でこのイベントを振り返させていただければと思います。

    この日仏像部としては会社の出勤時間よりも早い朝9時に池尻大橋駅に集合。
    現在は静岡在住の仏像部部長であるニャンピョウ&ワンさん一家の
    お手伝いもあり、なんとか開催時間ギリギリに準備を
    完了させることができました。
    多忙につきぼくの昼食はチートス(スナック菓子)でした。。




    準備も覚束ないなか
    まず14時に「菩薩顔ワークショップ」が始まります。
    これは参加者自らが菩薩メイクをし仏の顔になり
    仏と同じシンメトリー(左右対称)の顔を写真に収めていく
    “三十三間堂プロジェクト”を主宰している
    美術作家TETTAさんによるワークショップです。



    1年前くらいだとは思いますが
    「このTETTAさんが仏像ナイトとコラボレーションしたら面白いのではないか?」
    と、仏像部で話題にあがり取材で実際にTETTAさんのワークショップに参加しながら
    仏像ナイトへのコラボレーションをTETTAさんに
    お伝えすると、快く引き受けてくださいました。

    体験者は自らが仏の姿に変わった姿を楽しみます。


    そしてワークショップを通じて同じ体験した人同士でも
    交流を持てたことも良い体験ができたのではないかと思います。

    一方で仏像ナイトの来場者も、同じ空間にいる
    菩薩顔をした人々の存在に一種の「お祭り体験」のような
    そんな気持ちになったのではないかと思います。

    このワークショップは人数に限りがあるので事前予約制で8名の応募枠を設けたのですが
    ツイッターで影響力の強い人がこのワークショップに反応したこともあって
    一瞬にして一杯になりました。このときの応募殺到ぶりは
    仏像ナイトを運営する側としては興奮のひと時でした。

    菩薩顔プロジェクトが終わるタイミングの16時に
    仏像ナイトの本プログラムをスタートさせました。

    司会は僕と、大学時代のダンスサークルの先輩であるフィリップさん。

    特に役割を明確に決めたワケではなかったのですが
    フィリップさんが場を盛り上げて、僕が進行に関するアナウンスをする、
    という役割に自然となっていき進行していきました。



    最初は前回のVOL3と同様に「仏像クイズ」を行いました。

    来場者が10チームに別れてスライドに表示される問題を
    スケッチブックに記載して回答を競い合うという内容です。

    チームは入場時に配られるチケットで、なかば強制的に分けられ
    知らない人同士が同じチームにならなければならないという
    強引さがあるのですが、これは仏像ナイト来場者同士の
    親交を深いめてもらいたいという仏像部側の意図があります。

    クイズの出題内容としては前回の仏像ナイト開催の時のクイズで
    「問題が難し過ぎた」というご意見を多くいただいたこともあり
    今回は「問題の難易度は低く、でも公平にする」ということを意識しました。



    仏像クイズで来場者同士がすぐさま仲良くなるというのは
    正直難しかったと思うのですが
    会場自体の一体感は増したのではないかと思います。

    仏像クイズが終わり、寺社仏閣ライターである
    坂原弘康さんによる「地獄講座」

    坂原さんはぼくが仏像部と関わる以前に、某出版社で共作で本を
    出版する時からの知り合いでした。ぼくは仏像部で運営をし、
    坂原さんが出演者として登場するのは俯瞰して考えてみると不思議な
    気がします。

    坂原さん講座の今回のテーマは「地獄」。

    地獄の王、閻魔大王は生きているうちから人間を監視し、良い行い悪い行いを
    すべて記載している。その一方で悪い人がすぐさま地獄に送られるわけではなく
    何回もの再審制度によって地獄行きが決定されるという優しさもあるらしい(笑)

    そういったことを全て体感することができる伊豆極楽園が紹介されていました。

    地獄の大王と地獄の救世主である地蔵菩薩は一心同体であり
    自作自演であると聞いた時には会場一同笑いに包まれていました。

    その次に休憩を挟んで仏像ナイトの目玉企画「仏1グランプリ」。
    6名による推しメンならぬ推し仏のプレゼン大会。


    トップバッターは初参戦のコウチくん。特製のツナギに身を纏って
    プレゼンしてくれました。そしてコウチくんは今までの仏1に無かった
    紙芝居形式でのプレゼン。本人の終了後のコメントにあったように
    いくつもあるスライドがとても重そうでしたw
    (どんどんスライドを捨てていけばいいのに。。って思ってましたw)

    2番手は欠け仏部書記長ハルカさん。女性+白塗り+ピンクのかつらという
    異形な彼女からプレゼンされたのは欠け仏である興福寺銀造仏手。
    その欠け仏とデートするというストーリーを語られる
    ハルカワールドが広がってました。

    会場の人はついていけていない人が多数いるように見えましたが
    ここまで己の世界観を持っている発表は面白かったw

    3番手はタイガースカフェさん。興福寺南円堂の不空羂索観音。
    PowerPointの機能を駆使したプレゼンと綿密な研究に基づいた発表であり
    プレゼンというよりも研究報告や講座のような、お金を出してでも
    聞きたい発表でした。


    4番手が前回チャンピオンであるオータケ改めソゾタケさんによるプレゼン。
    題材は「邪鬼」。安定感のあるプレゼン。しゃべり、発表内容、演出すべてが完成された
    発表に来場者の方からもライバルたちからもすげーという声があがっていました。
    邪鬼の儚さと愛らしさが存分に感じられました。




    5番手コウチくんに続き初参戦となったなむろぐさん。
    仏像部でも訪問した山形の仏像について。、、といっても仏像ではなく
    即身仏が題材に。即身仏は小学校の図書館、◯◯の不思議のような
    小学生向けの本を見ていたときに発見をして驚愕した記憶が蘇ってきました。


    山形愛に満ち溢れたプレゼン。山形といえば蔵王温泉大露天風呂、石山寿司、
    土門拳美術館などなど…早く山形に行きたくなってきましたw

    最後のシメは昨年ケーナの演奏で強烈なインパクトを残した
    名古屋の大学院生コンドウくん。今年は神像ではなく仏像をプレゼン。
    しかしそこはコンドウくんであり
    神仏習合の日吉神社の地蔵菩薩坐像を熱い語りでのプレゼン。
    若さ溢れる力強いプレゼンとなっていました。




    ここまで述べた合計6人によるプレゼン大会をし
    観客が投じる得票数でNo1が決まります。
    投票が一通り終わったところで説法TIMEへ移ります。


    今回仏像ナイトで説法してくださったのは
    千葉県山武市 真言宗智山派 勝覚寺 小杉秀文住職。

    小杉住職との出会いは2年前。
    私が勝覚寺に訪問をし四天王像の素晴らしさに驚嘆。
    そしてその時に、応対してくださった小杉住職の印象がとても強く残っており
    仏像ナイトでぜひ説法していただきたいとオファーしました。


    それまでのPopなコンテンツで楽しい雰囲気に包まれていた会場も
    祭文の読み上げ、祈りを汲み取る仏像の役割などが語られると
    場面場面では水を打ったように静まり返って、
    観客はみんなご住職の語りに「ゴクリ」と唾を飲み込みつつ
    耳を傾けていました。


    小杉住職もどのような説法をすれば、、と悩んでおられましたが
    「祈りと仏像」をテーマに素晴らしい説法の時間となりました。

    来場者の方も、このような語りは実際にお寺に足を運んでも
    聞ける機会はなかなか得られないため、
    今回仏像ナイトでは非日常体験を得ていただけたのでは
    ないかと感じます。

    小杉住職の説法が終わるころ、仏1グランプリの集計も終わり
    集計の結果、今回の仏1グランプリ優勝はソゾタケさんとなりました。
    V2達成!

    優勝商品のイSムシリーズの仏像、そしてトロフィーならぬ
    仏像部店橋特製の仏頭が授与されました。

    最後は店橋より仏像部メンバーの紹介をし、
    恒例のポーズを会場全員で「南無~!!」でシメて
    仏像ナイトVol4が幕を閉じました。



    仏像ナイトが終了し参加者のみなさまからのアンケートを、仏像部一同で拝見させて
    いただいたのですがほとんどが、“楽しかった”“また開催してもらいたい”などの
    声が多くあり、少し安心しました。

    一方で反省点としては、1年以上前から準備したにも関わらず
    最後の2~3ヶ月はバタバタしてしまい、本番直前まで仏像ナイトの
    準備をしてしまったこと。
    そしてその結果、来場者の方々と当日ゆっくりお話する機会が
    僕個人としては産み出すことができなかったことだと思っています。

    しかしながら仏像をキーワードに多くの人との出会いが生まれ、
    仏像部という仲間に出会えたことをきっかけに
    逆に出会う場所を創造できたことを満足に思っています。

    それまでご飯のお供だった明太子がパスタに出会ったことで
    イタリアンレストランでも登場したような・・・?
    仏像の接し方に新たな側面ができたと思います。


    今後については仏像部以外にも、ぼく個人としてもやっていきたいことが
    多くのありすぎて、全く見えない状況ではありますが

    旅をしながら、今後も何らかの形で自分の大好きな仏像を通じて
    いろんな人と知り合っていけたらと考えます。


    仏像部の仲間、来場してくださった皆様、出演者の皆様、応援してくださった皆様、
    今回の件に携わっていただいた全ての方に感謝申し上げます。






    2012-11-05(Mon) 21:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
  • | このエントリーを含むはてなブックマーク
  • | 編集 |
    [20120807]

    再度山は神戸の市内からも車で数十分走れば到着する。
    山の読み方は「ふたたびさん」。その名の由来は
    空海が中国に留学する際、船の無事と学問成就を祈って参詣し。
    唐から戻った際、無事帰国できたことを
    感謝するために再度(ふたたび)登ったことから
    「ふたたびさん」と呼ばれたそうだ。

    その山の中腹に山号はそのままに
    真言宗の大龍寺が山の主のように存在していた。

    駐車場に車を停めて住職を尋ねた。
    多くの参拝者が訪れるようで応接室も
    とても立派だ。ご住職に案内され
    本堂奥にある本尊、菩薩立像を拝観した。


    現れたその姿は私の想像を超える姿であった。





    すらりと伸びる長身は法隆寺百済観音をも
    彷彿とさせるが着衣はとてもシンプル。
    脛には翻波式の衣紋がリズムよく波打ち
    綺麗かつボリュームある髷を頭に結う。






    この仏像は奈良時代にまで下ると思われ
    下膨れの面相、大胆なパーツの配置は日本人的というよりも

    空海がまさに渡った中国の仏像のようだ。



    毎月21日、7月20日に拝観できる

    再度山の魂とも言えるこの仏像の姿は
    自分の脳裏に今も深く刻み込まれている




    [20120703]

    梅雨に入ったばかりの九州で
    福岡県西部周辺の仏教の発展に大きく寄与したとされる
    清賀上人の足跡を辿るように
    福岡県恰土郡を中心とした仏像を訪ねました。

    ※千如寺 清賀上人像



    本来は福岡県西部の仏像を巡るということを念頭においただけ
    だったのだが、そのルートが結果的に清賀上人と縁のある仏像の
    足跡を辿るルートとなっていた。

    清賀上人はインドからの帰化僧であり恰土郡に
    怡土七ヶ寺」※1を建立したとされています。
    ※1 千如寺、霊鷲寺、金剛寺、小蔵寺、楠田寺、 夷巍寺 、久安寺

    まず清賀上人が福岡の仏教の歩みとなる
    スタート地点ともなったのが
    福岡市城南区にある臨済宗東福寺派の正覚寺

    正覚寺のある山からは博多区内も一望できるくらいの
    市街地に近い場所にある

    清賀上人は正覚寺から恰土郡の天皇勅願寺に対して
    この山で採ることができる椿油を送っていたのだそうだ。
    この話にも登場する椿油が採取されることから
    この山は“油山”と呼ばれるようになります。

    そして正覚寺に鎮座する観音像は“油山観音”と
    名付けられ、このお寺の名前自体も“油山観音”という
    仏像の名前で人々から愛されている

    住職もとても朗らかな人で
    「東京からよくよくおいでくださいました!」と
    我々を温かく迎えていただいた

    住職に連れられ本堂にある“油山観音”こと
    聖観音坐像を拝観する

    像高79cm桧寄木。均整の取れた美しい像で鎌倉時代後半の作であろう。
    かつて720僧坊を誇るほどの大きな寺院であったが争乱に巻き込まれ
    荒廃していってしまったがその後、承天寺住職が再建し以来臨済宗へと改宗したそうだ。
    さらにこの像は数奇な運命を辿る。



    2009年に盗難に遭ってしまい、
    その際に犯人が値を高くしようと仏像を複数箇所に
    手を加えたそうで、背中の衣や鼻が当初のものとは異なっているのだそうです。



    文化庁としては近年内には修復しもとの姿へ戻そうとしていたが
    心の大らかなご住職は観音が戻ってきたこと自体に安堵されており
    そこまで大きな問題であるとは感じられていないような
    雰囲気でありご住職のおおらかさに心がとてもなごんだ。


    福岡市西部にある福岡県糸島市にある
    千如寺 大悲王院は清賀上人開祖「怡土七ヶ寺」の中で
    唯一現存している寺院である。

    本堂には像高464cmという大変大きな千手観音が鎮座していた。
    千手の42臂であるが光背に小脇手845手を持つ大変ユニークな像。
    別名「雷山観音」と呼ばれているそうだ。(昭和31年修理)



    巨像に似つかわしくないとても穏やかな表情をしており
    暗い堂内にありながら来訪者を見つめる眼差しはとても優しい

    千手観音の裏側には二十八部衆、そして千手観音の前には
    薬師如来、不動明王が来訪者の近い場所に祀られているが

    特に薬師如来については平安時代の木彫像であり、後ほど登場する大法寺像のような
    この地域特有の線の細い容貌をしていた



    糸島市の西部にある曹洞宗大法寺は前述した
    千如寺 大悲王院の薬師像と精通する薬師如来像が
    本堂の左側に祀られていた



    薬師154cm楠で像容は平たくボリュームを出していない
    佐賀県相知町医王寺の薬師像と似ていると言われていて
    千如寺 大悲王院の薬師像と併せ、
    松浦沿岸の地域的な関連があるのでないかと言われているそうだ



    左側に祀られているのは本来は同じ境内の薬師堂に祀られていた仏像だから。
    平成2年に本堂が全焼する火災に遭ってしまっており、唯一無事だった仏像だったのがこの像。
    本堂を新築させるタイミングでそれまで厳重な秘仏だったこの像が発見された。

    別名「落馬薬師」の名で親しまれかつてこの像を祀ったところ落馬する武士が
    ぱたっと止んだという言い伝えが残っている。

    そんな仏像であるがお寺を守られる住職家族から話を伺うと
    家畜の餌の納屋として薬師堂が使われており、そのせいで
    発見された時にはかなり傷んだ姿で発見となったのだそうだ。


    スマートな体躯と厳しい眼差しで日本海を見通している。

    この大法寺から国道に出てわずか3kmほどの距離にある
    浮嶽神社」には1年ぶりの再訪となった。
    (過去の訪問はこちらをご覧ください→2011年5月3日の記事)



    ここの収蔵庫には清賀上人怡土七ヶ寺の一つである
    久安寺の仏像が境内の収蔵庫に祀られている


    収蔵庫の仏像たちはみな九州の玄関口である
    日本海に向けて厳しい睨みをきかしている

    特に如来立蔵は厳しい眼光で訪問するものを圧倒する





    現在は腕が欠損しており本来の仏像の姿が明確にできていないのであるが
    あくまで個人的な直感を申させていただくと、
    京都神護寺像、奈良元興寺像、兵庫成相寺などと同じような厳しさから
    薬師如来だったのではないかと想像します


    地蔵菩薩はかつて彩色像で僧形神像の可能性を示唆しているそうだ。
    袖口が八の字になっているのが特徴的であり
    この収蔵庫の平安佛三尊の中でもっとも重量感を感じる




    如来坐像も眼差しや豊満な肉体には鋭さのなかに
    妖艶な魅力を湛えており、気付くとその魅力に
    かぶりつくように惹きこまれてしまっていた。



    今回訪問したのは清賀上人が
    福岡県西部に遺した足跡のほんの一部ではありましたが、
    そこに残る仏像をみて感じることは
    やはりこの地方特有の特徴が明確になった

    仏像に対しては使う言葉ではないかもしれないが
    エッジがとても効いているのです

    それを日本の玄関として戦争の多かったこの地帯だから、、と
    紐付けるのはいささか安直であるかもしれないけれども

    少なくともこの地方の仏像たちが持つ魅力の一つに
    仏像が放つ威圧感、命をかけて仏師が造像したような
    切迫した想いを感じるのである。







    BACK HOME NEXT
    copyright © 2005 yoshiki all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,

    [mixi]♥Sexy仏像♥&仏List
    カテゴリー
     
    最近の記事
    最近のコメント
    迦楼馬 (03/27)
    こんばんわ、お疲れ様でした。
    いつの日か関西方面での開催を五劫思惟の想いで待っていますね(笑)

    村石太い&しなもんてぃー (02/16)
    孔雀明王 仏像 愛知県で 検索中です。
    時折 孔雀明王の真言を 寝ているとき 唱えています。
    名古屋に 孔雀明王が ご安置 されている寺社は ないかなぁ
    宗教研

    こばりん (01/13)
    輪島を旅したとき立ち寄りました。素晴らしい仏像でした。

    yoshiki (12/23)
    不空さん

    神像もたせてもらえるんですかw
    安産寺年明け御礼参りをさせてもらう予定です。
    ことし一年お世話になりました。

    不空 (12/17)
    正覚院 → 正覚寺

    不空 (12/17)
    安産寺が一番というのは、今年を表してるね! それにしてもたくさん相変わらず行ってるね!だめだよ、地蔵尊に怒られるよ(笑) 山形のは、開けてくれて良かったですね、巨

    株取引の流れ (11/20)
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

    ブログ内検索
    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。